アラブの春大成功のチュニジア 4泊6日弾丸一人旅のルート・費用・治安などのまとめ

「アラブの春」唯一の成功事例といわれるチュニジアを、年末年始の休暇を利用して旅してきました。

民主化は、なにをもって成功と定義するのかは、難しいところですが、政情や経済が安定し、国民が幸せに生活できていれば、成功でしょう。

わずか、6日間の旅で、そんなことを言うのはおこがましいですが、街を行く人々の表情は明るく、観光客も多数見られました。

日本人旅行者も、シディ・ブ・サイドやバルドー博物館で見かけたので、これからますます潤っていくのではないでしょうか。

そんなチュニジア一人旅をまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

年末年始 チュニジア4泊6日弾丸旅行 全行程

日付

午前

午後
12/30(月)

(出発まで)

チュニジアへの旅準備

成田23:00 ⇒ イスタンブール

ターキッシュエアラインズでイスタンブール新空港へ

12/31(火)

イスタンブール観光

イスタンブール・トランジットの観光開始

夜明けのブルーモスク

ガラタ塔から見下ろすイスタンブール

イスタンブール ⇒ チュニス

イスタンブール新空港のラウンジ

チュニス・カルタゴ空港に到着

夕暮れのシディ・ブ・サイド

1/1(水)

カルタゴ周辺観光

シディ・ブ・サイドの夜明け

カルタゴ遺跡①

カルタゴ遺跡②

カルタゴ遺跡③

カルタゴ周辺観光

カルタゴ遺跡④

ラ・マルサという町で食べたランチ

賑わう元日のシディ・ブ・サイド

1/2(木)

シディ・ブ・サイド ⇒ スース

チュニスからバス旅 スースへ

世界遺産スース旧市街の散策

リバト 高台から眺めるメディナ

スース観光

スース考古学博物館

夕暮れのスース&夜の新市街

1/3(金)

スース ⇒ チュニス

チュニジア列車の旅

バルドー博物館

チュニス観光

チュニジア料理のランチ

チュニス旧市街&グランドモスク

カフェから眺めるメディナ

1/4(土)

チュニス観光

チュニス新市街の散策

カスバ広場&メディナ街歩き

チュニス ⇒ ドーハ

チュニス・カルタゴ空港のラウンジ&カタール航空の帰国フライト

1/5(日)

ドーハ ⇒ 成田

 

年末年始の公休を使ってを出た旅。

チュニジアには5日弱の滞在。訪れた都市は、シディ・ブ・サイド、カルタゴ、ラ・マルサ、スース、チュニスの5箇所。

さらに、トランジットを利用してイスタンブールも観光できたんですから、スケジュールとしては、まあまあでしょうか。

位置関係は下の通り。

シディ・ブ・サイドとカルタゴ、ラ・マルサは、チュニス郊外の町といっていいでしょう。

スースだけが、南方に150kmほど離れています。

もちろん、これは現地に5日弱という弾丸スケジュールだったためで、このほかにも、

  • 世界遺産にも登録されている古都ケロアン。
  • 巨大な円形競技場のあるエル・ジェム。
  • サハラ砂漠に踏み込めるドゥーズ。

など、見どころには、事欠きません。

現地7日くらいの日程のほうが、チュニジア一人旅の楽しみは倍化します。

チュニジア往復のフライトスケジュール

 航空会社便名フライト

乗継ぎ時間

往き

ターキッシュ

エアラインズ

TK53

成田23:00 ⇒ イスタンブール5:45

8時間40分
TK663

イスタンブール14:25 ⇒ チュニス15:40

 

帰り

カタール航空

QR1400

チュニス16:05 ⇒ ドーハ23:20

2時間35分
QR806

ドーハ1:55 ⇒ 成田17:45

 

往きがターキッシュエアラインズ、そして帰りがカタール航空という変則フライト。

フライトチケットは10万円なのに、税その他が3.8万円ほど加算されて13.8万円のチケットです。

ターキッシュも、カタールも、弾丸旅行者御用達。

何度利用しても、時間を効率的に使え、また快適なフライトでした。

機内食も、あいかわらずgoodでした。

世界最大級の大きさ イスタンブール新空港初体験

東京ドーム1,636個分、成田空港の8倍の面積という、超巨大なイスタンブール新空港。

開業から9ヶ月。往路のトランジットで、ようやく体験することができました。

今回は、買い物はしませんでしたが、有名どこの免税店など、ふんだんに出店しているでしょうから、お買い物が好きな方にとっては、ショッピングだけでも楽しい空港じゃないでしょうか。

私は、プライオリティパスが使える 「IGAラウンジ」で、ビールを飲みながらまったりと過ごしました。

イスタンブール新空港のラウンジの様子は、こちらをご覧ください。

5時間で往復したイスタンブール弾丸観光

その、トランジットを利用して、弾丸観光をしてきたイスタンブール。

夜明け直後、さらに氷雨が降るという悪条件でしたが、やっぱりイスタンブールという街は、素通りではもったいない。

5時間でも、とても満足のいく、トランジット弾丸観光でした。

結論として、乗継時間が7時間程度あれば、十分行ってこれる感じです。

弾丸観光の、タイムスケジュールはこちらです。

時刻行動スケジュール

5:45

成田からイスタンブール空港に到着。

6:30

エアポートバス「Havaist」でスルタンアフメットへ。

7:30

スルタンアフメット到着。8時半までマックで休憩。

8:30

ブルーモスク観光(所要30分)。

9:00

トラムで新市街へ移動。

9:30

ガラタ塔観光(所要30分)。

10:00

新市街をタクシム広場へ。

10:30

タクシム・バスストップから、エアポートバスに乗車。

11:30

イスタンブール新空港到着。

ちなみに、弾丸観光にかかった費用は、

  • バス代36リラ+デポジット6リラ=42リラ
  • ガラタ塔 45リラ
  • 朝食のマック 20リラ

しめて、107リラ(≒1,990円)でした。

弾丸観光の様子は、こちらの記事からご覧ください。

旅費・ホテル代・物価など

さて、旅費はいくらでしょうか。計算してみました。(2019年12月のレートで計算)

用途

利用区間など

費用

飛行機

(ターキッシュエアラインズ)

成田 ⇒ イスタンブール ⇒ チュニス

80,470円

飛行機

(カタール航空)

チュニス ⇒ ドーハ ⇒ 成田

57,550円

ホテル

シディ・ブ・サイド:ダル・エル・フェル(2泊)

14,000円

ホテル

スース:ホテル・パリ

1,300円

ホテル

チュニス:ホテル・ロイヤル・ヴィクトリア

7,000円

しめて、合計160,320円6日で割れば、1日当たり26,720円ですが、日本から10,000km以上離れたチュニジアまで行ったんです。

それに、年末年始であることも考えると、納得の旅費だと考えてます。現地で使ったおカネは、約1万3千円でした。

物価については、さほど買い物しなかったので、よくはわかりませんが、ケバブを食べてる分には、とても安く感じました(笑)。

1個、2~3ディナール(≒76~114円)ですから。

気候について

1月のチュニジア。寒いと感じるのは、夜と朝だけで、日中はちょうどよい適温です。

日本の冬と同じ格好で行って、日中は上着を脱ぐ、ぐらいで大丈夫でした。

気をつけたいのは、ホテルの暖房。

中級以下のホテルではついてないことが多いみたいです。

トレーナーを着て、毛布を2枚かぶれば、なんとかなりますが、スースの夜は寒かった(^.^)

治安について

日中の街中を歩くぶんには、まったく不安がありません。

人通りがない夜の道とかを歩かなければ、女性でも大丈夫でしょう。

ただし、スリやひったくりには注意したほうがいいらしい。

気をつけながらも、メトロを待っているときに、スマホを取り出して、写真を撮ろうとすると、親切な人が、「気をつけろよ。狙われてるぞ。」とアドバイスしてくれたものでした。

実際、メディナを歩いていると、中学生くらいの小僧が、私のスマホをつかんで「俺にくれ!」と言ってきたこともあったし(本当です)。

私の、安物のスマホ「iphone5s」でも、十分高価にさばけるんでしょうね。

スリについては、貴重品をすべて衣服の中に入れて、ポケットには何も入れないという基本的な対策をしておけば、大丈夫でしょう。

ちなみに、博物館や、モスクなどでは、武装した警官が、警備にあたっていました。

まとめ

アフリカ大陸としては、エジプト・南アフリカ共和国に次いで、3度目の訪問国となったチュニジア。

様々な旅行記から、チュニジアはアフリカといっても、ヨーロッパのような雰囲気だ、と聞かされていましたが、確かに、新市街はそう感じなくもない。

洗練された街並みに、道行く人はオシャレ。

しかし、一歩旧市街メディナの中に入ると、そこは、中東のスークを思わせる入りくんだ路地がひしめいてました。

そして、ときおり大音量で流れるアザーン。

イスラム圏は、ほんとに旅心地がいいです。

なんか、全然まとまりませんが、

  • 古代からの歴史があるので、様々な文化に触れることができる。
  • 日本からのフライトも、手ごろで便利。
  • ホテルも乗り物も、物価も、そんなに高くない。
  • ふつうに歩くぶんには、治安は問題ないレベル。

アフリカ大陸に、こんな国があったら、行ってみたくなりませんか?

外務省の海外渡航危険度レベルも1に引き下げられたので、これから日本人にも人気が出るような予感がします。

くわえて、年末年始に行っても、どこもお店が休み~ってこともない。

歩き回るにも、気候がちょうどいい。

年末年始のチュニジア、おススメですよ!

タイトルとURLをコピーしました