ターキッシュエアラインズ イスタンブール ⇒ チュニス 地中海を横切るフライト【チュニジア旅行記 #6】

さて、旅の前座、乗り継ぎを利用したイスタンブール弾丸観光を終えて、これから本題のチュニジアに向かいます。

まずは、空路チュニスへ。

ラウンジで、まったりしている間に、イスタンブールの氷雨で凍え切った身体が精気を取り戻しました。

そして、ラウンジを出て、ゲートD4に向かいます。

搭乗開始 イスタンブール空港にて

それにしても巨大なイスタンブール新空港。

大きさは成田空港の8倍。建設費は、なんと1兆3,000億円!

お土産屋さんも充実しています。

チュニス行きTK663便はここですね。

ギリギリまでラウンジにいたので、すぐにボーディングがはじまりました。

乗客は、なんとなくだけどチュニジア人なのかな・・日本人は見当たりません。

成田から乗ってきた日本人は、どこへ向かったんでしょう。

ターキッシュエアラインズのフライト イスタンブール ⇒ チュニス

ゲートから見えた機体。

  

ボーディングブリッジから見えた機体。

イスタンブールからチュニスへ。地中海をななめに横断する飛行ルート。

フライト時間は約3時間ですが、時差が2時間あるので、1時間ちょっとで着いてしまう気分。

チュニス到着は、現地時間で15:40です。

いつもは窓際をキープするのに、不覚にも通路側。したがって、地中海上空の景色は見れず。

フライトと同時に配られたチュニジア入国カード。

ハンバーグ弁当の機内食

すぐに飲み物を配りに来てくれました。

やっぱり赤ワインをチョイス。

機内食は、成田⇒イスタンブールで売り切れだった、「ハンバーグ弁当」でした。

おいしいハンバーグ弁当に、赤ワインがよく合います。

赤ワインは、往きのトルコ産ではなく、フランス産「メルロー」でした。

ほんとに、ハンバーグによく合うわ。

したがって、2本目のおかわりをオーダーw

ほろ酔い気分のまま、機はギリシア上空を通過。

 

そして、シチリア島の上空へ。

これから赴くチュニジアは、まさにこの島をかけてローマ帝国と争った因縁の島。

窓際だったら、眼下を臨めたかなあ。

でも、察するに、地中海上空は、雲に覆われています。

まもなく、チュニス・カルタゴ空港に到着ですね。

初めての国に到着するときは、何回旅をしても緊張するもの。

今日は、チュニジアに入国した後、そのまま観光地であるシディ・ブ・サイドまで行って泊まるつもりですが、どんなことになるでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました