冬のイスタンブールの街&ガラタ塔から見下ろすガラタ橋【チュニジア旅行記 #4】

ブルーモスクの見学を終えて、次はガラタ塔に向かいます。

イスタンブールには、シンボルともいえる建物がいくつもあるんですが、ガラタ塔もその一つ。

イスタンブールの新市街に立つ「ガラタ塔」は、高さが66.9m。新市街がそもそも小高く丘のようになっているため、その展望台からはイスタンブールの街を360度きれいに見渡すことができます。

ガラタ塔の建設は、ビザンツ帝国時代の528年のこと。なんと大化の改新よりも前です。ボスポラス海峡を行き交う船の灯台としての建設だったそうです。

前回ここに来たときは、あまりの行列に恐れをなして登ることができず、ボスポラス海峡を渡る船の上から指をくわえて眺めたものですが、ようやく念願がかなうときがきました。

時刻はまだ午前9時。ちょうど、ガラタ塔がオープンする時間。

この時間なら、観光客も少ないだろうと計算しています。

 

スルタンアフメットジャーミーを出ると、目の前に再び現れる、雨に濡れたアヤソフィア。

 

スルタンアフメット駅からトラムで新市街へ

こんな朝早くから、露店が出ています。しかも大晦日だというのに、さすがイスタンブール。 

しばらく広場にたたずみますが、実は、新市街まで、歩くか、トラムに乗るか、迷っています(笑)

朝一番のツアー客ですね。

 

歩いていこうと、ガラタ橋のほうに坂を下りかけます。

ここから、ガラタ橋を渡ってガラタ塔まで、歩いて30分くらいです。

トプカプ宮殿の方角へ向かうY差路。

4年前にここに来たときに泊まったホテル「オットマン・インペリアル・ホテル」も、この通り沿い。

懐かしいなあ、なんて感傷にふけっていたら、やんでいた雨がまた降り出しました。

やっぱり、トラムで行くことにします。

トラムのスルタンアフメット駅へ。

 

中東に来た感じがするケバブ屋さん。

トラムもこんなに接近してくるので、観光客は油断すると危ない。

午前9時のスルタンアフメット駅。まだ薄暗いな。

冬のイスタンブールって、こんなに夜明けが遅いんですね。

 

さて、待つこともなくトラムが来ましたが、超満員です。

イスタンブールカードをピッとかざして、乗り込みます。

でも、このスルタンアフメット駅で、少し乗客が降りて、私が乗り込むと、こんな感じの混み具合。

 

トラムでガラタ橋を渡る

トラムは、旧市街の坂をかけ下り、金閣湾にかかるガラタ橋に差し掛かりました。

 

ボスポラス海峡は、雨に煙って、はっきり見えません。

ガラタ橋を渡り終わったところにある「カラキョイ」駅でトラムを降ります。

カラキョイ駅でトラムを待つ人々。なんか、年の瀬なのに、イスタンブールの人たちの生活は日常そのもののようですね。

 

新市街の坂を上ってガラタ塔へ

さて、あいにく雨が激しくなってきましたが、ここから坂を上ってガラタ塔に向かいます。

 

なんか、ほんとに明日が1月1日とは思えない、イスタンブールの表情です。

 

坂のきつさがわかりますよね。

イスタンブールは坂だらけの街です。

さらに、階段も上ります。

さらに、細い路地の坂を上って、

ようやく、ガラタ塔のてっぺんが見えました。

ビルのすき間からのぞくガラタ塔。

 

4年前に来たときは、このガラタ塔を巻くように大行列だったのが、待ち時間なし状態。

やっぱり、朝早く来て正解でした。

ガラタ塔から眺める雨のイスタンブール

中に入ります。エレベータが2基しかないんだね。これじゃ、行列が長くなるわ。

入場料は、なんと45リラ(≒837円)。4年前の25リラから倍近い値上げです。

 

ガラタ塔をもじったエレベータのボタン。展望台は7階です。

7階に到着。

 

なんか、貸し切りって感じ。ガラタ塔を貸し切りなんて、すごいな。

上に登ります。

 

展望台のカフェ。

先客がいっぱいいました。当たり前だよね(^_^)

さっそく展望台へ。

 

まず目に入ったのが、金閣湾に架かるアタチュルク・ブリッジ。

激しい雨で、うまく撮れない。たんに下手なだけ?

新市街を見下ろします。 

雨に濡れたイスタンブールの街は素敵だ。

 

展望台は、ガラタ塔のてっぺんを巻くように、360度一周できます。

狭い展望台を、雨に濡れながら、ゆっくり一周します。

 

氷雨は降ってるし、高所なので風も吹いてます。はっきりいって寒い!

それでも、私のほかに、数人の観光客。お互い物好きですね(笑)

こちらは、旧市街。さらに向こうはボスポラス海峡。その向こうはアジアです。

 

こちらも、霞んでしまって、うまく撮れない。

それより、カメラが心配。かなり雨水にさらしてしまった。

 

氷雨に霞むガラタ橋

ガラタ橋の下をくぐる船。よくぶつからないものです。

  

チュニジアに行く前に、文明の交差点、イスタンブールの様子を上空から見れて、寒さも忘れて感激です。

 

もう寒さが限界。これ以上我慢すると、チュニジアに行く前に、風邪をひきかねません。

暖かいカフェに飛び込んで、濡れたカメラを手入れ。

天井もおしゃれな、ガラタ塔のカフェ。

カフェの椅子に座ると、こんな風景になります。

夜景なんか綺麗だろうな。

カフェの下にはレストランもありました。

細長い塔だと思っていたんですが、中味は意外と充実しています。

ガラタ塔から降りました。

ガラタ塔のふもとの広場。

そして、ガラタ塔を見上げます。

これで、トランジットを利用したイスタンブール弾丸観光も終わり。

ブルーモスクとガラタ塔しか入らなかったけど、アヤソフィアやスルタンアフメット広場も散歩できたし、トラムにも乗れて、ガラタ橋も渡った。

年の瀬のイスタンブール市民の表情も観察できた。

充実の弾丸観光でした。

では、新市街を歩いて、エアポートバス乗り場のタクシムに向かいましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました