プロフィール

こんにちは。seiと申します。

数多い、旅を綴ったブログの中から、私のブログに足を運んでいただきありがとうございます。

本ブログは、タイトルにもあるように、なかなか時間の取れない現役世代のサラリーマンが、なんとか休暇とおカネをやりくりして、弾丸で世界を駆けめぐる旅ブログです。

旅という記憶財産へ投資しましょう

突然ですが、なんかこう、現役世代の方って、閉塞感に包まれること多くないですか。

一生懸命働いているのに、自分の老後ってどうなってしまうのだろう、とか。

一生懸命働いているのに、それこそ、本当に身を粉にして仕事してるのに、いったい誰のために働いているのだろう、と思ってしまったり、とか。

世の中、理不尽なことばかりだと思います。

でも、その理不尽なことに打ち克つ方法があります。

それは、現役世代のうちに、すなわち身体や精神の若いうちにしかできないことをやることです。

それが、私の場合、一人旅に出ることなんです。

私は現役世代のサラリーマン。給与所得で生活し、その可処分所得を投資や旅に投資して生活しています。

2人の娘を養う4人家族。要介護になりつつある両親の面倒もみます。娘の養育と旅は投資、両親の介護は浪費ですね(笑)

旅が投資? という声も聞こえてきそうですが、旅は記憶財産という資産に対する投資である、と私は考えます。

将来になって、旅先での出来事を、数多くの写真を眺めながら思い出して楽しめるんですよ。酒でも飲みながら。

こう考えると、人の記憶って財産そのものですよね。

なので、現役世代の忙しいサラリーマンやOLでも、旅という記憶財産への投資は、将来かけがえのない財産に変わるんだということをぜひ体験してもらいたい、と思ってます。

世代間格差なんか、現役のうちに旅することで得られる満足感で埋めてしまいましょう!

ブログをはじめたきっかけ

生来旅に出るのが好きで、しょっちゅう旅に出ては、日記をつけては写真をアルバムに貼って、それがいわゆる私の記憶財産となっていたのですが、今の時代、現物で財産を管理するのは、少々心もとない。

火事や震災などで、日記が消失してしまうかもしれないし、大切な旅の写真も、外付けハードディスクが飛んだら終わり。

日記も写真も、グーグルフォトのようなクラウドに保存しておいたほうがよい、と考えたからです。

それに、どうせなら、ストーリーになっていたほうが、あとあと楽しめる。

最初は、フェイスブックのようなSNSでもいいかな、と思いましたが、「知り合いかも・・」があまりにもうざすぎた(笑)

実際、外付けハードディスクの増設もバカにならず、大切なデータは、データの貸金庫ともいえるクラウドに預けるのが一番だと思いますね。

でも、ブログをはじめてよかったです(#^.^#)

おかげで、いろんな知識を身につけることができました。

本ブログについて

このブログは、いわゆる旅行のノウハウブログではありません。

基本的に、休暇を取得したサラリーマンが、仕事を終えて、そのまま見知らぬ国に旅立つ。そして、身体は疲れても気持ちはリフレッシュして帰ってきて、翌日には出勤する。

そのスタイルが伝わるように書いています。

一人旅のすすめ

私の旅のスタイルは、基本的に一人旅です。

そして、限られた日数の中で、あそこへ行きたい、あれも見たい、となれば、必然的に綿密な計画が必要になります。

思いとしては、自由気ままな旅ができればいいな、とも考えますが、現役サラリーマンには無理でしょう。

しかしながら、全部自分で考え、自分で段取り、そして実行する。こうすることで、旅を終えた後の記憶は、まったく劣化しません。

当然、旅先で起きたぼったくりや賄賂攻撃など、トラブルも一部始終を赤裸々に綴っていますので、参考になれば幸いですね(笑)

ブログのスタイル

そもそものブログの目的が、自分の旅を記憶財産として残しておきたい、というのが出発点ですから、記述の流れも、旅に出る準備段階、そして実際に旅に出て、そして帰ってきてという、日記の延長のようになっていて、一つの旅がそのままカテゴリになってます。

忙しくて、なかなか旅に出られない方も、一緒に旅してる気分になっていただければ幸いだな、という気持ちで綴っています。

したがって、本ブログの主役は写真です(笑)

私のつたない文章力を、写真が補ってくれたら最高ですね。

バケットリストについて

『バケットリスト』とは、死ぬまでにしたいことリストのこと。

内外の世の中が不安定、不透明な方向に向かっている中で、私はこんな哲学的、あるいは達観的な考え方が好きです。

ちなみに、バケットリストの中味は、しょっちゅう変動するので、あえてここでは書きませんが、そこに載っているテーマは、すべて旅です!(^^)!

これを眺めていると、生きている実感がして、勇気がわいてくるんです。

さきほど、リストの中味はしょっちゅう変動する、と書きましたが、1位はそう簡単には変わらないテーマになっています。

それは、『長期の旅に出る』なので。

私は、沢木耕太郎さんの「深夜特急」や、蔵前仁一さんの「旅で眠りたい」をバイブルとしているので、半年や1年かけて旅するスタイルに、とんでもなく憧れています。

今は、絶対に無理です。家族を養っている身なので。

でも、いつかは絶対実現したい夢です。

それまでは、行っては数日のうちに帰ってくる弾丸旅行を繰り返し、ブログに綴っていくつもりなので、皆さんのお役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました