シディ・ブ・サイド 地中海の夜明け【チュニジア旅行記 #9】

A HAPPY NEW YEAR! 日本より8時間遅れての2020年の始まりです(^^)

ついに、2020年、いわゆる20年代がはじまりました。

20年代。わが国日本は、もちろんオリンピックを控えているし、リニア中央新幹線もできるし、整備新幹線も伸びる。

旅が好きな人にとっては、日本は特別な10年間になりそうですね。

国際的には、なにがどう変わるかな。

地中海に昇る2020年の太陽

昨夜は、ワインを飲んで、もう爆睡。

時差が8時間もあるのに、夜まで歩き回っていたんだから無理もない。

でも、目覚ましをかけて、6時起床と思っていたら、夜明け前の空に響き渡る大音量のアザーンが

私、このアザーン(礼拝の呼びかけ)が大好きなんです。

いやあ、異国にいる気分満天ですね(^^)

 

これから、地中海に昇る初日の出を見に行きます。

ホテルを出ると、ちょっと空気が冷たいですが、皮のコートの前をしっかりしめれば、風がないので我慢できるレベル。

途中の展望台。この夜景だけ見てると、北アフリカにいるっていう気はしません。

東の空を見やると、もう少しで太陽が昇りそうなタイミング。

アザーンも終わり、物音一つしない、静かな朝です。

さて、昨夕、夕焼けを眺めたビュースポットへ。

意外・・・誰もいない。

ヨーロッパの人たちが、避寒地として、年末年始を過ごすシディ・ブ・サイドです。

展望台は、初日の出を見る人であふれてると思ったのに。

後で調べたら、初日の出と騒ぐのは、世界でも珍しく日本独特だそうです(知らなかった・・)

でも、そのおかげで、展望台を独り占め。

対岸に見える陸地は、シチリア島かと思ったら、チュニジアと同じ国土、ボン岬半島でした。

日の出の時刻は7時過ぎ。もうしばらく太陽は出てこないと思って、付近を散歩。

近くの民家のテラスを拝見。

こんなテラスで、地中海を見ながら、毎日コーヒーでも飲めたら、素敵な朝になりそうですね。

そして、展望台に戻りました。 

展望台の下に降りていけました。

サボテンが咲いてます。

もうすっかり朝の雰囲気ですが、雲が厚く、太陽は姿を現しません。

小さな船が出港していきます。

雲の色が変わってきました。

お、少しだけ、太陽が姿を現しました。

太陽ってすごい。ほんの少し、顔を出しただけで、周囲の明るさが段違い。

チュニジアンブルーが映える朝のシディ・ブ・サイド

少しだけど、初日の出が見れて大満足。夜の明けたシディ・ブ・サイドの町並みを見ながら歩きます。

チュニジアンブルーは、少し濃い青色ですね。

シディ・ブ・サイドは、もともとオスマン帝国の時代は大富豪たちが住んでいた町。

言われてみれば、そんな気がする邸宅が並んでいます。

青と白の色彩に統一したのは、1900年代にここに住んでいたロドルフ・デルランジェという男爵の好みによるもの。

この2色しか使用してはいかん、という条例を作ったそうです。

強制的とはいえ、秩序をつくったことで、このような美しい家並みの町が出来あがりました。

年輪の入った大木。 

ホテルまで戻ってきましたが、そのまま通りを歩きます。

観光客が一人もいないシディ・ブ・サイドは、とても絵になります。

元日の朝。お店屋さんの主人たちは、日常の朝と変わらないんでしょう。

ふつうに、店じたくをはじめています。

 

本日、向かう予定のカルタゴ方面。 

 

ここにも、サボテンがありました。

しかし、やっぱりすごいな。ゆっくり、ここを歩いていると、未知の世界にはまり込んだ気分。

異次元の世界です。

1時間も歩き回っていたでしょうか。ホテルに戻ってきました。

 

テラスから眺める青と白の世界

もう一度ルーフトップに上がります。

 

チュニジア来てよかった、そう思わせる光景です。

   

バルコニーからさしこむ朝の光が、画廊を輝かせます。

気持ちのいい、シディ・ブ・サイドの朝、そして元日の朝でした。

タイトルとURLをコピーしました