カンボジア(2018.11)

カンボジア(2018.11)

カンボジア2泊4日 超弾丸一人旅のまとめ

LCCで安く行ける。 こんな不純な動機から目的地を選んだカンボジアでしたが、実際に行ってみて、平和そうに暮らす住民の表情に、とても気持ちが和みました。 近年...
カンボジア(2018.11)

【カンボジア】3日目(その3) プノンペン空港の優雅なラウンジ ~ さようならカンボジア王国

プノンペンの弾丸見学を終えて、空港に向かいます。 たった3時間弱だったけど、プノンペンの街の表情を見れてよかった。 バイクタクシーでプノンペン国際空港へ...
カンボジア(2018.11)

【カンボジア】3日目(その2) 平和なプノンペン 超弾丸3時間の名所めぐり

さて、運転手さん、即席のプノンペンガイド、よろしくお願いしますよ。 3時間でプノンペンの見どころを可能な限りまわって、最後は空港へ。 一生懸命英語を並べ立て...
カンボジア(2018.11)

【カンボジア】3日目(その1) カンボジアの首都プノンペンへ

昨夜は23時前に寝入ってしまったので、快適な寝覚め。 一人旅に睡眠不足は禁物です。 疲れがたまってしまううえに、日中眠くなってしまっては、何のために...
カンボジア(2018.11)

【カンボジア】2日目(その4) 森に覆われたベン・メリア ~ 15時間のツアー終了

さて、本日のツアー最後の遺跡、ベン・メリアです。 プリア・ヴィヘアに行きたくて、このツアーを選んだんですが、コー・ケーに加えて、ベン・メリアも回ってくれて...
カンボジア(2018.11)

【カンボジア】2日目(その3) コー・ケー 子供のいる風景

絶景のプリア・ヴィヘアにさようなら。 今回のツアー、次の目的地は、コー・ケーです。 カンボジア・タイ国境付近の風景 シェムリアップに向って、少し戻る感...
カンボジア(2018.11)

【カンボジア】2日目(その2) 「天空の寺院」プリア・ヴィヘアから見下ろすカンボジアの大地

第三塔門へ向う途中、第二塔門を振り返ります。 爽やかな風が吹き抜けるプリア・ヴィヘアの参道 日差しは強烈だけど、風が爽やか。 タイ国境方面を眺める人々...
カンボジア(2018.11)

【カンボジア】2日目(その1) タイとの国境線上の世界遺産 プリア・ヴィヘアへ

5時半に起床。 昨日の強行軍の疲れが残っている身体ですが、今日は楽しみな日程。 ツアーに参加して、タイ国境近くのプリア・ヴィヘアをはじめとして、ベン・メ...
カンボジア(2018.11)

【カンボジア】1日目(その8) 夜のシェムリアップ

浮き橋を渡って、戻ります。 夕暮れのシェムリアップ 行き交うクルマにもヘッドライトが。 それで心配になった。Eバイクは、ライトをつけて、バッテリーもつ...
カンボジア(2018.11)

【カンボジア】1日目(その7) 夕暮れのアンコール・ワット

さて、駆け足でせわしないアンコール遺跡弾丸紀行ですが、日没まであと1時間とちょっと。 最後の見学は、本命のアンコール・ワット。 Eバイクを止めてある...
カンボジア(2018.11)

【カンボジア】1日目(その6) バイヨン 安らかな巨顔と対面

すっかり時間を食ってしまいました。 レンタル屋さんがアドバイスしてくれた、アンコール・ワットの最適見学時刻15時半はとっくに過ぎています。 とにかく、今...
カンボジア(2018.11)

【カンボジア】1日目(その5) アンコール・トム 迷子になりながら弾丸見学

さて、時間がありません。 城壁都市、アンコール・トムに向って、Eバイクを発進。 このEバイク。ついさっき、フルに充電したばかりなのに、メーター表示はもう...
カンボジア(2018.11)

【カンボジア】1日目(その4) タ・プローム 瓦礫と巨大樹木のハーモニー

Eバイクを止めた場所に戻ってきました。 チャージをしておいたおかげで満タンです。 店の女の子が、しきりに「ランチ食べていきなよ」と誘ってくれるんですが、もう...
カンボジア(2018.11)

【カンボジア】1日目(その3) Eバイクで巡るアンコールの遺跡

さて、あらためて地図を見ます。 アンコール遺跡の代表建築物はアンコールワットなんでしょうが、その北側にもアンコール・トムという遺跡の町があり、それ以外にも...
カンボジア(2018.11)

【カンボジア】1日目(その2) 遺跡の通行証 アンコール・パスをゲット

空港には、ホテルに依頼しておいた迎えの運転手が来ていました。 その運転手に、「ちょっと待って」と断って、三角屋根の空港建物を写真に撮ります。 バイクタク...
カンボジア(2018.11)

【カンボジア】1日目(その1) ANA深夜便でアプローチ 秋のアンコールワットへ

カンボジアといえば、アンコールワット。 多くの旅好きの方が思い浮かべることだと思います。 私もその一人ですが、私がカンボジアに行こうと思ったのは、もっと不純...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました