真夏のエジプト5泊8日弾丸一人旅のルート・費用・治安などのまとめ

旅からかえると、いつも行ってよかったな、と思うものですが、とりわけエジプトはその余韻が強く、見た景色や街の表情が、しばらく脳裏から離れませんでした。

わずか5泊8日の弾丸でしたが、そこで得た感想は、エジプトは、やはり1人旅が似合う国。

そして、エジプトを旅するなら、灼熱の夏に限る(笑)

観光客ほとんどいないし(^^)v

現役サラリーマンの私でも、8月の真夏にエジプトを個人旅行して、体調になんら問題なし。

それどころか、エジプトの時空を超越した感覚は、私の魂を洗い清め、次なるビジネスに奮い立たせてくれています。

現役世代の若いサラリーマンやOLの皆さん。仕事に疲れたりしたら、夏のエジプトをのぞいてみたらいかがでしょう。

  

そんな5泊8日エジプト弾丸紀行をまとめてみましたので、ぜひ参考にしていただき、エジプトの永遠を感じとってみてください。

エジプト弾丸旅行 全行程

今回の旅の全行程がこちらです。時系列にリンクを貼ってありますので、読みたいところからどうぞ。

香港が出発点となっているのは、香港への家族旅行の途中で、私だけエジプトへスピンオフしたから(笑)

エジプトは、国土は広いですが、観光できるエリアはカイロ、ルクソールなどに限られているので、弾丸旅行に向いていると言えるかもしれません。

今回、カイロに1日半、ルクソールに2日充てましたが、駆け足で見るにはなんとか、といったところ。欲をいえば、カイロにもう1日いられれば、ギザのピラミッドだけでなくサッカーラなども訪れることができたかもしれません。

ルクソールのトータル2日滞在は、私としては十分でしたが、アスワンが素通りになってしまったのが、少し残念。そのかわり、ヌビア砂漠をクルマで縦断できたのだから、よしとすべきでしょうか。

フライトスケジュール

 航空会社便名フライト

乗継ぎ時間

往き

ターキッシュ

エアラインズ

TK71

香港22:45 ⇒ イスタンブール5:05

1時間30分
TK690

イスタンブール6:35 ⇒ カイロ7:50

 

帰り

ターキッシュ

エアラインズ

TK695

カイロ21:00 ⇒ イスタンブール0:20

1時間20分
TK52

イスタンブール1:40 ⇒ 成田19:30

 

香港を起点とする変則スケジュールでしたが、日本からでも成田から同様のフライトがあるので、問題ありません。

日本からだと、ターキッシュエアラインズの場合、「成田22:50 ⇒ イスタンブール5:20」となります。

しかし、みてください。いかにも、現役世代の人に利用してもらおうっていうフライトスケジュールですよ(笑)

これを見て血が騒ぐなら、ぜひエジプトへの弾丸旅行を敢行すべきです(#^.^#)

旅費・ホテル代など

さて、旅費はいくらでしょうか。計算してみました。(2017年8月のレートで計算)

用途

利用区間など

費用

飛行機

(ターキッシュ)

香港 ⇒ イスタンブール ⇒ カイロ

カイロ ⇒ イスタンブール ⇒ 成田

103,000円

飛行機(エジプト航空)カイロ ⇒ アスワン12,000円
飛行機(エジプト航空)ルクソール ⇒ カイロ9,200円
ホテルカイロ:シティ・ビュー・ホテル(2泊)7,000円
ホテルアスワン:マルハバホテル アスワン5,500円
ホテルルクソール:スザンナホテル(2泊)6,000円
チャーターアスワン ⇔ アブ・シンベル12,000円
ツアーアスワン ⇒ ルクソール(ナイル谷めぐり)20,000円

しめて、合計174,700円です。いくら渡したか覚えていませんが、バクシーシは入れてません(笑)

8日で割れば1日あたり21,837円。もっと長くいれば、もっとコスパはよくなっていったでしょう。なにしろホテル代が安いですから。ただし、そのぶんセキュリティも落ちますが。

さらに、往復のフライトをドバイを経由するエミレーツ航空にしたり(状況によります)、ナイル谷めぐりのツアーを省略したりすれば、もっとコストは抑えられます。

でも、17万円程度なら、ボーナスでいけるんじゃないですか?

サラリーマンやOLの皆さん。若い時にしかできないことは、若いうちにやっておいたほうがいいですよ!

気候・食事・治安など

「ドライヤーの中にいるように感じられるほど非常に暑いので、相応の覚悟で訪れること。」と、「地球の歩き方」には書かれていましたが、たしかに8月のエジプトはダテではなかった。

 

今まで旅をしていて、こんなに暑さを感じたのは初めて。

カメラを提げて歩いていて、ときたまカメラのボディが腕にあたると、火の棒を押し当てられたかのごとく火傷しそうになります。(ほんとです)

でも、そんな炎天下の中、工夫して生活している人たち。夕方になって、いくぶん暑さがやわらいだ頃、水タバコをふかしに路上に座り込む人々。

この人たちは、こういう生活を何十年もしているんだ、と思うと、自分が小さく見えましたね。

食事は、おいしかったです。ていうか、食べたのはほとんどケバブ(あるいはターメイヤというコロッケ)。私の口に合っているのか、まったく飽きませんでした。

エジプトと言えば「コシャリ」ということになるんでしょうが、今回は1度も機会がなく残念。次はトライしてみたいと思います。

アルコールが飲めないのはイスラムのお国柄ですが、売っているお店もあります。その際は、冷たいビールをまとめて買って、ホテルの冷蔵庫(ミニバー)にストックしておくことをおススメします。

 

治安はどうなんでしょう?

バクシーシやタクシーの交渉で揉めたりはありましたが、どの町も夜でも人通りがあり、全然危ない感じはなかったです。

おそらく、女性が一人で歩いても、人気のない道さえ避ければ大丈夫ではないでしょうか。エジプト女性も1人でよく歩いていましたから。

テロに関しては、観光警察が一生懸命ガードしていましたし、こればかりは、警察を頼るしかありません。

 

それよりも、やっぱり暑さ対策ですよ。

暑さには自信のある私でしたが、王家の谷など、ずっと歩き回っていたら、本当に倒れそうになりました(笑)

体力を過信せず、きちんと水分を取りながら、休み休み観光する。これ、すごく大事です。

まとめ

今回のエジプト弾丸旅行。今までの旅履歴の中でも、指折りの記憶に残る旅となりました。

やっぱり、歴史を持つ国というのはすごいですね。

なんていうか、そこにある空気からして超越しているように感じます。

ナイル川、ピラミッド、アブ・シンベルなどの遺跡もさることながら、カイロの様々なストリート。世界遺産の建物の前で、人々がふつうに生活している光景を見て、武者震いを感じたほどです。

エジプトを旅すると人生観が変わると言われたりしますが、悔しいけど、私も変わりましたね。

悠々と流れるナイル川を見つめているうち、ほんとに自分の無力感ばかり感じました。

今回のエジプトの旅で、私が特にそう感じたのは、季節が夏で、他の観光客とほとんど出会わなかったからじゃないかな。

団体と遭遇したのは、ピラミッドくらい。アブ・シンベルも、王家の谷も、ほとんど貸切でした。

というわけで、夏のエジプト、人生を見つめなおす?感じで旅してみてはいかがでしょうか。

航空券やホテルも多少安くなるし、体力に自信があるなら、トライする価値ありです!(^^)!

 

タイトルとURLをコピーしました