【エジプト】3日目(その6) 夕暮れのアスワンの街

さて、アスワン滞在は今日しかないんです。

暑さでへばっていられません。町へ繰り出しましょう。

気温41度のアスワンの町歩き

ホテルを出て右へ進みます。

DPP_20132

で、また右へ曲がると、アスワン駅が見えました。

DPP_20133

夕方ですが、なんだかんだ言って暑い。

なんか、暑い、暑いと、暑い時期に好き好んで行って、なに言ってやがる、と言われそうですが、率直な感想。

夕方でも40℃超えてますから。

DPP_18775

DPP_20137

そういえば、ランチ食べてない。急にお腹がすきました。

ケバブのレストランに入ります。「~歩き方」にも出ているお店。

DPP_20135

おすすめのサンドイッチをオーダー。

DPP_20138

ビーフのケバブが出てきました。

それと、この右側の何? 色艶といい、水っぽさといい、最初は刺身か何かだと勘違い。

DPP_20139

ふつうに、ニンジンとカブでした。

ケバブも、ボリュームあって、ほんとにおいしい。

今までの旅で、トルコ、イスラエル、イランとケバブを食べましたが、エジプトのもおいしい。

ケバブのファンになっちゃったね。それに安いし。

主人がやってきて、「グッドか?」「もちろん!」  そして、握手。

DPP_20140

けっこう人気のある店のよう。回転率も速い。

DPP_20230

食べ終わって、アスワンの街をブラブラ歩きます。

DPP_20145

平和そうな日常風景。

私を見ると、みんな「ニハオ!」そして「撮ってえ!」

DPP_20143

旅は、この街歩きが楽しいんだよね。

アスワンは、香辛料、女性の香水、馬糞、それらが、ナイル川の風で漂う街です。

DPP_20147

暑いのに、パン出してて大丈夫? 夕方になったから、出したのかな。

DPP_20148

駅ですね。今回の旅では、列車に乗る機会はなさそう。残念。

DPP_20152

DPP_20156

ナイル川に沈む太陽

駅前通りを振り返ると、夕陽が。

DPP_20153

すごい。アスワンって、駅前から、こんなすごい夕陽が見れるの?

DPP_20154

こりゃすごい。ナイル川のほとりに向かってみます。

DPP_20155

徐々に太陽が沈んでいく様がわかります。

DPP_20161

DPP_20163

いや、これは・・
こんなの、マニラ湾で見た夕陽以来のような気がする。

DPP_20165

手前のヨットみたいな帆は、フルーカです。

DPP_20167

芸術的な日没でした。

DPP_20169

地元民も見とれてます。毎日見れたって、美しいものは美しいよね。

マニラ湾だって、イスラエルのミッペラモンだって、地元民が太陽を見に来てました。

DPP_20172

さて、川づたいに歩いてみますか。

DPP_20173

あれは、岩窟墳墓群なのかな。ライトアップされかかっています。

DPP_20176

フルーカですね。アスワンが、本日だけって、ちょっと悔しい。
そういえば、ホテルのフロントも、えっ、マジ! って顔してた(#^^#)

DPP_20178

仕方がないよ、現役世代の旅人には、時間は有り余ってないんだから。

今日で、エジプト来て3日目。もう、半分たってしまいました。

DPP_20179

DPP_20181

DPP_20183

マクドナルド「ナイル川河畔店」で夕食

歩いているとマックが。

DPP_20185

ナイル川河畔のマックなんてオシャレ。

DPP_20187

川面を眺めながら食べられるみたいだし、さっきケバブ食べたばっかりだけど、夕食にしちゃいますか。

DPP_20194

室内の方が、冷房効いてて快適。それは否めない。

DPP_20188

アルバイト店員が、カメラの値段を聞いてきた。
観光地だから、カメラをさげて入店する人多いんでしょう。

店員の時給って、どのくらいなんだろうね。

DPP_20189

はい、ビックマックセット50ポンド(300円)

DPP_20190

ナイル川を眺めながら、食べるマック。暑いけど、川から吹く風が心地よいです。

DPP_20192

こんな経験するとは思わなかった。

今までの人生、何度マックにお世話になったかわかりませんが、間違いなく思い出に残る1食です。

DPP_20193

じゃあね。マック ナイル川河畔店さん(笑)

DPP_20196

DPP_20197

おお、岩窟墳墓群の方が、いい感じになってます。

DPP_20198

観光馬車。これは、極力、敬遠したほうがいい。

世界各国、こういう乗り物は、騙す、嘘をつく、脅すは日常茶飯です。

DPP_20199

永遠のナイル川。この穏やかな川が、毎年氾濫してたって、ちょっと信じられない。

DPP_20200

スークに行ってみます。

DPP_20203

アスワン 夜のスーク

女性がふつうに一人で歩いているのを見て、なぜかほっとします。

もちろん、日中に限るとか自衛対策を施してのことですが。

未婚の女性が一人で出歩けない国って、イスラム圏では、サウジアラビアぐらい?(私の勝手な私見)

石油に頼り過ぎちゃうと、社会が成熟する過程を失うよね。

DPP_20205

すごい、オシャレなニカーブ。

DPP_20207

子供が、ふつうにスマホ持ってることに驚き。

そして、お互いに撮りあいます。私は中国人じゃないよ、覚えといて(笑)

DPP_20206

「ヘイ、ニハオ!」 だから、違うって。

でも、東洋人は中国人なんだろうな。

たしかに、こうやってスーク歩いてても、中国人は団体だけどたまに見かける。

この旅で、日本人を見かけたのは、ピラミッドで、ツアーに出くわしたときくらい。

日本人よ。もっと単独行動しようぜ!

DPP_20208

すっかり日も暮れました。気温も、多少涼しくなってきます。

DPP_20212

おお、おいしそうなパン屋さん。

DPP_20213

こりゃ、ほんとにおいしそうだな。

DPP_20214

でも、さっきビックマックセット食べちゃったし。

DPP_20215

DPP_20216

もちろん気をつけてはいますが、夜でも治安の悪い感じはしません。

DPP_20217

夜の方が涼しくて、雑談しやすいんだろうね。

DPP_20220

DPP_20221

おっ、さっきのレストラン。

日本に帰ったら、紹介してくれ? もちろん! この店のケバブは、ほんとにおいしかったよ!

DPP_20223

明日も早いし、名残惜しいけど、ホテルに戻りましょう。

この店で、飲み物を仕入れます。残念ながらビールはなし。

DPP_20225

これは、ホテル前の公園。まだ子供が遊んでる。もちろん親がついてるけど。

DPP_20226

ホテルの部屋に戻って、一息。しかし、体力消耗するなあ。

夜でも39℃。これは、熱帯夜ではなくて、何と呼ぶのでしょうか。

もう、笑っちゃう暑さです(#^^#)

DPP_18776

買ってきた飲み物。夏のエジプトは、ほんとに、水分が大事。

真ん中の缶は、カイロでも売ってて、何かな~、と思ってたんだけど、飲んでみたらノンアルビールでした。(よく見たら、書いてある)

DPP_20228

洗濯ものを取り込み。まじ、もう乾いてる!

そして、Wifiつないでネットサーフィン。

カイロのホテルは、Wifiほとんどつながらなかったけど、このホテルはバッチリです。

おっと、点灯したばかりのカープのマジック、今日消滅しちゃいましたか。

カイロ空港のデューティフリーで仕入れたシーバスリーガルをちびちびやりながら、くつろぎます。

DPP_18771

それにしても、午前1時起床からはじまった、長い1日でした。

明日は、ナイル川沿いの遺跡を訪ねるツアーに参加します。

また、早起きだね、とっとと寝ましょう。

タイトルとURLをコピーしました