【エジプト】1日目(その3) 厳戒態勢のオールドカイロ

さて、なんとか、エジプトの旅がはじまりました。

このバス、どこに向かってるのかわかりませんが、いやあ、この孤独感たまりませんね。しびれます。

DPP_18781

空港 ⇒ タフリール広場 9円のバスの旅

バスは、ダイレクトに市街に向かわずに、あちこち寄って、乗客を拾っていきます。

そして、あっという間に、車内は満員に。

DPP_18782

私は、まだチケットを買ってません。そして、小銭も持ってません。

ま、大丈夫でしょう。なんか、私も、達観してきました(笑)

しばらく乗っていたら、前方に乗っていた紫色のシャツの青年が、チケットを売りにきました。

あんた、車掌だったんかい?

DPP_18862

代金は1ポンドだか1.5ポンドと言ってましたが、私には持ち合わせがありません。

 

下の写真は、キャッシングしたばかりの紙幣。

1ポンドが6.1円ですから、50ポンドは305円。

1,000ポンドは610円になりますが、50ポンド紙幣を出して、これで頼むと、お願いすると、苦笑しながら他の乗客全員にチケットを売った後で、両替してくれました。

ありがとさんです!

DPP_18840

しかし安いね。たった6円だか9円で、空港から市街ですか。

DPP_18842

すると、しばらくして、この小太りのおっさん。みんなのチケットをチェック。

なんか、よくわかりません??

DPP_18863

おっ、いきなり現れたモスクと思ったら、協会? コプト教会でしょうか。

DPP_18867

都心に近づくにつれ、ホコリっぽくなってきました。

DPP_18790

そして、ゴミもいっぱい。

DPP_18786

DPP_18792

乗客も増え、立つ人も。さて、私はどこで降りようかね(笑)

もう、市街で降りそこねても、どうでもいい気分。

だって、バス代9円だよ。変なとこ行っちまったら、またバス乗って帰ってくりゃいいじゃん。

DPP_18793

窓を全開にして、外を眺めてるだけで感動の光景。

DPP_18795

そして、渋滞すごし!  やっぱり、都心に向かってるんだろうな。

DPP_18799

女性が一人で乗ってることに、妙に安心。

DPP_18811

都心に近づいたのが、実感としてわかります。

乗客が大勢降りていきました。

1人をつかまえて「タフリール?」と聞くと、そうだよ、みたいな感じ。

でも、どこに広場があるんだろう??

DPP_18800

重い荷物を背負って、私も降りました。

おッ、高架橋の向こうに見えている、あの建物は・・

DPP_18817

間違いありません。エジプト考古学博物館です。

ということは、この辺りは都心。であるならば、ホテルもこの辺です。

DPP_18818

「シティ・ビュー・ホテル」のナイスなシティビュー

目指すホテルは、博物館から、歩いてすぐのところにありました。

エクスペディアで予約した「シティ・ビュー・ホテル」。

チェックインしようとしたら、フロントは5階とのこと。

DPP_18847

1泊30USドルで2泊します。

さっそく、ガイド手配の紹介が入りましたが、すべてノーサンキュー。

お気持ちはありがたいですが、自分の足で歩きます。

DPP_18828

ウエルカムドリンク? と言われ、コーラをオーダー。そして、「ソウ コールド!」
とにかく、暑くて、すごい汗です。

DPP_18826

氷、大丈夫かな、と思いましたが、これでダメなら、次から用心するし、胃腸のバロメーターのつもりで飲みました。

平気でした。
消化器系には、自信のある私です。

DPP_18827

キーを持った案内人(ほんとに案内人かな?)が、部屋を案内。

DPP_18836

そして、窓を開けて、どうです、いい眺めでしょう、と得意げ。

DPP_18834

たしかに、これは、ホテル名と同じ、ナイスなシティビューです。

エジプト考古学博物館がすぐそこ。おお、ナイル川の川面も見えました。

DPP_18830

で、これが広場なのかな。

DPP_18831

で、案内人(もどき)、得意げな表情のまま。

さっきのバスで崩れた小銭から、10ポンドを渡すと、うなずいて出ていきました。

いわゆるバクシーシってやつなんでしょうけど、相場がわからんから、どうしようもない。
あげすぎちゃったかな。

とりあえず、シャワー浴びます。

DPP_18835

そして、街を歩き回る前に、両替をしておきましょう。空港ではキャッシングしかしてないからね。

で、乗るエレベーター。超旧式、怖い・・

DPP_18844

ホテル前のブスターン通りには、両替屋さんが並んでました。

その一つで、とりあえず200ドルほど両替。

この瞬間は、ほんとカネ持ちになった気分。でも、エジプト人も、私に対して、そういう目で見てくるはず。

とにかく、気を引き締めましょう。

DPP_19041

街を歩こうと出かけようとしたら、セーフティボックスが壊れてる。

そして、この安直なカギ。こりゃ、部屋に貴重品を置いていくわけにはいかないな。

思案した結果、現金は体中に分散して保管。ipadなんかは、バッグに入れ、バッグの鍵をかけ、ベッドにワイヤーで縛り付けました。そして、その写真を撮ります。

大げさかもしれませんが、こういう安宿。基本、信じてはいけません。

いっきに200ドル両替したの失敗だったかな・・

ATMで少しづつ、おろせばよかったんだね。

DPP_18837

ところで、カイロ滞在は1日半。

カイロは、ギザのピラミッドまで含めると非常に広く、またエリアごとに特徴があるので、しっかり目的をもって歩くことが、効率的な街歩きになるようです。

ピラミッドは明日行こうと思ってるので、今日は手始めに、オールドカイロを歩き、タクシーでシタデル付近まで行き、見れるとこを見て帰ってこようと考えました。

暑さとの闘いもあるし、半日では、そのへんが限界でしょう。

ちなみに、シタデルからハーン・ハリーリあたりにかけては、イスラム地区。
で、私のいるホテルは、新市街の中心にあります。

DPP_18778

ホテルの外に出ると、さすがに暑い。

オールドカイロに行くには、地下鉄が便利なので、地下鉄の入り口を探します。

ていうか、さっき、ホテルのベランダから外を眺めた時に目に入り、目星をつけておきました。

前にいるのは欧米の観光客。さすが観光都市カイロ。観光客は、どこにでもいます。

DPP_18850

カイロの地下鉄(メトロ)でオールドカイロへ

メトロの入り口へ。アッ・サーダート駅です。

アッ・サーダートとは、エジプト初代大統領の名前。さすがです・・

DPP_18856

オールドカイロ最寄り駅は、マル・ギルギス駅。

そういってチケットを買うと2ポンド(12円)でした。ホント安い。

DPP_18869

DPP_18870

待つこともなく、すぐに入ってきた電車。

駅も電車も冷房がありません。アラブ人の汗が、私のTシャツに染みこみます。

DPP_18874

そして、サダト駅から4つ目のマル・ギルギス駅で降ります。

DPP_18876

コプト教会が立ち並ぶオールドカイロ

いやあ、びっくり。駅でたら、いきなりキリスト教の教会です。ここは、エジプトなんだよな・・

DPP_18877

DPP_18878

というより、警備もハンパない。とても、カメラを向けられるレベルではありません。

そうだった。

コプト教徒を狙ったテロが3か月前に起きたばかり。エジプトは、現在非常事態宣言中。

身の程をわきまえましょう。

DPP_18880

ま、でも、それはさておき、駅からつながるこの空間、いいですね。

DPP_18881

いやあ、なんだか、ゾクゾクしてきましたよ!(^^)!

DPP_18882

DPP_18883

DPP_18886

聖ジョージ教会(ギリシア正教会)

聖ジョージ教会の入り口。もちろん、世界遺産です。

DPP_18885

まぎれもなく、キリスト教の教会。

エジプトは、その昔、ローマ帝国の一部でした。

DPP_18888

エジプトにおいて、キリスト教は紀元40年頃から広がりはじめ、2世紀にはコプト教として、エジプトほぼ全土がキリスト教徒だったそう。

DPP_18890

DPP_18891

おや、電車が入ってきましたね。

DPP_18893

DPP_18896

そのコプト教徒が、イスラム過激派に襲われるテロ。

DPP_18897

これは美しい。

DPP_18898

コプト教徒は、エジプトの人口の約1割。ということは800万人ほどのキリスト教徒が居住してるんですね。

完全にムスリムの国と思っていただけに、意外でした。

DPP_18900

DPP_18905

この教会は、女子修道院とつながっているようです。

DPP_18906

協会を出て、駅の方に少し戻ります。この向こうは、コプト博物館。

ちなみに、この右側には、自動小銃を構えた警官がいっぱい。すごい厳戒態勢です。

DPP_18910

そして、この右側にあるのがバビロンの塔。

DPP_18911

ビザンツ帝国時代に築かれたようですが、7世紀のアラブ軍侵攻で陥落したとのこと。

DPP_18912

さらに、その奥はマラッカ教会。

DPP_18914

ほんとにすごい。エジプトにいることを忘れてしまうほどに、協会のオンパレード。

それにしても、私。テロ危険区域を歩いているんだろうか・・

DPP_18915

DPP_18917

少しづつ、北の方に歩いて行ってみましょう。

DPP_18919

これは、マル・ギルギス通り。暑いので、水を1本買います。水は普通の味だった・・ よかった(笑)

DPP_18922

DPP_18923

DPP_18924

オールドカイロの北の入り口にたどり着くと、観光バスが。

中国人の団体が、大勢降りてきました。

DPP_18925

DPP_18926

DPP_18927

フスタート?

この中にはスークが広がっているようですが、ここを東に折れて、フスタートに行ってみます。

DPP_18929

どれくらい歩けば着くかわかりませんが、とにかく歩きます。

DPP_18931

フスタートは、エジプト・ファーティマ朝時代、エルサレム王国によって占領。

1168年の出来事で、その後800年も廃墟になったままとのこと。

これは、フスタートの陶器センターですね。

DPP_18934

こちら側から入ろうとしたら、警官に止められます。

DPP_18935

DPP_18937

これは陶器センターの中。

DPP_18941

さらに東に行くと、たしかに遺構のようなものが。

DPP_18945

フスタートかどうかわかりませんでしたが、荒れ果てた遺構を眺められて満足です。
一応、ここも世界遺産なんだよね。

DPP_18946

ひたすら歩きます。さすがに暑いな。日差しが痛いほど・・

DPP_18932

マル・ギルギス通りに戻り、北に向かいます。

DPP_18951

ここで、急にモスクが現れます。

キリスト教会のすぐ隣に、イスラム教モスク。

不思議だけど、これが宗教のあるべき姿?

DPP_18954

アフリカで最初のイスラム教モスク「ガーマ・アムル」

アフリカで最初のイスラム教モスク。ガーマ・アムルです。

DPP_18955

中へは、靴を脱がないと入れません。

入場料は無料ですが、「~歩き方」には寄付歓迎とあります。

相場がわからなかったんですが、20ポンドを出すと、にこやかに招き入れてくれました。
(10ポンドで十分だったかな・・)

寝っ転がってる人たちがいっぱい。天井にはファンが。みんな、涼をとってるんでしょう。

時刻は午後3時。最も暑い時間帯です。

DPP_18965

さっき買った水は、あっという間にカラ。中庭では水も汲めるようですね。

DPP_18961

大丈夫かな・・ みんなも飲んでるんだから大丈夫でしょう。(何の根拠もなし)

空になったペットボトルに、冷たくはないけど、少しひんやりした水を注ぎます。

私も、だんだん大胆になってきました。

DPP_18963

それにしても、キリスト教の隣にイスラム教。宗教って不思議・・

DPP_18962

DPP_18957

DPP_18958

私も、寝っ転がって、涼をとります。ファンの真下なら、けっこう涼しいです。

外は35℃以上はあるでしょうから。

DPP_18960

オールドカイロの中にもキリスト教とイスラム教。

混沌としたカイロにふさわしい組み合わせですね。ここガーマ・アムルも、もちろん世界遺産。

この旅では、あと幾つの世界遺産に触れることになるのでしょうか。

暑さでボケッとした頭を、ファンが送る風で冷やしながら、夕方の予定を確かめます。

DPP_18966

タイトルとURLをコピーしました