【エジプト】1日目(その4) サルビーヤ通り ~ イスラム地区 2つのガーマ

モスクの日陰で休憩した私は、オールドカイロを後にし、イスラム地区のシタデル方面、その途中にある、ガーマ・アフマド・イブン・トゥルーン・モスクに向かいます。

距離にして3~4キロ。冬ならば歩けない距離ではないですが、ジリジリ照り付ける真夏の太陽に、体力を温存しておかなくてはなりません。

まだ、旅の初日ですから。

オールドカイロ ⇒ イスラム地区 カイロのタクシー初体験

というわけで、流しのタクシーを拾って、行くことにしました。地図でいうと、こんな感じです。

DPP_19333

流しのタクシーの相場を確認するのも好都合。距離からいって、10ポンド(でも高いかな)くらいに、照準を定めます。

というわけで、タクシーをとめて交渉するんですが、どの運転手も20ポンド以下には絶対まけない。

わずか、数キロですよ。観光客には、初乗り20ポンドなんていう協定でも作ったんだろうか・・・

でも、時間がもったいない。20ポンドで手を打ちました。(ま、120円ですからね)

この交渉、時間のない弾丸旅行者と、時間の有り余る地元民。

ハナから負けてるような気がする・・

ガーマ・アフマド・イブン・トゥールーン

と、いろいろ揉めましたが、たどり着いたモスクがコレ。途中、水道橋も見かけましたが、美しさに見とれて、撮り忘れました。

これも、もちろん世界遺産。カイロに現存する最古のモスクとのこと。

DPP_18967

向こう側に見えるミナレットに登るのが、ここに来た目的。

珍しいらせん階段のミナレットで、登れば、カイロの街の全容が見渡せるとのこと。

ところげ、修復中とのことで入場不可。

落胆しながら、ひと通り中庭を歩いて退散。

というのも、何か聞くと、そのたびにバクシーシ。

1回1回たいした金額ではないですが、小銭がなくなってしまう・・・

「サルビーヤ通り」 次々と現れるミナレット

さて、陽も傾いてきました。

ここから、シタデルに至るまで、サルビーヤ通りが通じています。

そこを、タラタラ歩いていきます。

DPP_18972

交通量が多く、またクルマも飛ばしているので、気をつけなくてはなりませんが、このサルビーヤ通りは面白い。

歩いていると、次々にミナレットが現れます。

DPP_18973

ミナレットだけでなく、大小さまざまなモスクも登場。

いやあ、これはすごい。ぜひ、歩行者天国にしてほしい(笑)

DPP_18975

通りの両サイドにミナレットが現れました。

「~歩き方」の地図によると、14世紀アミールシャイフによって建てられた修行場らしい。

DPP_18976

これは、何だろう?? 恥ずかしながら、名前がわからない。

しかし、はっきりいって、これは壮大な眺めです。だって、ここ、ふつうに街なかだよ。

これは、建物の形からいって、マスギド・カーニー・ベーイ・イル・ムハンマディらしい。

DPP_19046

ほんとうにすごい。これらの建築物の下を、騒々しくクラクションを鳴らして、クルマが行き交っています。

DPP_18977

DPP_18978

DPP_18979

地下貯水槽ですね。砂漠気候で雨の降らないカイロ。水は大事なものです。

DPP_18980

サラーフッディーン・アイユービー広場に到着。向こう側にシタデルが見えてます。

DPP_18984

今日最後の見学は、この2つのモスク。
手前のガーマ・スルタン・ハサンと、奥のガーマ・リファーイー。

DPP_18983

ガーマ・スルタン・ハサン

世界最大級のイスラム建築だそうです。

DPP_19047

やっぱり、入り口付近では、物々しい警備。でも、必要だよね。

DPP_19048

ミナレットの高さは90ⅿ近くあるとのこと。

DPP_19049

ここの入場料は40ポンド。警官がチケット販売を兼ねていたためか、バクシーシはありませんでした。

DPP_19043

スルタンと聞くと、イスタンブールにも、スルタン・アフメットってあったな、なんて思い出しますが、イスラム教の最高権威者カリフが授与した政治的権威者の称号だそうです。

DPP_19000

なんか、イランのモスクの模様を思い出しますね。

DPP_18988

DPP_18990

DPP_19050

中庭には、貯水槽があります。正八角形だそう。

DPP_18995

建築は14世紀とのことですが、よくまあ、こんな巨大なものを。

DPP_19051

DPP_18992

巡礼者より観光客の方が多いですね。時間帯にもよるんでしょう。

DPP_18994

DPP_18997

このモスクには、ファンが回ってない。だから巡礼者がいないのかな(笑)
かなり、暑いです・・

DPP_19052

ガーマ・リファーイー

16時の退館時刻が迫って、スルタン・ハサンの外に出ました。

ちなみに、靴下が真っ黒になりました。

となりのガーマ・リファーイーの開館時刻は16時半まで、入りましょう。

DPP_19053

DPP_18999

ここは、入場料ではなく、寄付で入ります。

DPP_19005

DPP_19004

DPP_19006

こちらは、20世紀に入ってからの建築で、さすがに新しいですね。

DPP_19007

椅子も新しい(笑)  ファンも回ってるので、しばし休憩。

DPP_19009

外は、ものすごい暑さですが、不思議とガーマの中は涼しい。

これも、古代エジプトからの知恵でしょうか。こんな風に造れば涼がとれる、みたいな。

DPP_19054

DPP_19010

休んでいると、モスク管理人のような人が近づいてきて、お墓を見せてやるから来な、と。

DPP_19011

当然、その後、バクシーシを要求されました。

バクシーシの相場がわからないのですが、もう細かい紙幣がなくなって、10ポンド紙幣(60円)を進呈。

DPP_19012

外に出ると、シタデルが目の前に。あの中は、明日行く予定です。

DPP_18986

時刻は17時前ですが、まだ旅の初日。あんまり頑張りすぎて、後の日程に影響しては本末転倒。

タクシーを拾って、ホテルに帰るとします。

DPP_19014

サラーフッディーン・アイユービー広場 ⇒ タフリール広場 夕方の渋滞

通りに出て、タクシーを待ちます。

ちなみに、超余談すぎて、何のこっちゃですが、

私、荒木飛呂彦先生の「ジョジョの奇妙な冒険」の信者です。

今回の旅も、エジプトがジョジョ第3部の舞台という点で、特別な感慨が・・・

例えば、あの建物こそ、「DIOの館ではないかァァァァァ・・」、てな感じです!(^^)!

ですので、これから、随所にジョジョネタが登場してしまいますが、ご興味の無い方は、無視してください。

DPP_19016

タクシーは、ここからタフリールまで30ポンド(180円)を要求。

仕方ない・・ ヤレヤレだぜ(笑)

DPP_19019

夕方のカイロの街。

DPP_19017

エアコンなしタクシーだけど、夕方になれば、少しは暑さも和らぎます。

DPP_19018

DPP_19023

おいしそうなパン。そういえば、ランチ食べてない。ずっと水飲んでた午後でした。

DPP_19025

DPP_19026

どこをどう走っているのかわかりませんでしたが、都心に近づくと、夕方の渋滞。

DPP_19027

DPP_19028

クルマが全然動かなくなって、クラアト・ハルブ広場でタクシーを降りちゃいます。

ここからタフリールは、歩いてすぐです。

DPP_19032

それにしてもすごい渋滞。毎日、こんな感じなの?

DPP_19033

ホテルに帰る前に、ビールを買っておこうと思い、小店を何か所かたずねるも、ナッシング。

エジプトじゃ、そう簡単にはビールは手に入らんよね。

DPP_19035

とりあえず、ホテルに戻ります。

でも、ビール問題を何とかしないと。私、ビール党でも何でもないんですが、この汗の量。

無性にビールが飲みたくて仕方ありません。

DPP_19037

部屋に入って、シャワーを浴びます。水しか出ません(笑)

現在のカイロの気温が36℃。日中は、37~38℃ぐらいあったんでしょう。

DPP_18773

ホテルの召使い? & ナイトビュー

ベランダからは、ナイル川の向こうに真っ赤に燃える太陽が沈む瞬間が・・

DPP_19062

DPP_19063

夕陽に見とれていると、部屋がノックされます。

正式なボーイかどうかは知りませんが、何か用はないか、と聞きに来たとのこと。

ビールを売ってる店を知らないか?と聞くと、買ってきてあげる、とのこと。

デカいのを2本、駄賃込みで100ポンド(600円)で手を打ちました。

店は遠いのか、30分ほどして帰ってきたボーイからエジプトの「ステラビール」を受け取ります。

エジプトは、このステラビールが有名らしいんですよね。

一応、感謝の意を表して受け取ると、「黙っててほしい」と口にチャック。

それが、多めの賄賂をもらったことに対してか、ムスリムなのにビールを買ったことに対してか、よくわかりませんでしたが、了解しました。

グッと飲み干すエジプトのビール! 格別です(*^^)v

DPP_19073

さて、陽も沈んで、夕食どうしましょうか。外を歩きます。

ちなみに危険な感じは全然しません。

人通りの少ない通りを、たった一人で歩く、なんてことをしなければ大丈夫でしょう。

DPP_19064

汗ばっかりかいたせいか、あんまりお腹すいてません。軽くサンドイッチでいいでしょう。
Mサイズをオーダー。

DPP_19060

何かいれるか、とか聞いてきますが、面倒なので、全部入れてくれ。

DPP_19059

このドネルケバブ・サンドイッチともいうべき、これ。超おいしかったです。

14ポンド(84円)なら、毎日これでもいいね。ビールにもよく合います。

DPP_19066

窓の外は、すっかり夜。

DPP_19068

けたたましいクラクションが途切れることがありません。

DPP_19070

ナイル川の上空に昇った月。

DPP_19072

旅の初日から、いきなりエキゾチックでした。さすがエジプトって感じです。

明日は、早起きしてピラミッドです。早く寝ましょう。

しかし、初日から歩き過ぎた・・ 疲れた・・

タイトルとURLをコピーしました