【エジプト】5日目(その3) ラメセス3世葬祭殿 ~ 夜のルクソール神殿

ウエストバンクのお墓巡り。最後はラメセス3世葬祭殿です。

DPP_21075

ラメセス3世葬祭殿の巨大レリーフ

このチケットだったよな? 買ったチケットが多すぎて、どれがどれだかわかなくなるというマヌケぶり。

DPP_21279

いきなり、すごいレリーフです。

DPP_21078

また顔つぶしてるし・・

DPP_21079

DPP_21082

DPP_21083

紀元後には、一時的にコプト教徒の町になったこともあるらしい。

DPP_21085

DPP_21086

堀の深いレリーフが美しいです。

DPP_21087

DPP_21092

半分、思考停止状態になって、あてもなく徘徊します。

繰り返すけど、夏のエジプトは舐めちゃいけない・・

DPP_21095

彩色が残る石柱に天井。顔料がわずかに残る美しさ。

DPP_21096

それにしても、よく風化しないものです。乾いた空気は、風化しにくい・・?

逆のような気もするけど。

DPP_21098

手を突っ込んで遊んでる欧米人。

DPP_21100

ひと通り見学し終えたところで、体力の限界。

DPP_21102

水を買って、おじさんのクルマに駆け込みます。

汗が全部渇いてるから不思議。水を飲んでは汗になり、汗が出るからまた飲む。

汗が大量に出るので、トイレに行きたいとも思いません。これも不思議・・

今日は、朝からミネラルウオーター4本目です。

DPP_21103

ナイル川を渡ってホテルでお昼寝

運転手から、「オレの家で紅茶でも飲もう」と言ってくれるんですが、私の体力は限界。

辞退して、船着き場に送ってもらいました。

「~歩き方」に、一度にたくさんの遺跡を見るのは無謀。

昼には休憩を入れないと、後の日程に支障をきたしかねない。とありましたが、その理由が、実体験でわかりました(笑)

40度以上の気温の中で、一日中遺跡めぐりするなんて、ほんとに無謀そのもの。

 

現在14時。いったんホテルに戻って、休憩しましょう。

DPP_21105

ナイル川の風が気持ちいい。

DPP_21106

DPP_21109

今日は金曜日。エジプトの休日のはずですが、意外にも、東岸と西岸の行き来があります。

DPP_21110

半日ぶりに東岸に帰って来ました。

DPP_21111

これですよ、この太陽。人類の恵み、そして敵意むき出しの太陽(と、言っていいのかわからないが)

悪いことは言わない、ホテルで休憩だ・・

DPP_21116

部屋に戻るなり、クーラー全開。

水のシャワーを浴びて、Tシャツも洗濯。

冷水シャワーで、体温を極限まで落として、温もり?の残る部屋へ。

素っ裸のまま、ハイネケン最後の1本を飲み干し、いつの間にか眠ってしまいました・・・

 

ミイラの夢は見なかったけど、起きたのが16時過ぎ。2時間弱の昼寝。

真昼間からビールをあおって、クーラーガンガン効かせて昼寝、快感でした(*^^)v

 

さて、明日は帰国する日。

ルクソールの街を、もう一回りしましょう。

DPP_21117

夕方のルクソール散策

自転車でも借りて、高級ホテルやレストランの並ぶアオメイヤ地区にでも行ってみるかと思ってましたが、暑さに負けました。

DPP_21118

市街中心部を、昨日歩いてない通りをのんびり散策。

DPP_21121

DPP_21122

DPP_21124

一眼レフを肩から下げて歩くんですが、撮ってくれ~、という人がなんと多いこと。

DPP_21126

一昔前は、カメラは魂を奪うものと考えられていたようですが、素直に文明の利器に感謝しようよ。
写真って、いい思い出になるって。

DPP_21127

あてもなく歩いてたら、いつの間にかルクソールの駅前に。

DPP_21130

ちょうど、今列車が到着したのかな。構内から、はきだされる乗客たち。

DPP_21131

マップにクレオパトラ通り、というのがあったので、歩いてみます。

DPP_21135

どこがクレオパトラなんだか(笑)

DPP_21136

DPP_21137

このクレオパトラ通りを、ぶらぶら歩いてると、向こうから歩いてくる東洋人女性。

「ジャパニーズ?」「そうです」「よかったー!」

20代の日本人女性の一人旅でした。

昨日今日の情報を一通りお伝えして別れました。

あんな若い頃から、一人旅ができるなんて羨ましいな・・・

DPP_21139

DPP_21140

アラバスタ・ファクトリーの交渉

ところで、ここルクソールはアラバスタという大理石の生産地。

ホテルのフロントで安く買えるところ知ってる?と聞くと、案内されたアラバスタの工場。

ところが、完全に観光客価格。とんでもなく高い!

DPP_21141

先方は、どうしてもトータルの買い付け価格を100ドル以上にしたいのが見え見え。

でも、記念に欲しいので、一番安いアヌビス神のアラバスタを、20ドルで手に入れました。

ちなみに、背後に映ってるピラミッドは、帰国直前の免税品店で買ったもの。こちらは7ドル。

DPP_21508

アラバスタ・ファクトリー?で、交渉に疲れて、外に出ると、夕闇迫る空。

DPP_21142

明日は帰国。
おそらく、エジプトで見る最後の夕日。

何度見ても、美しいものは美しい。感動ものです。

DPP_21145

ライトアップされたルクソール神殿

ホテルの部屋に戻って一休み。少しまどろむと、夜になってました。

ライトアップされたルクソール神殿でも見ようと出かけます。

これは、ホテルの隣のコプト教会。

DPP_21148

1人ではないけど、夜に女性がふつうに歩いてるんですから、ルクソールは、おおむね安全な街と言えそうです。

DPP_21150

おお、ライトアップされてますね。

DPP_21149

ラメセス2世の顔も浮かび上がっています。

結局、この神殿は中に入らずじまい。まあ、外見を十分見学できたので、いいんじゃないかな。

DPP_21151

石柱も輝いてます。

DPP_21156

背後には、ウエストバンクの夜景。

こちらもライトアップされてますね。

DPP_21159

DPP_21162

DPP_21164

DPP_21165

これ、毎晩の行事なんだよね。電気代かかってそう。

アスワンハイダムの恩恵かな。

DPP_21166

DPP_21167

DPP_21168

DPP_21170

ひと通り散歩して、夕食がまだだったことに気づきます。

ちょうど、目の前にマックあるし、マックでいいか。

DPP_21174

ボラれてるからかもしれないんだけど、街なかでふつうにケバブ食べると、40ポンドとか言われることがある。飲み物つけると50ポンドを超す。

マックは、ビッグマックセットが50ポンド(300円)。マックの方が安いんだよね。

マックには観光地価格とかないからかな。

DPP_21173

フィレオフィッシュセットにしました(笑)

あんなデッカイコカ・コーラがついて40ポンドだもん。

エジプト全体がインフレ気味だから、国際チェーンの価格との逆転現象が起きてるんでしょうか。

DPP_21175

エジプト一人旅、最後の夜はステラビール。

ホテルの隣に、お酒売ってる店がありました。

あっというまの5日間だったな・・・

DPP_21176

そろそろ、帰国後の仕事の段取りが、頭にチラつきはじめますが、あと1日、異国の空気を思いっきり楽しむとします。

今日は、日中に2回も昼寝。今までの旅では考えられないことでしたが、おかげで、夜眠れません。

いけないことだったんでしょうけど、ほろ酔いで、もう一度ルクソールの夜の街を散歩しに行きました(*^^)v

タイトルとURLをコピーしました