【エジプト】1日目(その2) カイロ空港から市街地までの移動に勝手に苦労する?

香港から11時間半。イスタンブールのアタチュルク国際空港に到着。

DPP_18661

アタチュルク国際空港 早朝のトランスファー

いやあ、懐かしい、1年ぶり。

まだ、エジプトに上陸していませんが、気分はかなりハイになってます(笑)

DPP_18698

そして、トランスファーの警備ね。昨年も経験しました。

私は、ipadなどすべて預け荷物にしたので、簡単なチェックで終わります。

DPP_18663

保安検査を終えてゲートの確認。

なんと、香港に続いてまた210ですか。210に縁があるなあ。おっ、テルアビブもある、ほんと懐かしい。

DPP_18699

そんなに時間はないんですが、ロビーをちょっと散歩。

DPP_18700

DPP_18701

朝5時でこの活気ですよ。成田空港さんも、少し見習ったら(笑)

DPP_18703

では、210ゲートに向かいます。

その前に、私もデューティフリーで、小さめのシーバスリーガルを仕入れておきました。

エジプトのアルコール事情が分からないための避難措置。エジプトなのでスコッチにしました(こじつけです)

DPP_18705

DPP_18706

イスタンブール ⇒ カイロ 初めて見るアフリカ大陸へ

カイロが27℃ってこと? いや、イスタンブールだよね。

DPP_18707

カイロの気温は、ターキッシュエアラインのアプリによると、40℃とのことですから(*_*)

DPP_18772

陽が登りはじめたアタチュルク国際空港。

DPP_18710

定刻通りにフライト。すぐに朝ごはんが配られます。

DPP_18714

サンドイッチにヨーグルト。グッドです。

DPP_18716

トルコ上空を縦断し、地中海上空へ。

DPP_18736

そして、生まれてはじめて見る、アフリカ大陸。

DPP_18740

ナイル川の中州?

DPP_18742

カイロの街並み? すべてが新鮮で、ドキドキ!

DPP_18743

着陸態勢に入りました。

DPP_18745

うわー、砂漠の中って感じ。

DPP_18748

カイロ国際空港到着  簡単なイミグレ&苦労した両替

小ぎれいなカイロ国際空港。まだ、エジプトの感触はありません。

DPP_18719

ほんとにきれいだ・・

DPP_18723

さて、まず、エジプト入国の第一関門。

ていうか、全然大したことはないんですが、要するにアライバルビザの取得。

ふつうに25USドル払えばもらえます。なんの審査もない。

これ、ビザというより、入国税みたいなもん??

DPP_18725

もらったビザ。

どうすればいいのかまごついていたら、イミグレの人が後ろの紙をはがしてパスポートに貼り付けて、その上に入国スタンプ。なるほど。

しかし、逆さまに貼り付けやがった(ーー;)

ちなみに、入国にあたって、何の質問もなし。日本人だから??

とにかくこれで、19カ国目の訪問国となるエジプトへ入国完了

DPP_18752

そして、預け荷物を受け取って、到着ロビーに出ます。

DPP_18727

とたんに群がる、タクシー運転手に、自称ガイド。これが、すさまじい・・

「地球の歩き方」に、これでもかってくらい書かれていたので覚悟はしていましたが、すごい商売根性です。

ま、たった一人で、バッグをかついで出てきたのは私だけですから、格好のターゲットになったんでしょうが。

 

さて、まずは、なにをおいても両替。これがないとはじまりません。

ところが、到着ロビーに1つだけある両替窓口は開いてるのに、受付けてくれない。

「Why?」と聞いても要領を得ず。

すかさず、自称ガイドたちが、私にすり寄りますが、ここで、こいつらに聞いてしまうと「バクシーシ」の嵐になるとこれも「~歩き方」に書いてあるので、いっさい相手にしません。

 

しかし、困った・・ 両替ができない・・ 空港職員の誰に聞いても、知らん、の一点張り・・

なにコレ、ここ国際空港でしょ? まったく・・

仕方なく、クレジットカードで、キャッシング。とりあえず1,000ポンドぐらいあればいいかな。

1ポンドは6.1円。1,000ポンドは6,100円くらいです。

DPP_18780

そして、到着ロビーの外に出ます。アライバルの客がはけたので、「タクシー! タクシー!」の嵐もだいぶ沈静化。

「地球の歩き方」によれば、空港からカイロ市街までは約22キロ。

タクシーで50~100ポンド(つまり300円から600円)とのことですが、まだ上陸したばっかりの身。

物価に慣れさせるために、公共交通機関で行くつもりです。

タクシーは「200ポンド!」(1,200円)とか平気で行ってくるし・・

DPP_18728

カイロの中心「タフリール」行きのバスが見つからない・・・

ここは、多くの飛行機が発着するターミナル3。

ターミナル間のシャトルバスに乗れば、途中に、市街行きのバスターミナルがあるとのこと。

つまり、空港にバスターミナルがないんですね

DPP_18729

そして、ひたすらシャトルバスが来るのを待つんですが、なかなか来ない。

空港職員に聞いても、そのうち来る、と。

そして、よし来たぁ~、と思ったら、そのまま素通り。

さっきの空港職員は、開けっ放しだったドアから、飛び乗っちゃいました・・(あぜん)

ふつうに、止まって乗せてくれればいいのに・・ なにかと流儀の違う国に来たようですね。

そして、再び待つこと20分。現れたシャトルバス、減速した瞬間を見計らって、飛び乗ります。

ちなみに、走っているバスに飛び乗ったのは、生まれてはじめての経験です。

DPP_18732

そして、ようやく、たどり着いた空港のバスターミナル。

そして、カイロの中心、タフリール広場に行くバスを探します。

それにしても、暑い・・  このへんから、タクシーで行ってしまえばよかったな、と後悔しはじめています。

(だって、市街まで200ポンドだって1,200円です。時間をカネで買わなくちゃぁ~)

DPP_18756

「地球の歩き方」に出てる、タフリール広場行きのバス356、27、400といったバスは、まったく見つからない。

そして、私の発音する「タフリール」も通じない・・・

タフリール広場には、有名な「エジプト考古学博物館」が隣接しているはず。

なので、「タフリール」が通じなかったら、「ミュージアム」と言おうか、と考えます。

 

それにしても、だんだん、めげはじめて、疲れ切って、ベンチに腰を下ろします。

DPP_18757

なかなか、手ごわい国に来たようだぞ・・・

DPP_18763

よほど、空港まで引き返して、タクシーで行こうかとも考えましたが、それは悔しい。

そのうちに、親切なエジプト人が、「タフリール?」と聞いてきて、これだ!と教えてくれました。

「~歩き方」に出てた番号のバスではありませんが、とりあえず信じて乗りましょう。

違う場所に行ってしまったら、それはそのとき。

考えてみれば「~歩き方」もTSUTAYAで買った古本。最新情報ではないのかも・・

DPP_18764

DPP_18758

乗り込んだバスはエアコンなし。ドアも開けっ放し。

ていうよりエアコンバスなんて走ってるんかいな。全然見当たりません。

一番前に座ってたお兄さんに、「タフリール?」と聞くと「行くよ」といってくれたので、大丈夫でしょう。

空港に着いてから、2時間近く経過しちゃいました。

DPP_18760

窓を全開にして、風を引き入れます。

すごい暑さですが、蒸し風呂という感じではない。空気が乾燥してるからかな。

それにしても、年代モノのバスだ。

DPP_18765

とりあえず、これで、ホテルまで行きましょう。

予約してあるホテルは、タフリール広場のすぐそばにあります。

ところで、また心配が・・

キャッシングしたばかりなので、小銭を持ってない。ま、なんとかなるか・・

とにかく、猛暑の中、エジプトの旅がはじまりました。

タイトルとURLをコピーしました