【エジプト】4日目(その1) ナイル谷の遺跡巡りⅠ ~コム・オンボ神殿~

エジプトの旅も、4日目に入り、もう折り返しです。

DPP_20232

時間に縛られることなく、旅を楽しんでる人をうらやましいな、と思う一方、時間に縛られてるからこそ、知恵を絞って工夫する。

だから、楽しいし、いつまでも記憶に残るんだ、と、早朝のナイル川の上空に浮かぶ月を眺めながら、ふと思います。

DPP_20233

悠々と流れるナイル川。

DPP_20234

あらためて、4大文明の一つに、足を踏み入れることができたことに喜びを感じます。

アスワン ⇒ ルクソール 独占ツアー?スタート

今日の予定は、ナイル谷(ナイル バレー)に沿った遺跡を2つ見学して、ルクソールに向かいます。

DPP_21183

アスワンとルクソールの間は約200キロ。

この間の公共交通機関は、鉄道しかないに等しく、効率よく訪れようとすると、結構苦労します。

時間も節約しなくてはならないし、思い切って、ツアーに参加しました。

アスワン⇒ルクソールの一方通行だし、1人での参加ということで、かなり割高(2万円くらい)ではありましたが、コム・オンボ神殿と、エドフのホルス神殿を見学して、ルクソールに昼過ぎに到着するためには、仕方ないと割り切りました。

永遠のナイル川を眺めて、2万円くらいケチケチするな、と自分に言い聞かせます(笑)

DPP_20236

ということで、残念ながら、ここアスワンからは、もう旅立ってしまいます。

この、マルハバ・ホテル。スタッフも、とても親切だったので、もう少しいたかったのですが、いつも通りの弾丸日程。仕方ありません。

でも、アスワン。他にも見きれない遺跡は、まだまだあるし、次の機会にとっておきましょう。

そのときは、このホテル、また利用させてもらいます。

ツアーの出発は6:30ということで、6時前には起きて待機してましたが、そのうちに太陽が昇り出し、今日も、相変わらずの暑さのようです。

DPP_20237

部屋の電話が鳴り、ガイドが来たとの知らせ。

降りて行って、半日お世話になるガイドさんと運転手と握手。ガイドさんは、ジョジョ3部の勇者5人のうちの一人の名前と同じでした(なんのこっちゃ・・)

ホテルは、朝食をとらない私のために、紙箱詰めのサービス。ほんとに親切なホテルでした。

そして、ツアー参加者は何人?と聞くと、なんと、私だけ。

では、快適なエアコン車で、ナイルバレー沿いの旅に出発です。

DPP_20238

出発してすぐ、ドリンク何がいい? モーニングコーヒーにしておきます。

外を眺めると、さっそうと歩く女性に、だらしなく横たわる男ども。

いくら暑いからって、もう少ししゃんとしろよ、まったく(^.^)

DPP_20248

頂いたコーヒーは、昨日飲んだのと同じ、粒子の粗いコーヒーでした。

DPP_20249

ナイル川沿い 快適なドライブ

では、本格的に出発。

最初の目的地は、ここアスワンから、46キロほどナイルを下った、コム・オンボです。

DPP_20264

道路は、こんな感じに、ずっとナイル川沿いです。

DPP_20256

砂漠なのに緑が映える、不思議。ナイルの治水?

DPP_20260

ヌビア村はもう過ぎてしまったと思うけど、ナイル対岸の村です。

DPP_20271

ガードレールなんかない。
ちょっと居眠り運転したら、ナイル川にジャポンだね。

DPP_20272

何かの遺跡かもしれません。

DPP_20276

早起きしてクルマを洗うおじさん。
ていうか、外国で、クルマ洗うシーン、初めて見かけた気がする。

DPP_20278

けっこうきたかな、と思うけど、まだアスワン郊外。

その証拠に、スピードを減速させるキャッツアイが連続してます。

運転しにくいだろうなあ。だから、スピードはあげられなくて安全なんだろうけど。

DPP_20280

チェックポイントがありました。

ここでも、警察による物々しい検査。

ガイドの証明書を持つガイドに運転手。それに、後部座席には、あきらかにふつうの観光客という私。

どう考えても、テロ組織であるはずがないのに、徹底的に調べられます。

前にも書いたように、エジプトでは、テロが頻発。

テロなどに今のところ無縁な日本などでニュースを見ると、「大変だな・・」と思うと同時に、警察の緊張感も切れちゃってるのかな・・」などと、とんでもない想像をしてしまいますが、今までのところ、それはまったくの誤解。

エジプトの警察官は、必死です。

空港、鉄道、幹線道路、テロ組織が往来しないように、必死に目を光らせています。

DPP_20282

いよいよアスワンにお別れ。

DPP_20283

キャッツアイがなくなり、快適な乗り心地に。

ホテルで作ってもらったお弁当を開けます。

シンプルだけど、これ以上ない朝食。あっというまに平らげます。

DPP_20285

アスワンからルクソールまでは、鉄道も並走しています。

スリランカもそうだったけど、イギリスの支配が入ってる国って、鉄道が整備されてますね。

DPP_20288

踏切。意外にも無人ではありません。

DPP_20311

列車が登場。カイロからの夜行列車かな。

DPP_20292

列車の旅もまた味がありますが、これは次の機会に。

DPP_20297

アスワンから1時間。コム・オンボの街に入ったようです。

DPP_20305

コム・オンボ神殿の見事な石柱&レリーフ

ガイドさんから、チケットを渡されます。

DPP_20313

クーラーのガンガン効いたクルマから降りると、うわ暑い。

まだ朝の7時半ですが、太陽光線もかなり強くなっています。

DPP_20314

出ました。コム・オンボ神殿です。

ローマ帝国時代に建設された神殿とのことですが、入り口が2つあるのが特徴の一つ。

DPP_20315

中に入ると、いきなり目に飛び込む、象形文字。

DPP_20318

これは、面白い。誰か翻訳してくれると、興味深いんだけど。

DPP_20319

と思ったら、さすがガイドさん。

この、唇みたいのは「&」という意味、ニョロニョロはナイル川の意味、とかいろいろ教えてくれました。

DPP_20322

ヤマタノオロチみたいのとか、他にも教えてもらったんですが、不覚にも忘れてしまいました(笑)

DPP_20324

立派な石柱。この保存状態、ちょっと信じられない。

だって、観光客、さわり放題ですよ。

DPP_20327

このレリーフの状態にも驚き!

左側のオオカミみたいなのアヌビス神かと思ったら、ワニのセベク神とのこと。

DPP_20330

石柱の量感にも圧倒されます。

DPP_20331

この神殿は、ハヤブサのホルス神と、ワニのソベク神のために建てられたもの。

どうも、ガイドさんの説明では、ホルス神が良くて、ソベク神が悪者みたいな感じでしたが、あってるかな?

DPP_20333

王様が聖水をかけられているシーン。

左側がトト神、右側がホルス神。ホルス神って、いつも右側にいます。

DPP_20335

後から知ったんですが、一番左は、クレオパトラ? ホント?

DPP_20336

これはカレンダーらしい。
さすが、ナイル氾濫の時期を予測した文明!

DPP_20338

これは赤ちゃんの誕生をイメージしたレリーフ。

DPP_20340

それに、数多くの医療器具。この神殿は、出産にも特化していたとか。

DPP_20342

天井にも、色の付いた興味深いレリーフ。

DPP_20341

ガイドさんが丁寧に教えてくれますが、語学力がないのが悲しい。
(いつも思うこと・・こりゃ、まじで、勉強した方がいいな・・)

DPP_20345

DPP_20346

ライオンが手を食べてる様子。

DPP_20347

棺、かな?

DPP_20349

ガイドさんの説明が一通り終わり、自由時間。

DPP_20351

DPP_20353

1つ1つ見てたら、時間を忘れそう。

やっぱり、エジプトの遺跡はすごいね。規模といい、保存状態といい、ルーツといい、ハンパないです。

ただし、暑いですが・・ 太陽が上がりきり、もう40℃を超えてそうな雰囲気。

DPP_20354

DPP_20356

このボリューム感。
アヌビス神のスタンドよ。こんな立派な石柱、ぶった切ったらマズいだろ(笑)

DPP_20360

DPP_20361

足元に、私の汗がタラタラ。

DPP_20364

DPP_20365

DPP_20366

これも、クレオパトラかな? よく聞いておけばよかった。

DPP_20368

おっと、スタッフ登場。

また、バクシーシだろ。ま、そういう文化だし、郷に入らば郷に従えです。

DPP_20369

どうせ、バクシーシなら、撮ってもらっちゃいました。

DPP_20378

DPP_20384

でも、みなさん、いい人。

DPP_20389

そんなに広い神殿ではないですが、レリーフが多いので、興味のある人は、相当時間かかるかも。
内容を理解していない私でも、すごく楽しめます。

DPP_20391

DPP_20392

廊下が二重構造になっているので、陽の当たらない場所もあります。

DPP_20394

おや、観光客来てたんですね。

DPP_20396

これなんかすごい、今彫ったって感じ。

DPP_20397

このふくらはぎとくるぶしの肉感、これは芸術ですね。

DPP_20400

ぶらぶら楽しんでましたが、暑さでめまいがしてきました。
(また、水を持たず・・・ クルマの中に置いてきた・・  そのうち死ぬぞ・・)

DPP_20402

我慢して、歩き回ってましたが、完全に脱水症状気味。

ガイドさんのところに戻りましょう。

DPP_20403

戻る途中に、もう一回カレンダーを鑑賞。

DPP_20406

ナイロメーター。これで、ナイル川の水量を測ったとのこと。

DPP_20408

いや、すごかった。

こんな、膨大なレリーフ、1度に見たのは初めて。

コム・オンボ神殿、来てよかったです(*^^)v

DPP_20413

ガイドさんに合流。

DPP_20414

ナイル川沿いに、クルマに戻ります。

DPP_20415

コム・オンボ神殿は、ナイル川のすぐそば。

DPP_20416

さっきの観光客も、ナイル川クルーズの途中に立ち寄ってみたいでしたね。
そういえば、ジョースター一行も、船で立ち寄ってました(笑)

DPP_20418

徐々に観光客増えてるようです。

DPP_20419

では、コム・オンボ神殿、さようなら。

DPP_20420

これが、今回のツアーで、私を運んでくれるバン。

転がり込むように、車内に入り、水を飲みほします。

気がきく運転手、クーラーをきかせててくれました。

DPP_20422

なめちゃいけない、エジプトの夏(+o+)

次は、エドフという街のホルス神殿です。

タイトルとURLをコピーしました