【エジプト】4日目(その2) ナイル谷の遺跡巡りⅡ ~傷だらけのホルス神殿~

さて、コム・オンボを出発。次なる街、エドフへ向かいます。

ガイドさんによれば、コム・オンボ神殿より、ホルス神殿の方が大きいらしい。

コム・オンボの次がエドフなんて、まさにジョジョ聖地巡礼!

コム・オンボの町 朝の風景

DPP_20436

コム・オンボの街を出る際、マーケットを横切ります。

自宅の献立を考えながら、商品を物色するニカブ(顔は出てるけど)を体を覆う女性たち。

DPP_20437

すごい迫力だと思います。民俗学や宗教を学びたくなる瞬間。

エジプト9栄神の一味が紛れ込んでるかな(笑)

すごい活気で、クルマなんか全然前に進みません。

DPP_20429

コム・オンボの街。

DPP_20427

豊かな食糧。

DPP_20432

このあたりも、まだヌビア地方にあたるんでしょうか。

街行く人たちは、おそらくヌビア人。

DPP_20433

ヌビア地方は、世界で最も日照率の高い地方だそうです。

今日もカンカン照りです。

DPP_20435

DPP_20440

鶏を物色してるのかな。

DPP_20443

黒だと、日光を吸収して、すごく暑くなるような気がするんですが。

DPP_20445

鶏は卵を産ませるため? それとも、食べるため?

DPP_20447

興味深い、コム・オンボのマーケットでした。

DPP_20448

郊外に出て、クルマも速度を上げます。

ときおり現れるモスク。

DPP_20453

DPP_20459

DPP_20460

ずっと、線路に沿って北上していきます。

コム・オンボからエドフまでは、1時間くらいです。

DPP_20467

列車の通行が思いのほか多い。しょっちゅうすれ違います。

外国人を、ふつうに乗せてくれたら、ナイル谷の遺跡も、簡単に回れたんでしょうけど。

でも、外国人をふつうに乗せたら、観光警察の警備が追い付かないんだろうな。

DPP_20474

エドフの町

エドフの町が見えてきました。

エドフは、ナイル川沿いの街には珍しく、両岸にまたがっていて、遺跡は西岸にあるとのこと。

クルマも、ナイル川にかかる橋を渡ります。

DPP_20480

エドフの街に入りました。

DPP_20481

こういう小さな町も、ゆっくり歩いてみたいですね。

DPP_20486

DPP_20488

巨大なホルス神殿

神殿に着きました。さすがに、駐車場が広い。

しかし、観光客は多くはありません。

DPP_20489

入り口のミニスフィンクス。

DPP_20492

遠くからでも見える塔門。

DPP_20493

巨大な塔門。

DPP_20495

DPP_20496

DPP_20498

さすがにデカい塔門。高さは36mとのこと。

エジプトでは、カルナック神殿に次いで、2番目に大きい神殿。

ちなみに、左右対称の壁画とのことで、ホルス神の前で、王様が敵をやっつけているシーンとのこと。

ガイドさんから説明がありましたが、これ以上は、語学不足の私には不明(笑)

DPP_20499

造られたのは紀元前で今から約2,000年前。

そして長い間、砂に埋もれてました。発見されたのは1,860年のことです。

DPP_20500

中庭に入ります。

DPP_20501

おお、いた、いた、ホルス神。ハヤブサですね。

コム・オンボ神殿にもいたけど、こっちのは神像です。

DPP_20502

ホルス神像は、観光客がじゃれあっていたので、先に内部の石柱やレリーフを見学。

DPP_20507

天井部が黒くすすけてるのは、昔台所として使っていたからとか。

DPP_20510

気になるのは、削られたレリーフも、決して少なくないこと。
偶像崇拝を嫌う輩の仕業でしょうか。

DPP_20509

これなんか、顔をつぶされちゃってます。

DPP_20513

遺跡の奥の至聖所には、聖舟。レバノン杉で作られたとのこと。

レバノン杉とは、レバノンやシリアの高地で育った杉で、伐採が進み、いまは保護状態。

レバノンの国旗にも使われているデザインとのこと。

DPP_20515

ホルス神殿だけあって、どこもかしこもホルス神だらけです。

DPP_20511

そして、数々の象形文字。

DPP_20512

顔料の残るレリーフもいくつか。

DPP_20516

DPP_20521

たしかに、ホルス神殿の方が、規模は大きいけど、こうやって、顔を削られてるのは、見るに堪えない。

コム・オンボ神殿では、あまりそんなことはなかったのに。

DPP_20526

ナイル川を表すニョロニョロも、数が違うのもあるんですね。

DPP_20531

これは綺麗なホルス神。

DPP_20533

昼近くなって、暑さもピークに近くなりました。

神殿の石畳に、流れる汗がポタポタ落ちます。

DPP_20540

DPP_20545

一回りして、中庭に戻ってきました。

DPP_20546

凛々しく直立するホルス神。

エジプトでは人気の神で、エジプト航空のデザインにもなってます。

DPP_20548

じっと見つめてると、ペットショップが襲ってきそう(笑)

DPP_20549

時間もあるので、もう一回り。

このアングルだと、天井の黒すくみがわかりやすいですね。

DPP_20552

DPP_20580

DPP_20571

DPP_20572

DPP_20576

だから、顔を削るなって・・
保存状態は確かに良いですが、傷だらけですね・・

DPP_20582

顔を破壊するなって・・  やれやれだぜ。

DPP_20588

結構広い中庭。

DPP_20583

ナイル川からの風が、常に吹いてるので、日陰は、ちょっぴり涼しさも感じます。

DPP_20584

写してはいませんが、スタッフも何人かいます。

すぐに、声をかけられますが、バクシーシで払う小銭がもうないので、敬遠。

DPP_20587

DPP_20591

DPP_20592

肌を露出しすぎの欧米人。

この日差し、大変なことになっちゃうよ。

DPP_20594

そろそろ、引き上げますか。

私の体力も、そろそろ限界です。

DPP_20597

ホルス神殿の見学も終わり。

コム・オンボ神殿と合わせた2つの遺跡見学ミニツアーも終わりです。

ツアーを利用しなければ、半日で巡るのは難しかったでしょう。

それに、レリーフや膨大な象形文字が刻まれた数々の石板。

一生の思い出になりました。ほんとに、参加してよかったです(^_^)

DPP_20600

駐車場へ向かいます。

よくわかりませんが、こういうところで、服を売って売れるのかな。

DPP_20602

ガイドさんから水2本もらってましたが、もう空っぽなので、1本仕入れます。

DPP_20601

エドフ ⇒ ルクソールの町へ

エドフの町にもお別れ。

DPP_20604

観光客は遺跡にしか行かないでしょうが、こういうところも歩いてみたい。

DPP_20606

ちょうどお昼時。パンが売れてるようです。

DPP_20608

銀行ですね。アブ・シンベルで両替した時と同じ銀行かな。

DPP_20610

ナイル川を渡って、いよいよルクソールを目指します。

DPP_20612

こういう、砂漠の中の何もないところに駅があったりします。けっこう、感動ものです。

DPP_20622

線路は複線なんだね。

DPP_20627

エドフから1時間。ルクソールの街に入ったようです。

DPP_20632

いよいよルクソール。ルクソールでは、今日明日と2泊します。

今回の旅の最終目的地といってもいいでしょう。どんな街でしょうか。

タイトルとURLをコピーしました