【インドネシア】1日目(その1) シンガポール航空で古都ジョグジャへ

今回の弾丸旅行はインドネシア

出発当日は、何度経験しても胸が高鳴るもの。

まだ見ぬ土地に思いを馳せ、武者震いすらすることがある旅中毒の私が、今回はまた極めつき?でした。

というのも、

  1. 出発日9/14は、Ⅿ2の広島カープが、今夜にも優勝を決めるかもしれない夜。
  2. 明日から、F1シンガポールグランプリが開催。市街地&ナイトレースのシンガポールは、F1ファンにとって外せない1戦。しかも、ベッテルとハミルトンが僅差でトップ争いしている状況。
  3. 台風18号が日本に向かってる。往きはよいが、帰りはもろに影響を受けそうな雰囲気。
  4. 仕事が中途半端なまま、休暇をとってしまった。しかも、休み明けの9/19は、朝一から役員へのプレゼンがある。台風で飛行機が欠航したら、それこそ・・・

良くも悪くも、
こんな心ここにあらずな旅立ちも珍しい(*^^)v
①と②は、ビデオをセットしてきたので、まあ、よしとして(笑)

と、頭の中に、様々な思いを交錯させながらも、喜色満面の笑みを浮かべて旅立ちです。

インドネシア 2泊5日弾丸旅行の日程

日付午前午後宿泊地
9/14(木) 

羽田22:55発

機内
9/15(金)

ジョグジャカルタ9:30着

ジョグジャ観光ジョグジャ
9/16(土)

ジョグジャ観光

ジョグジャ観光ジョグジャ
9/17(日)

ジョグジャ観光

ジョグジャ18:00発機内
9/18(月)

成田8:00着

  

今回の旅程自体は、自画自賛する超満足のいくもの。

ジョグジャカルタ(ジョグジャと呼ぶらしい)という、インドネシアの古都に、ほぼ3日いられる日程。

相変わらずの弾丸ではありますが、スリランカの時のような欲張った移動を抑えたので、ジョグジャカルタの街並みや、周辺の世界遺産をたっぷり楽しめそう!(^^)!

しかも、最終日は久しぶりに朝の帰国。翌日の仕事まで、じっくり体調整えられるじゃん!と、日程表を眺めていて気付いたことが・・・

9/17(日)は、シンガポールGPの決勝レース

フライト少しずらせば、生で観戦できたじゃないかァァァァァ・・・

レースの日程は、あらかじめわかっていたのに、F1ファンとして、なんたる失態(+o+)

だって、このフライト、格式高いシンガポール航空なのに61,460円ですよ!

一度は、外国のGPを生で観戦したいと願っている私ですが、おいそれと飛行機のチケットが安く手に入るとは思ってません。

でも、この値段だったら、ジョグジャ⇒シンガポールを1~2便繰り上げれば、途中までなら観戦可能だったはず。

しかし、ノーマークだった。

トランスファーの間に、F1観戦なんて、思いもよらなかったな・・

 

とまあ、いろんなことが重なったわけですが、空港に向かう列車に乗ってしまえば、頭の中はリセット。

南半球の常夏の国、インドネシアに行ってまいります!

インドネシアで、海外訪問国20カ国だぜ~(^^)v

DPP_21685

はじめて乗るシンガポール航空。アライアンスはANAと同じ、スターアライアンス。
なので、Aカウンター。

なんか、旅するうちに、なんとなくわかってきました。(違うかな?)

羽田に着いて、こうやって他の便の様子を眺めるのも、また楽しみ。

次はどこ行こうかね・・ まだ、今回の旅、旅立ってもいないのに、気が早いことです(笑)

DPP_21684

チェックインは、オンラインで済ませておきましたが、荷物を預けるためにカウンターに寄ります。

基本、荷物は預けない派ですが、トランスファーがある場合は、預けちゃいます。

DPP_21677

フライトスケジュール

 航空会社便名フライト乗継ぎ時間
往きシンガポール航空SQ635羽田22:55 ⇒ シンガポール4:553時間25分
シルクエアMI152シンガポール8:20 ⇒ ジョグジャカルタ9:30 
帰りシルクエアMI153ジョグジャカルタ18:00 ⇒ シンガポール21:002時間55分
シンガポール航空SQ638シンガポール23:55 ⇒ 成田8:00 

マイルは、シンガポール⇒ジョグジャカルタは、シルクエアが運行するので、つかないとのこと。

そうですか・・

でも、このチケット往復で59,000円ですから、マイルつかなくても、まいいか。

シートは予定通り窓際です。

DPP_21692

ちょっと時間があったので、羽田空港いつものレストランで軽い食事。

軽い食事のつもりが、こんなにいっぱい出てきてしまった。

DPP_21689

ビールを飲みながら、試合経過をチェック。気になるよねえ(笑)

私は、一応、30年近くカープファンをやってます。

江藤、金本、新井、大竹・・・なにも、同じリーグのチームにFA移籍しなくたっていいのに・・
なんて、時代もありましたが、多分、彼らが去らずに残っていたとしても、優勝はなかったと思う。

スカウトの地道な活動、若手の成長、ベテランの功労、横浜からの石井琢朗の移籍、そしてマツダスタジアムの声援・・・
そういったものが、すべて重なると、リーグ連覇できるもんなだね、と感慨深く見つめています。

それにしても、広島vs横浜、阪神vs巨人ともにタイスコアで終盤とは、スタジアムに行ってるファンはたまらんだろうね(#^^#)

DPP_21792

羽田空港 呼び出しのアナウンス?

アプリの中継に夢中になってると、呼び出しアナウンスが、

「シンガポール航空でシンガポールへご出発の〇〇さま~」。

えっ、なに!?  何かやらかした???

あわててカウンターへ行くと、預け荷物の中に、バッテリーらしき影が映ったのだが、確認したいとのこと。

カウンターの脇から入れてもらい、ジッパーを開けようとすると、「あ、すいません。触らないでください」。
そうなんだ・・・

出てきたバッテリーをいじくりまわして、このくらいならいいか、みたいな声にホッとします。
だって、許可されなかったら、破棄処分。1万円以上したのに(*_*)

でも、これから、予備バッテリー、どうやって持っていこうかね??

火災の危険とか諸事情はわかるけど、電源って、文字通りあらゆる機器の源。
これなくちゃ、困るよなあ・・・

しかし、空港で呼び出されるのは、ブエノスアイレスでのアメリカン航空以来のこと。
あ~、びっくりした・・・

DPP_21691

と、この騒ぎの間にカープは勝ってマジック1。

阪神が巨人に負けなかったため、今夜のカープ優勝はお預け~

スタジアムに集まったファンは、残念だっただろうな。

そして、搭乗開始。

DPP_21690

シンガポール航空 快適な深夜のフライト

はじめてのシンガポール航空。

CAのあまりの美しさには、畏れ入ります・・・ 

DPP_21682

定刻通りに深夜の羽田を出発。

羽田の深夜発は、今年だけで7回目。ほんと、深夜バスで旅に出る気分だね(笑)
しかも、バスより安全だし。

DPP_21696

九州付近にいる台風を意識してか、すぐに南下するルート。(気のせい?)

DPP_21700

離陸後、すぐに供されるチキンパンとワイン。
美味しくいただきます。

DPP_21702

今回の旅は、初めて行くインドネシア。

インドネシアと一口に言っても広い。首都はジャカルタですが、でっかい島がいくつもあって、それぞれに独特の文化圏を司っているようです。

今回プランに入れたのは、ジョグジャカルタ。

首都ジャカルタのあるジャワ島のほぼ中央に位置する、インドネシアの古都だそうです。

カルタとは街を意味し、「ジョグジャ」とは、戦争がなく平和な、という意味。

素敵な、街の名前じゃないですか!

今、人類が、一番考えなくちゃいけないことだよね。

私は、これで、いっぺんに「ジョグジャ」に行く気になりました(笑)

街の人たちも、省略して「ジョグジャ」と呼ぶそうです。

飛行距離は約6,500キロ。飛んでる時間は9時間ちょっとです。

インドネシア広域

頭の中には、まだ仕事のことがこびりついてますが、ふり払うように睡眠・・・zzzz

目を覚ますと、機内食カードが配られてました。

シンガポール航空って、今年創立70周年なんだね。

DPP_21797

すき焼きか、オムレツですか。オムレツかな・・

DPP_21798

オムレツ最高!

旅の前奏曲は、間違いなく美しいCAと機内食だよね。

それにしても、シンガポール経由ジョグジャまで、往復とも夜発の朝到着。

快適な飛行機に、美しいCA、おいしい機内食。お酒まで飲める。

これで、チケット代6万円って、感謝感激です(笑)

DPP_21705

チャンギ国際空港「AMBASSADOR TRANSIT LOUNGE」

よく眠ったつもりでも、絶対的な睡眠時間不足(23時⇒5時だもんね)を感じながら、未明のシンガポール チャンギ国際空港に到着。

DPP_21711

この空港は、2度目。2年半ぶりです。久しぶり~って感じ。

DPP_21713

さて、約3時間の待ち時間。

念のため、ジョグジャ行きも、同じターミナル2であることを確認しておきます。

DPP_21715

ちなみにエクスペディアのアプリも優れもの。ターミナルやゲートまで教えてくれるからね。

※前回のカイロ⇒アブ・シンベルの欠航は教えてくれなかったけど(笑)

だから、全面的にアプリを信じるのはリスクがあります)

DPP_21795

この待ち時間は、もちろんラウンジで過ごすつもり。
プライオリティパスの出番です。

ラウンジのある3階にあがります。

DPP_21717

ここ、チャンギ国際空港は、プライオリティパスで利用可能なラウンジがいっぱいある模様。

最初に目に留まった、ここ「AMBASSADOR TRANSIT LOUNGE」に入ります。

早朝のため、いつも感じるラウンジ渋滞はなし。

DPP_21718

入った瞬間、別世界です。

DPP_21719

こりゃ、快適に過ごせそうだ。

DPP_21720

DPP_21721

食事もあります。

DPP_21722

ついさっき、機内食食べたばかりだから、見るだけね(笑)

DPP_21724

DPP_21725

しかし、年会費たった1万円の「楽天プレミアムカード」を契約するだけで、こんなラウンジ使い放題って、太っ腹すぎる。それでも、十分、元取れてる計算??

DPP_21727

トイレに行こうとしたら、間違ってシャワールームに。

DPP_21729

シャワーも浴びちゃいました。

DPP_21730

シンガポール チャンギ国際空港のトランスファーは快適だぁ(*^^)v

あらためて、チケット代6万円にも感謝!

時間もまだあるので、睡眠不足を補います。

DPP_21731

目が覚めて、もう一度、食事コーナーを回ると、なんと、オムレツのライブが。

DPP_21750

次乗る便も、国際線なので、機内食が出るような気がしますが、食べちゃいましょう。

DPP_21734

何から何まで快適な、チャンギ国際空港ターミナル2のラウンジでした。

ちなみに、受付でサインすると、胸に貼るようにくれるステッカーです。これを貼ってれば、出たり入ったりも自由ってことですね。
完璧だ!

DPP_21754

シルクエア ジャワ海上空のフライト

快適過ぎて、ラウンジに長居し過ぎました。F36に急ぎます。

DPP_21751

広い広い、チャンギ国際空港。

DPP_21753

ここですね。間違いなくジョグジャ行きです。

DPP_21738

DPP_21740

シルクエアですね。いい名前だ。

しかし、シンガポール航空の子会社なのに、スターアライアンスには加盟していません。
したがって、マイルがつかない・・

DPP_21743

搭乗を待つ客。一気にローカルな雰囲気になりました。

DPP_21739

定刻にボーディング。

DPP_21748

そして、シンガポールの空に舞い上がります。
すごい、タンカーの数だね~

DPP_21762

おおっ、飛行機から虹を見るのははじめて。

DPP_21766

赤道直下の雲の形も芸術的。

DPP_21768

そして、青く光るジャワ海。
やっぱり、飛行機の旅は、窓際に限ります!(^^)!

DPP_21770

おっと、やっぱり、機内食でるんだね。

DPP_21772

この機内食もグッド!
チケット代、すべて込みの59,460円。絶対安いと思う。

しかし、けっこう辛かった・・ でも旨い(#^^#)

DPP_21776

機内食を味わいながら眺める、ジャワ島の山々。

DPP_21783

DPP_21778

火山っぽい山も、たくさんあります。
インドネシアは、日本と同じく、地震国なんだよね。

DPP_21781

DPP_21782

シンガポールから2時間。ジョグジャの街が見えてきました。

DPP_21785

空港は街のすぐ近くにあるので、ランディングの際は、墜落かと見まがうほどに、高度が落ちます。

DPP_21788

ジョグジャ到着 イミグレ&両替

そして、無事にジョグジャのアジスチプト国際空港に到着。

DPP_21789

DPP_21790

さて、コンコース内に入り、ビザはどこで買うのかなあ、とあたりを見渡しても、それらしい雰囲気はなし。

それどころか、コンコース入り口が、そのままイミグレにつながっている。

半信半疑のまま、そのまま並ぶと、何事もなくパスポートにスタンプが押され、入国完了。

なんと、観光で30日以内の滞在ならビザ不要になってました(#^^#)

DPP_21800

イミグレを出るとすぐにターンテーブル。そして、荷物がなかなか出てこない。

そして、とうとうすべての荷物が吐き出されたにもかかわらず、行方不明。

マジかよ! と思いきや、ビニール袋に包まれてました。
いやいや、本当にびっくりした(+_+)

DPP_21755

税関の列は、当然シンガリ。

DPP_21757

イミグレより税関の方が厳しいみたいですね。少し時間かかってます。

DPP_21758

無事に税関ぬけて、晴れてインドネシア入国。

で、進むと、すぐに出口。
バゲージクレイムから空港の出口まで、こんなに近い空港だったんだ。

この小さなスペースに両替所やタクシー案内がひしめいています。

ちなみに、為替レートがこんな感じ。10,000ルピアが83円くらい。
物価水準が、どんなもんかわかりませんが、とりあえず2万円ばかり両替します。

DPP_21791

そして、すぐ隣のタクシー案内所の女性が「タクシー?タクシー?」と聞いてきます。

値段を聞いてみると「ホテル?」
えーと、ネオ・・ネオ・・ と口ごもってると、「ネオ・マリオボロ!」と言って、ワンハンドレッド。

100,000ルピア(830円)とのこと。
4年前の「~歩き方」(最近は、ほとんど古本だな(笑))には60,000ルピアとあるので、インフレを考慮するとボッタくりじゃないと思えたので「OK」

※帰国後に調べてみたら、インドネシアルピアの対円レートは、ずっと安定してました。

DPP_22029

そして、その女性の後について、タクシー乗り場に行きます。

DPP_21759

タクシーに乗り込みます。

案内所の女性は、バッグを持ってくれたり、車に積んでくれたり。
親切さに、妙な卑しさなどがありません。

ジョグジャ、第一印象はgood!です。

DPP_21802

空港出てすぐにタクシーに乗ってしまったので、外気を感じるヒマがありませんでしたが、そんなに暑くない?

さあ、インドネシアの旅がはじまりました。

タイトルとURLをコピーしました