【奈良一人旅 #16】世界遺産 吉野山の花見&散策完了 ~ のぞみで帰京

時計を見ながらの吉野山散策。

あわただしくも、世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」を眺められたので、大満足な一日。

満開の一歩手前でしょうが、国内屈指の山桜も拝められ、お釣りがくるような吉野山紀行でした。

ロープウェイ吉野山駅を出てから、帰ってくるまでの行程は以下の通りになります。

吉野山の世界遺産&山桜見学の一人歩きルート

行程通過時刻
ロープウェイ駅9:10着  滞在5分(柿の葉すしを食べる)
金峯山寺・蔵王堂9:30   滞在30分
吉水神社10:10  滞在30分
竹林院11:00  滞在15分
バス移動11:25発 → 奥千本口11:50着
金峯神社12:00  滞在10分
西行庵12:30  滞在5分
青根ヶ峯13:00  滞在5分
金峯神社13:20  スルー(往きに観たので)
吉野水分神社14:00  滞在20分
上千本~中千本14:25 ~ 14:45
如意輪寺14:50  滞在20分
ロープウェイ駅15:50着

さて、今日の行程なんて書きましたが、まだ実は「如意輪寺」を出たところです。

ロープウェイ駅に急ぎましょう。

後醍醐天皇が歩いた道

「如意輪寺」からロープウェイ駅のある街道に出るには、「中千本」を下って、そして登ることになります。
なかなか険しく、反対側から歩いてくる観光客は息を切らしていますが、ここは後醍醐天皇が歩かれた道。
そう思うだけで、厳粛な気分(^_^)
「中千本」の桜も楽しめます。
ようやく街道に出ました。16時前ですから、ロープウェイはまだ運行されてますね。
実は、最終が17時〇分なのか、忘れてしまっています。
豆腐も名物な吉野山。
食べてみたいけど、時間がないなあ・・
でも、朝の「柿の葉すし」から何も食べてないので、さすがにお腹すいています。
しかし、ロープウェイの時間が気になって早歩き。
乗車人員に限りがあるので、乗れなかったら、東京に帰れない・・
などと心配w
15:50にロープウェイ駅に到着です。
並んではいるけど、このくらいなら大丈夫。よかった。

ロープウェイ&近鉄電車で京都へ

最終のロープウェイは17時20分でした。
あと50分ありましたが、ゆとりも旅のうちです。
帰りのロープウェイは、今日一日お世話になった「さくら」号。
ふもとの千本口駅について、吉野駅へ。

2番線にとまっている特急電車に乗りたかったんだけど、指定席は売り切れでした。 

そして、自由席のない特別車両。

へえ・・すごいね。大阪方面へ直通するのかな。

こんな列車なら、あらかじめチケットを買っておいてもよかったですね。

しかたなく、急行列車の座席におさまり、京都駅まで過ごしました。

旅も終わりです。

のぞみの中で食べる京都の駅弁

2泊3日の京都&奈良の一人旅が無事に終わりました。

東京に向かう、もっとも早い「のぞみ」が46号。

券売機で簡単に指定席が買えるなんて、ほんとに便利だ。

しかし、今日は歩きっぱなしだったので、疲れたなあ・・・

でも、疲れより、空腹が上回っています。朝の「柿の葉すし」以来の食事です。

京都の駅弁を仕入れて、のぞみに乗り込みます。

駅弁を食べながら、今回の旅を回想。

京都と奈良をひとまとめに歩いたのは初めてでしたが、素人目にも、同じ古都でも醸し出す雰囲気が違いますね。

京都は、良くも悪くも、永年日本の都を培ってきた構えのようなものがありますが、奈良は、もう少しほんのりしているというか、ガツガツさがないというか、落ち着いた空気を感じ取れました。

奈良は、本日の吉野山のほかは、薬師寺と唐招提寺しか今回は回れませんでした。

流れゆく、東海道の夜景を眺めながら、今度は季節を変えて、飛鳥の地でも歩いてみよう。

そんな気になります。

タイトルとURLをコピーしました