【春の京都一人旅 #4】拝観者なし? 新緑に包まれた「永観堂」

早朝から「哲学の道」「真如堂」「金戒光明寺」とサクラを鑑賞。

まさに、サクラ、サクラ、サクラと来たわけですが、次のターゲットは、桜にはあまり縁のない「永観堂」。

「永観堂」といえば、京都を少しでもご存知の方ならすぐに「紅葉」を思い浮かべますよね。

そんな「永観堂」に新緑のこの季節に訪れてみようという試み。

さきほどまで拝観していた「金戒光明寺(くろ谷さん)」から徒歩10分ほどというのも寄ってみる気になった理由です。

京都随一の紅葉名所とも言われる「永観堂」とは

正式名称を「禅林寺」と呼ぶ、浄土宗西山禅林寺派の総本山。

平安時代の初期、853年(仁寿3年)に、弘法大師の弟子である真紹僧都により創建されています。

創建当時からその紅葉の美しさは文化人の胸をうち、「モミジの永観堂」として古今和歌集にも詠まれています。

創建当初は密教道場であったが、永観が浄土念仏を唱えて念仏の道場となり、「永観堂」と呼ばれるようになったとのこと。

室町時代の書院造「釈迦堂」をさまよう

では、新緑には少し早い3月下旬ですが、ひょっとしたら桜も拝めるかな、と期待して「永観堂」の総門をくぐります。

感染対策への呼びかけ。

「釈迦堂」に入る「大玄関」。

今回の旅で、寺院の中に足を踏み入れるのは最初。

やっぱり、京都の寺院はいい。

回廊を静かに歩いていくと、心が洗われるかのようです。

この静けさ、たまりませんね。

紅葉の季節は、そりゃ見事なんでしょうけど、そのぶん「雑音」もハンパないはず。

私は、誰もいない書院造を、たったひとり徘徊するほうが好きです。

床も冷たくないし(^_^)

こういう純和室を独占できちゃうんだからすごい。

修行の道場だったようですね。

一週間くらいこもって、本でも読みたい、そう思わせる静かな部屋。

大玄関の隣にあるのが「唐門」。

天皇の使いが出入りするときに使われた勅使門です。

門の前に盛られた見事な砂は、勅使がこの砂を踏んで身を清めるためのもの。

釈迦堂から阿弥陀堂へ向かう途中の庭。

新緑の季節でも、十分すぎるほど見事です。

誰もいない回廊を歩く楽しさ

それにしても、本当に誰もいない。

外国人がいないのは当然としても、新緑の季節の「永観堂」とは、こんなにも落ち着いたたたずまいを味わえるのでしょうか。

御影堂の中からは、お経を読む声がひびきます。

阿弥陀堂は、小高い丘の上にあります。遺跡のような石段ですね。

見事な苔です。

ここだけ切り取って「アンコールワット」だよと言って信じてもらえるかなw

しかし、阿弥陀堂へは、その石段を登らず、回廊が拝観順路になっています。

迷路のような回廊を独り占め。時が止まっているかのような感覚です。

右が「阿弥陀堂」。左が有名な「臥龍廊」。

阿弥陀堂を一回りしてきましょう。

この阿弥陀堂には、ご本尊「みかえり阿弥陀」がまつられています。

しかし、撮影禁止。

私は、回廊を散策するだけで楽しいな。

「臥龍廊」から眺める京都の町

「臥龍廊」とは、山の斜面に沿って諸堂をつなぐ階段になった長い廊下。

屋根の反りが龍の背中に似ていることから、「臥龍廊」の名が付けられました。

この先に「多宝塔」があって、そこからの眺めが絶景らしんですが、「臥龍廊」からは行けません。

木々のすき間から、京都の町を臨みます。

「臥龍廊」を折り返します。階段は急なので、気をつけます。

その階段に舞い落ちる桜の花びら。

見えないけど、どこかに1本くらい咲いてるのかな。

「釈迦堂」まで下りてきました。

「多宝塔」の入り口。

ここまで下ってきて、もういちど、「臥龍廊」までクライムする気にはなれません(笑)

「多宝塔」には申し訳ないけど、割愛します。

秋ならば絶景となる「放生池」。

紅葉はなく、また新緑ともいえない中途半端な季節。

でも、誰もいないという、最大のメリットを享受できます。

おや、数本サクラが咲いてますね。

「永観堂」を独り占めなんて、なんたる贅沢。

時が止まったかのような、「永観堂」でした。

タイトルとURLをコピーしました