【奈良一人旅 #13】世界遺産 古代遺跡のような「吉野水分神社」

世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部となる吉野山の最奥地の散策。

ここまでの、タイムスケジュール的は、こんな感じです。

最終のロープウェイが17時なので、まさに時計を見ながらの行動。

行程通過時刻
金峯山寺・蔵王堂9:30   滞在30分
吉水神社10:10  滞在30分
竹林院11:00  滞在15分
バス移動11:25発 → 奥千本口11:50着
金峯神社12:00  滞在10分
西行庵12:30  滞在5分
青根ヶ峯13:00  滞在5分
金峯神社13:20  スルー(往きに観たので)
吉野水分神社14:00着
 

「大峯奥駈道」から「吉野水分神社」へ

「大峯奥駈道」の青根ヶ峯から、ノンストップで歩き続け、さすがに疲れてきましたが、もう一息です。

ここは、いちおう国道のようです。

こんな看板があるということは、ロープウェイを使わずに、徒歩で近鉄吉野駅まで歩いちゃう人がいるということでしょう。

石垣も見事な「吉野水分神社」に到着です。

子宝の神「吉野水分(みくまり)神社」

「水分」と書いて「みくまり」と読む、難しい読み方の神社。

境内には桜も咲いていました。

場所的には、吉野山の「上千本」にあたります。そして本日は3月30日。

古代遺跡を思わせる桃山様式の本殿

重厚なつくりの本殿。豊臣秀頼の再建です。

このあたりなんか、古代遺跡を思わせる石段ですね。

ここだけ切り取って、「アンコールワットだよ」と言われても、気づかないかも。

まさに、吉野の山奥に鎮座する古刹です。

こちらは幣殿。

中庭を通して楼門を望みます。

桜の下にあるのは青紅葉かな。秋には、違った装いが拝めそうです。

水の分配を司る、天之水分大神を主神とする「吉野水分神社」。

本来の「水分(みまくり)」が「御子守」と転じ、子授け、子守の神の神社として信仰されるようになったとのこと。

美しい拝殿の屋根。

年輪を感じる楼門&鳥居

楼門を見上げ、「吉野水分神社」をあとにします。

これは、まさに遺跡だ。鳥居にも長久の歳月による風格を感じさせます。

遺跡の中を散策しているかのような「吉野水分神社」でした。

タイトルとURLをコピーしました