3連休でいく台湾週末弾丸一人旅のまとめ 観光のみどころ・費用・治安など

正月明けの3連休を利用して、会社を休まずに台湾を旅してきました。

台湾は、言わずと知れた「親日国」です。

日本からの距離も近く、治安も比較的良い。

そして、見どころもとても多い。

海外旅行はじめて、みたいな人も、まずは台湾に足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

香港がデモの影響で、なかなか訪れにくい今、手軽に異国ムードを味わうには、本当におススメの国です。

(国と言ってしまっては、中国に怒られるか・・私、中国も好きだし・・)

そんな台湾週末弾丸紀行をまとめてみましたので、台湾への旅を企画されている方がいらっしゃいましたら、ぜひ参考にしてみてください。

台湾 3連休弾丸旅行 全行程

ショートトリップなので、全行程と言うほどのものではありませんが、時系列にリンクを貼ってありますので、読みたいところからどうぞ。

全17話の物語です!(^^)!

3泊4日ですが、初日は到着しただけなので、実質2日半の旅です。

ちなみに、1月の台湾、気候的にはちょうどよい、です。

ただし、夜は寒くなるので、暖房のないホテルにはご注意を。

フライトスケジュール

そもそも、今回の旅の動機は、JALのマイルがたまったので、特典航空券を物色したところからはじまりました。

 航空会社便名フライト

往き(1/10金)

スクートTR875

成田20:10 ⇒ 台北桃園23:30

帰り(1/13月)

JAL(ビジネスクラス)JL802

台北桃園10:00 ⇒ 成田14:00

LCCスクートについて

LCCスクートの評判は、賛否両論です(笑)。

LCCなので、機材回しの関係で、遅延や欠航は仕方ない。これは運です。

注意点は、チェックイン時刻の厳格な対応。

いかなる場合でも出発予定時刻の60分前には受付を終了をします

こんな風に、言い切ってるので、ほんとに時間に厳しいらしい。要注意ですね。

しかし、機内持ち込み荷物の重量は10kgとLCCにしては良心的だとお思います。

JALビジネスクラス

これは、もう文句の付けようのないサービス。

JALのビジネスははじめての利用(ていうかANAしか乗ったことない汗・・)でしたが、ソフト・ハードともに、心のこもった対応でした。

私は、このフライトに28,000マイルを要しましたが、曜日や時間によっては24,000マイルで手に入るようです。

今回片道だけビジネスとなりましたが、その場合、帰国便にするのがおススメ。

だって、疲れてるし、お酒飲んだって、空港から家に帰るだけですからね。

旅費・ホテル代など

さて、旅費はいくらでしょうか。計算してみました。(2020年1月のレートで計算)

用途

利用区間など

費用

飛行機(スクート)

成田 ⇒ 台北・桃園

12,000円

飛行機(JAL)台北・桃園 ⇒ 成田

28,000マイル

6,410円

列車(新幹線)

台北 ⇒ 台中  台中 ⇒ 桃園

4,370円

ホテル

台北:品格子旅店(インキューブ)

3,100円
ホテル

日月潭:ミンレン(名人)ホテル

8,000円
ホテル

台中:皇家季節酒店(ロイヤルシーズンズ)

5,000円

しめて、合計38,880円です。

これに、バスや食事代が加わりますが、台中のバスは10kmまで無料であるなど、ほんとにリーズナブル。

初日に空港到着時に、100ドルほど両替して、最後はなくなりましたから、全部で5万円の旅ってところでしょうか。

今回訪れた観光地

今回訪れた観光スポットは4ヶ所です。

日月潭

台湾の3大観光地の一つと数えられる日月潭は、たしかに一見の価値あり。

朝晩の幻想的な湖面もさることながら、湖面を見下ろすお寺や、屋台街を散策するのも楽しい。

時間があれば、レンタサイクルで、もう少し遠出するのもあり、だったと思います。

宮原眼科

この観光スポットは、今回台中へ出かけるにあたり、色々調べて知りました。

スイーツ好きな方なら、たまらない魅力だと思います。

梧棲觀光漁港

バスを降りそこねて、偶然たどりつきました(笑)。

食欲をそそる、生臭さいっぱいの生鮮市場です。

高美湿地(台湾のウユニ塩湖)

これが、今回の旅の目玉でした。

ボリビアのウユニ塩湖なんて、そう簡単に行けないもんなあ・・・私には、これで十分です。

ただし、行く際は、干潮の時刻のリサーチと、汚れてもいい服装で。

台湾の各沿岸の干潮時刻を調べるサイトはこちらです。↓

中央氣象局全球資訊網
氣象局的施政與業務發展,在推動現代化氣象觀測、發展精緻化氣象預報、開創多元化氣象服務管道,以提升氣象服務水準,並達成防災減災及促進經濟發展之目標,為健康台灣提供優質氣象資訊。

まとめ

ある程度勝手知った台湾の一人旅だったので、いわゆる「ドキドキ」感は少なかったですが、「ときめき」感は、いつも通りでした。

治安などの緊張感はあまりなかったですが、バスを降りそこなったり、自分で勝手にハプニングを作ってるので、「ときめき」感があるのかも。

私は、これで台湾は4度目。

過去には、阿里山、高雄、太魯閣(タロコ)、九分などを訪れてますが、こんな素晴らしい観光地が、日本の近くにあるなんて、台湾には本当に感謝しています。

治安よし、食べ物よし、観光地よし、物価まあまあ、そして「親日」。

こんな国は、めったにないです。(また、国と言ってしまった・・)

サラリーマンやOLのみなさん。

たまには激務から離れて、週末を台湾で過ごしてみてはいかがでしょうか(^_^)

 

2020年3月1日現在、台湾では日本からの旅行者に対して、14日間の自主健康管理が要請されています。

身体の健康には、くれぐれもご注意ください。

 

台湾の、ほかの観光地の様子は、こちらをごらんください。

タイトルとURLをコピーしました