イラン3泊6日弾丸一人旅のルート・費用・治安などのまとめ

イランという国に、皆さんはどんな感情をお持ちですか。

メディアの報道だけ見てると、どうしても負のイメージがつきがち。

イラン・イラク戦争、イラン革命、ホルムズ海峡問題、経済制裁・・・

でも、イランといえば、ゾロアスター教の時代からの歴史国。さらに、有史以来東西の交易の要であっただけあって、遺跡や旧市街、歴史的建造物にこと欠きません。

怖いというイメージだけで、いかないのはもったい無い。

人が旅に求めるものは様々でしょうが、私が旅に求めるのは非日常

バザールの前のベンチに座って、道行くイランの人々の表情を、ただただ眺める。そこには、一切の東洋的な顔も文化もない。

まさに、日本では見られない、異国にいるということが、実感として湧き上がってくる光景でした。

そんな3泊6日のイラン弾丸紀行をまとめてみましたので、イランへの旅を企画されている方がいらっしゃいましたら、ぜひ参考にしてみてください。

イラン 3泊6日弾丸旅行 全行程

日付

午前

午後
3/15(水)

(出発まで)

イランという国

イランへの旅 出発前準備

羽田23:50 ⇒ ドーハ

カタール航空でドーハへ

3/16(木)

ドーハ ⇒ テヘラン

アライバルビザの取得

テヘラン市街へ移動

テヘラン観光

ゴレスターン宮殿

ノウルーズ前夜のテヘラン

3/17(金)

テヘラン ⇒ シラーズ

(飛行機)

イラン航空でシラーズへ

タクシーでペルセポリスへ

ペルセポリス観賞

シラーズ観光 ⇒ イスファハーン

(夜行バス)

ナグシェ・ロスタム観賞

エラム庭園・シャーチェラーグ廟

シラーズの街歩き

3/18(土)

イスファハーン観光

寝過ごしたバス

朝のイスファハーン

イスファハーン観光

エマーム広場

イスファハーンの石橋

3/19(日)

イスファハーン観光

イスファハーンの異教徒地区

イスファハーン観光 ⇒ テヘラン

ペルシャ絨毯の購入

3/20(月)

テヘラン ⇒ ドーハ

カタール航空の帰国フライト

成田到着

会社から2日間の休暇をもらい、まず押さえたのが、テヘラン往復の航空券。

それを軸に、どの町とどの町を回ろうか、ペルセポリスも見たいし、町と町を結ぶバスにも乗ってみたい。頭が痛くなるほど、スケジュールの検討を重ねました(笑)

おかげで、概ね満足いくプラン。

現地に正味3日強ですが、イラン行ってきたよ、というレベルにはなっているかなと思います。

教訓となったのが2点。

弾丸旅行ならペルセポリスはタクシーチャーターで

シラーズの町に着いて、ペルセポリスへのアプローチを自力でミニバスで行こうとしていたら、シラーズの町の見学をする時間はなくなっていたでしょう。

もともと弾丸旅行なのですから、いさぎよくタクシーをチャーターすべきですね。そんなに高くないんですから(約3,570円)。

テヘランの乗り継ぎには注意

もう1点が、帰国の際のテヘランの乗り継ぎ。国内線と国際線では、そもそも空港が異なり50キロほども離れています。

そして、イラン航空など国内線の遅延は日常で、加えて、テヘラン市内は慢性渋滞。

4時間あれば大丈夫だろうと、タカをくくっていたんですが、テヘラン行きが2時間も遅れ、冷や汗ものでした。

何時間あれば大丈夫ということではなく、帰国の際は、帰国便のフライトが出発する街の観光にとどめるべきですね。いい勉強になりました。

イラン往復のフライトスケジュール

 航空会社便名フライト

乗継ぎ時間

往き

カタール航空

QR813

羽田23:50 ⇒ ドーハ6:00

1時間50分
QR482

ドーハ7:50 ⇒ テヘラン10:25

 

帰り

カタール航空

QR499

テヘラン22:40 ⇒ ドーハ0:15

3時間5分
QR806

ドーハ3:20 ⇒ 成田19:00

 

カタール航空は初搭乗。前評判もよく期待していたんですが、機内食も上々で、大変気持ちいいフライトでした。

それよりも、カタール航空のよさは、フライトスケジュールにあるでしょう。

こういうフライトプランがあるから、休暇2日間でイランの弾丸旅行が可能になるんです。

旅費・ホテル代など

さて、旅費はいくらでしょうか。計算してみました。(2017年3月のレートで計算)

用途

利用区間など

費用

飛行機

(カタール航空)

羽田 ⇒ ドーハ ⇒ テヘラン(往復:帰りは成田)

114,000円

飛行機

(イラン航空)

テヘラン ⇒ シラーズ

イスファハーン ⇒ テヘラン

18,000円

バス

シラーズ ⇒ イスファハーン

1,080円

ホテル

テヘラン:フェルドウスィー・グランドホテル

16,000円

ホテル

イスファハーン:ジャムシード・ホテル

5,100円

チャーター

ペルセポリスなど

3,570円

しめて、合計157,750円。ちょっと張りましたが、8,000キロも離れたイランへの旅なのですから、ある程度は仕方ないと、割り切っています。

安いと聞いていたイラン国内の飛行機が、そんなに安くなかったのと、初日の宿泊は予約しておいたほうがいいということで、高級ホテルを予約せざるを得なかったのが響きました。

航空券代はともかく、バスやタクシー代は手ごろだし、ホテルも、バックパッカーが泊まるようなホテルを使えば、もっと安くなっていたでしょう。

「アミールキャビール」ホテルの客引きの情報によれば、1泊10ドルとのことでした。

気候・食べ物など

3月のイランは、日本の春を思わせるような、ちょうどよい陽気。もっと寒いかと想像していました。

一口にイランと言っても、国土広大なので、街によって気候は異なるのでしょうが、今回私が訪れたテヘラン、シラーズ、イスファハーンは、いずれも、標高1,200~1,500m。概ね、同じような温かさでした。

食べ物は、ほとんどケバブばかり食べていたんですが、これが実に旨い!(^^)!

マックなどのハンバーガーなど、お呼びでないくらい美味しいんです。パンが柔らかいことに加え、野菜がふんだんにまぶしてあるからかな。

他にも、様々な食材を使った中東料理があるらしいですが、今回はチャレンジする機会がありませんでした。

お酒が飲めないことを除けば、いつでもケバブを食べられるイランは最高ですね。

治安について

日中の、それも人の多いところしか歩かなかったからかもしれませんが、治安が悪い感じはまったく受けませんでした。

それどころか、イランの人たちは、とても親切。そして親日、を飛び越えて愛日?

もう、いろんな場所で声をかけまくられました。何週間も旅してると、ひょっとしたら「ウザく」なるのかもしれないけど、たった3日間の旅です。ペルシャ人と触れ合う機会ができて、とても楽しかったです。

ただ、タクシーは、しっかり交渉しないと乗れませんし、バスターミナルでの運転手たちの客引きは、それは凄まじいものがあります。まあ、これは中東というお国柄ですね。

まとめ

イランを旅している道中、数々の美しいモスクやペルセポリスなどの遺跡を目にするたびに、あるいは「テヘラン」とか「イスファハーン」という道路標識が目に入るたびに、「ああ、自分は今、イランにいるんだ。」という実感をかみしめるとともに、たった2日、会社から休暇をもらうだけで、それが実現できてしまったことが、信じられない自分がいました。

世界一周とかしている人から見たら、「何を大げさな」と言われそうですが、正直な感想です。

とにかく、私にとっては、「深夜特急」のイメージが強いので、日本から、ふらっと飛行機で訪れて、数日後に帰ってくる、なんてことができる国だとは思えなかったんです。

日本に帰ってからもしばらくは、その反動で、燃え尽き症候群のような様相でしたが、時がたつにつれ、あるいは、写真を整理するうちに、「イランに行ってきた」ということを、現実のものと捉えられるようになりました。

無理もないです。

一週間もしないうちに、ノウルーズ間近にバザールのペルシャ人の人の洪水を目の当たりにし、ペルセポリスを自分の足で踏みしめ、美しいモスクを眼に焼きつけ、バスに乗って、砂漠の中の1本道をドライブしたんですから。

そして、もう普段の仕事に戻ってるんです。

トータル・リコールじゃないけど、記憶を書き換えられたって気分ですね。

 

全然「まとめ」になってませんが、そのくらい、私にとって印象が強かった。

15万円そこそこを出せば、現役のサラリーマンやOLでも、こういった体験ができるんです。

世界を旅できるのは老後、などと決めつけないで、行動力があるうちに、異国の体験を楽しみませんか?

これからますます弾丸旅行に拍車がかかる、そんなきっかけともなったイラン弾丸旅行でした。

(すいません。ほんとに全然まとまってませんね・・)

タイトルとURLをコピーしました