世界遺産 エラム庭園 ~ シラーズの聖地 シャー・チェラーグ廟【イラン旅行記 #10】

5時間ぶりに舞い戻ってきた、シラーズの街。

5時間で、60キロ離れたペルセポリスを往復。さらに近くの2箇所の遺跡まで見れたんだから上等。

これで、シラーズの街の観光の時間も確保できました。思惑通りに事が運んで大満足です。

DPP_9360

シラーズの街に到着

街に入る手前にあるコーラン門。旅人を見守ってくれているとのこと。

DPP_9365

ターミナルに着くと、運転手はチップを要求。

5時間で、ペルセポリスから、ナグシェ・ロスタム、ナグシェ・ラジャブと回って来れたのは、この運転手のおかげだし、トータル1,000,000リアルも決して高くはない。

と、考え、100,000リアル(約354円)渡しちゃいました。(甘かったかな・・)

DPP_9373

そして、バスターミナル「テルミナーレ・カーラーンディーシュ」に到着すると、またまた、「タクシー、タクシー」の大合唱・・・ これには閉口します(笑)

「わかったから、ついてくるな!」と言っても「テヘラン? イスファハーン?」とまとわりつきます。

本日の予定のおさらい

今日は、これから日暮れまでシラーズの街を観光する予定ですが、ここシラーズには泊まらず、今夜おそくの夜行バスでイスファハーンまで移動してしまうつもりです。

シラーズからイスファハーンまでは、約500km。バスで7時間くらいの道のりです。

現在14時半になろうというところ。

シラーズの街の見物は、これから日没までの約4時間。そして、夜行バスのため、イランの大地は鑑賞できない。

まさに、とほほですが、ここで時間をぜいたくに使ってしまうと、イスファハーン観光が削られてしまうし、旅の最終日は、イスファハーンからテヘランに飛んで、そのまま帰国するつもり。

不測の事態なども想定し、なるべく早く、イスファハーンに移動しておくべきというのが、色々考えた末での結論でした。

不測の事態とは、飛行機の欠航など。イラン航空は、遅延・欠航よくあるらしいんですよねえ・・

イスファハーン行き夜行バスのチケット確保

と、考えを整理したうえで、バスターミナルのチケットオフィスに足を運びます。

DPP_9399

いろんな、バス会社があるようですね。

英語で書いてあるので助かりますが、とにかく、どこの会社でもいいから、今夜のバスのチケットを手に入れることが先決。

ノウルーズで混雑が予想され、当日では手に入らないかもしれないという、一抹の不安を抱えながら、優しそうな女性がいる窓口をたずねます。(結構重要なポイントだと思います)

DPP_9388

窓口で、「イスファハーン」と言いながら、メモ帳に「around 22:00」と書いて、指さします。

カウンターの女性は、ニヤッと笑いながら、あっさり発券。

よかった、満席じゃなかった。ノウルーズの混雑は杞憂でした(*^^)v

そして、「サーティサウザン トマン(300,000リアル(約1,060円)。テンPM プラットフォーム №8!」と指示。

簡単な英語なら通じたかもしれませんね。

それにしても、チケットを見ても、出発が何時なんだか、行先はほんとにイスファハーンなのか、まったくもって判別不明。

でも、テンPMって言ってたから、夜10時発のイスファハーン行きで間違いないでしょう。

無事にチケットを入手できて一安心です。ちなみに、バス会社はTak Safar Iranianという会社でした。

DPP_9586

最後まで、私にまとわりついていた運ちゃんは「案内料くれ!」。

まだいたのか? 誰が案内しろと言った? ほんとどうしようもない。ここまでくると、笑えます。

 

チケットを手に入れ、ほっとして、バス乗り場を下見。

DPP_9378

花が咲き乱れる(まではいかないか・・)華やかなターミナルのようです。

DPP_9380

「テルミナーレ・カーラーンディーシュ」の手荷物預かり所

そして、手荷物預かり所を探し、バスの出発まで、背中の荷物を預かってもらいます。

中にいたおじさんに声をかけると、「チケットを見せろ。」

言われたとおりに見せると、営業時間が書かれたボードを指さします。閉店は21時のよう。

それまでに、戻って来いよってことですね。了解です!

DPP_9387

これは、預けた荷物の半券。大事に取っておかないと。

しかし、チケット同様なんと書いてあるのか、さっぱりわからない(笑)

DPP_9649

ケバブのランチ

さて、身も軽くなったところで、歩き回る前に、腹ごしらえをしておきましょう。

考えてみれば、朝の機内食から、なにも食べてません。

DPP_9398

バスターミナルに併設された、ファーストフード屋さんで一休み。

DPP_9394

レシート。これまた、まったく読めません。なんかほんと、異星にいる気分・・・

DPP_9393

ケバブとポテト。パンは柔らかいし、おいしいです。

DPP_9396

パンと肉と野菜の調和が最高。ケバブ大好きです。

DPP_9397

世界遺産の楽園 エラム庭園

さあ、シラーズの街を見学。

しかし、こんな短い時間じゃ、とてもあちこちは見きれません。

いくつか候補はありますが、地図を見て思案した結果、世界遺産エラム庭園にまず足を伸ばし、そこから旧市街中心部に戻って、歩き回ることにしました。

旧市街の人の営みは、日没後でも見れるけど、施設は夕方には閉園してしまうという計算です。

そこで、まず、タクシーでエラム庭園へ。料金は100,000リアル(約354円)でした。
(相場より高いんだろうな・・)

DPP_9400

200,000リアルの入場料を払って、中に入ります。これはマップ。

DPP_9587

DPP_9404

庭園というだけあって、いきなり花壇があります。

DPP_9406

雨の少ない地方だと思うのですが。

DPP_9410

DPP_9411

水もふんだんに使われています。

DPP_9412

外国の観光客というより、地元あるいはイラン国内の旅行者かな。

DPP_9416

DPP_9418

DPP_9419

しかし、イラン女性って素敵だな・・

DPP_9422

DPP_9428

ところで、まわりは、ほんとに岩山なんです。乾燥した大地です。

DPP_9424

エラムとは、ペルシャ語で「楽園」。

シラーズに数ある庭園の中でも、最も華やかなペルシャ式庭園だそうです。

DPP_9429

そしてこれが、エラム宮殿。楽園の宮殿とは、これまたすごい。

DPP_9432

DPP_9433

たしかに、こんなところをのんびり歩いてたら、悩み事など吹っ飛んでしまいそう。

そんな気持ちにさせる、落ち着いた空間です。

DPP_9437

DPP_9438

風もなく、温かく、イランの3月は最高ですね。

DPP_9440

DPP_9443

DPP_9446

のんびり散歩してたら、あっというまに1時間経ってしまいました。

DPP_9449

次のスポットへ急ぎましょう。

DPP_9450

シラーズの聖地 「シャー・チェラーグ廟」

庭園の出入り口で待っていたタクシーに声をかけ、旧市街の聖地「シャー・チェラーグ廟」までひとっ走り。

さて、ここは、835年に殉教したシャー・チェラーグ(ランプの王という意味だそうです)の廟。

入れるのは、イスラム教徒のみと「地球の歩き方」にも書かれています。

でも、運がいいと、異教徒でも入場が許され、また、写真撮影も容認されるケースがあるとか。

ここ、シャー・チェラーグ廟は、建物の中が、すべて鏡のモザイク張りで、この世のものとは思えない美しさとのこと。

色々なブログで、写真を拝見しましたが、たしかに、目のくらむような眩さ

これですよ! これ↓

シャー・チェラーグ廟

Andreaさんのflickr より

こりゃ、中に入れるか入れないかは、月とスッポンぐらいの違いですね(笑)

DPP_9451

どこまで行けるのかな。

とりあえず、門をくぐるくらいは大丈夫そうだったので、入ってみます。

DPP_9453

近づくゲート。あれが、中庭への入り口らしいです。

DPP_9454

「入ってもよろしいんでしょうか?」

みたいに門番の人に聞いても、何言っているのかわからず(笑)

こっちに来い、と門番の人に付き添われて、中庭に入ります。

「フォトOK?」と聞くと、あまり笑わずに「OK」。歓迎はされていない様子。

DPP_9461

とりあえず、許可をとりながら、写真を撮ります。

DPP_9460

そのうちに、その門番は、誰かにくっついて、去ってしまいました。

私一人残されました・・・

しかし、周りを見れば、イラン人たちも、スマホで写真撮りまくっています。

宗教上、撮ってはいけないということではないんだな、とは思いましたが、イスラム教徒の方の気持ちを逆なでする気は毛頭ないので、こっそり撮ります。

DPP_9458

門番がいなくなってしまい、10分待っても現れません。

まさか、勝手に入るわけにはいかないし、あきらめて、中庭をうろつきます。
(中庭は写真撮ってもいいんだよね・・)

DPP_9465

でも、中庭の壁も美しい。

DPP_9462

DPP_9466

中庭は広く、何が何だかわかりませんが、「地球の歩き方」にあるように、外観だけでも十分美しい。

中ものぞきたかったけど、仕方ない(^.^)

DPP_9469

DPP_9470

あれは、マスジェデ・ジャーメへの門でしょうか。

DPP_9471

うわ、まばゆいばかりのタイル張り!

これだけでも十分美しい。すごい芸術です。

DPP_9472

マスジェデ・ジャーメの中庭

マスジェデ・ジャーメの中庭に出たようです。

DPP_9474

ほんとに綺麗だ・・圧倒されます。

DPP_9475

本格的なイスラム建築を、こんな間近で見るのは初めて。

DPP_9476

中庭にいる幼い子が可愛らしい。

DPP_9477

DPP_9480

どうやってつくったんでしょうね。

DPP_9481

DPP_9484

陽も傾いてきました。

街も歩いてみたいので、この辺で美しいモスクと廟にお別れです。

DPP_9487

シラーズには、このほかにも素晴らしい建築物が点在しています。

しかし、けっこう広範囲に散らばっているので、タクシーでも使わないと、訪れるのは困難。

日没まであと2時間ほど。あとの時間は街歩きに費やします。

タイトルとURLをコピーしました