ペルセポリスからナグシェ・ロスタムへ【イラン旅行記 #9】

ペルセポリス見学の後編。

のんびりとは歩いていましたが、レリーフの一つ一つを食い入るように見ていたわけではありません。それでも、あっというまに1時間がたってしまいました。

私レベルの素人観光客でも、2時間はあったほうがいいペルセポリスの見学です。

ペルセポリス南側の宮殿群

これは、博物館のようです。

DPP_9229

DPP_9231

DPP_9233

中央宮殿(会議の間)

中央宮殿を遠巻きに謁見。

DPP_9234

博物館の周りには、お土産屋さんも。

DPP_9237

DPP_9238

ハディーシュ(クセルクセス1世の宮殿)

ハディーシュ。宮殿という意味。

DPP_9240

クセルクセス1世のプライベートな宮殿だったとのこと。

DPP_9241

でも、そんなこと、なんでわかるのかな・・

DPP_9242

ライオンが牡牛を襲っています。

DPP_9246

DPP_9247

タチャラ(ダレイオス1世の宮殿)

タチャラ。ダレイオス1世の宮殿。

DPP_9245

DPP_9249

かつては、宝石などで装飾されていたとのことですが、アレクサンダー大王が、ここを滅ぼしたときに、全部持って行ったとのこと。

はなしが、現実ばなれしすぎて、ついていけません(笑)

DPP_9250

ここでもライオンが襲っています。

DPP_9253

ペルシャに、ライオンがいっぱいいたってことなんでしょうか。

って、約束の12:30まで20分切りました。急ぎましょう

百柱の間(王座の間)

丘の上からも見下ろした、百柱の間。

DPP_9254

急ぎ足で見ることになってしまったペルセポリス。時間がないんだから、仕方ない。

百柱の間に失礼して、ゾロアスター教の神殿、ナグシェ・ロスタムへ目標を移動します。

DPP_9255

そんなに急いでどこへ行く。立派な柱に笑われているような気がします。

DPP_9256

DPP_9258

ペルセポリスともお別れ。

DPP_9261

大階段を下ります。

DPP_9263

また、来ることがあるかな・・

DPP_9264

運転手と約束した12:30まで5分ほどあるので、のどを潤します。

歩き回った体にコーラがうまい!

DPP_9359

すると、足元にネコが。ペルシャ猫なんでしょうか。動物音痴な私です。

DPP_9266

 しっかり待っていてくれました。運転手さん、ありがとう。

DPP_9358

サーサーン朝時代のレリーフ ナグシェ・ラジャブ

ペルセポリスから、今度は目標転換。ゾロ・アスター教の2つの遺跡を訪れます。

目指すはナグシェ・ロスタムですが、途中にあるナグシェ・ラジャブに先に寄ります。

クルマは、乾いたペルセポリスの脇の路地を進みます。

DPP_9268

それにしても、ほんとに乾ききった大地です。

DPP_9270

こんな道を数分走ると・・

DPP_9281

ナグシェ・ラジャブに到着。

ナグシェ・ロスタムは向こうですよ、と。

DPP_9285

ここ、ほんとにナグシェ・ラジャブなんですかね。

DPP_9295

あっ、しっかり書いてありました。

DPP_9294

誰もいないし、レリーフなんて、どこにあるんでしょう。

一応、入り口にチケット売り場があって、80,000リアル(約280円)でした。

DPP_9286

サーサーン朝時代の戴冠

おっと、これですね。

DPP_9287

DPP_9288

サーサーン朝時代の戴冠とのことですが、それにしても、よく風化しなかったことで・・

DPP_9290

DPP_9291

アケメネス朝の王墓 ナグシェ・ロスタム

ナグシェ・ラジャブは10分で見学は終わりました。次は、ナグシェ・ロスタムを目指します。

DPP_9293

運転手は街道沿いでクルマを止め、ザクロか何かを買って食べはじめました。

この「道の駅」のおじさんが、「ミスター!ミスター!撮れ!撮れ!」というので、撮ってあげました。

DPP_9296

けっこうタクシーの中は暑いです。

しかし、運転手はエアコン付けるそぶりなし。

DPP_9299

なので、窓全開。おっ、乾いた大地にも緑が。

DPP_9301

何やら見えてきました。あれが、ナグシェ・ロスタムでしょう。

しかし、すごい岩山にくりぬいたものです。

DPP_9302

運転手に駐車場で待っててもらって、中に入ります。

DPP_9336

DPP_9306

DPP_9308

しかし、あんなに綺麗にくりぬけるものなんですか。

DPP_9309

ほんとデカい。人間の大きさと比べてみてください。

DPP_9310

DPP_9311

00017404

馬にまたがるシャープール1世

騎馬戦勝図。馬にまたがるのはシャープール1世。捕虜にしているのは、なんと、東ローマ帝国ヴァレリアヌスとのこと。スケールの大きな話です。

DPP_9313

記念写真を撮る人も絶えません。

DPP_9314

DPP_9315

ほんとに細部まで、とてもていねいに描かれています。

DPP_9316

DPP_9318

ゾロアスター教の神殿

アケメネス朝ペルシャの時代は、全土にわたって、ゾロアスター教が信仰されていたといいます。

その神殿と言われる建物がこれ。

ゾロアスター教は、火を重んじる拝火教と言われます。この中で、聖なる火を燃やしていたんでしょうか。

DPP_9319

DPP_9320

DPP_9321

眺めているうちに、ぺトラ遺跡を思い出しました。

DPP_9323

DPP_9324

こっち側から撮った方が、顔がよくわかります(笑)

DPP_9326

やっぱり風化も進んでしまうのでしょう。一生懸命修復しています。

DPP_9327

DPP_9328

駆け足だったけど、古代遺跡を存分に堪能しました。

こんな短時間で、こんなにいっぱいの遺跡を見るのは初めてです。

さて、そろそろ、シラーズの街に帰ろうかな。

DPP_9332

青空もいいけど、こういうファンタジーな空もまたいい。

DPP_9334

DPP_9335

DPP_9340

シラーズの街にとんぼ返り

じゃ、運転手さん。シラーズの街まで、ひとっ走り頼みますよ。

DPP_9342

おや、羊の大群ですか。ていうか、羊でいいのかな。

DPP_9347

DPP_9348

考えてみれば、今朝はまだテヘランにいて、5時起きだったんだ。

快適なドライブで眠くなってきます。(快適とはいっても、軽く時速100キロ以上は出しています)

DPP_9352

ちょっと、うとうと・・・

DPP_9354

ひと眠りしちゃったら、もうシラーズの街に近づいてました。

DPP_9355

タイトルとURLをコピーしました