美しいイスファハーンの石橋【イラン旅行記 #15】

エマーム広場を十分に堪能させてもらった後、街の南側の方に足を向けます。

イスファハーンには、ザーヤンデ川が街の南側を東西に流れ、そのさらに南側には、比較的新しい街並みが広がっています。

その街の南側の散策は明日に回すとして、ザーヤンデ川沿いに歩いてみるとします。

ザーヤンデ川には、サファビー朝時代に建設された石橋が、今もその姿を残しているそうです。

エマーム広場から川のほとりへ

さて、エマーム広場を出て、南の方に進もうとすると、スークが連なっています。

DPP_10037

珍しい陶器がいっぱい陳列されています。

DPP_10036

しかし、こういう骨董品の類、誰が買うんでしょう?

DPP_10038

八百屋さんもあります。

DPP_10039

どんどん南へ。

DPP_10041

急に人気がなくなったりするから、怖い(笑)  治安大丈夫だよね・・

DPP_10045

DPP_10048

DPP_10049

クルマがなけりゃ、こんな路地でも美しく見えるでしょうに。

DPP_10050

完全に、スークの外に出たようです。

DPP_10052

遊歩道を、ひたすら南へ。

DPP_10055

ザーヤンデ川にかかる橋の芸術

橋の手前の広場。

DPP_10059

ハージュー橋

ここは、ハージュー橋のふもと。1,666年、アッバース2世時代に建設された橋。

近年では、水が流れなくなったとされてますが、ほんとに枯れています。

DPP_10060

橋は2層構造になっているそうです。

DPP_10064

DPP_10065

これは上層側。

DPP_10066

それなりに高さがあります。落ちたら、大けがです。

DPP_10072

DPP_10071

「撮って! 撮って!」というので、撮ってあげました。

DPP_10070

無茶をする人(笑)  50センチ左は、崖だよ。

DPP_10076

今日は土曜日。家族連れもいます。

DPP_10074

DPP_10078

渡り終わって、太陽をバックにあらためてみると、美しい模様ですね。

日本にも、築後400年レベルの建物はいっぱいありますが、文化の違いですね。

川に水が流れていたら、もっと素晴らしかったでしょう。

DPP_10084

さて、今度は川の対岸(南側)を西に進みます。このまま、ホテルまで歩いて帰りましょうか。

DPP_10087

DPP_10088

DPP_10090

チュービー橋

これは、チュービー橋です。

DPP_10091

こじんまりして可愛いです。長さは147mとのこと。

DPP_10092

DPP_10093

おっと、警官です。びっくりする必要はないのですが、なぜか、びっくり。

そういえば、ホテルに取られて、パスポート不携帯です(笑)

DPP_10094

のどが渇いた、と思っていたら、ちょうど売店がありました。

DPP_10095

生き返ります(*^^)v

DPP_10096

DPP_10097

これは、ふつうの橋。フェルドウスィー橋。

なんだ、テヘランで泊まったホテルと同じ名前じゃん。

DPP_10103

スィー・オ・セ橋

スィー・オ・セ橋。泊まっているホテルが面しているチャハールバーグ通りにつながる橋。

DPP_10105

いつも賑わっているとのことですが、ほんとです。

DPP_10107

DPP_10109

DPP_10110

DPP_10112

これまた美しい。

アーチが33あるそうです。

長さは300mちょうどとのこと。

1,602年の完成当時、メートル法はなかったはず。とすると、偶然ですか。

DPP_10116

DPP_10117

クルマは通行禁止です。

メインストリートのチャハールバーグ通りにつながるこの橋が進入禁止。

渋滞の要因になってるんでしょうね。

DPP_10119

でも、建設当時は、クルマの登場なんて、考えられなかった時代。

幅員を十分にとってなくても、それは仕方ありません。

でも、日本だったら、交通を優先して、取り壊してるだろうな。これも、文化の違いですか。

DPP_10121

けっこう人で賑わっているのに、転落防止対策なし。これも文化の違い?

DPP_10126

数日間の瞥見だけど、イランという国、平和を感じます。

DPP_10128

DPP_10130

実は、この橋を渡り切るまでに、3人のイラン人に話しかけられました。

ちなみに、エマーム広場では5人。

ほんとに日本人に対してフレンドリーなんですね。

  • 「日本人はじめて見た! よくイランに来てくれた! ウエルカム!」
  • 「一緒に写真に写ってください!」
  • 「コンニチワ、サヨウナラ、発音アッテマスカ?」  などなど。

↑これ、ほんとです!(^^)!

イスタンブールでも、よく話しかけられましたが、あっちは、下心見え見えでした・・

DPP_10131

イランへの旅。出発前は、私の周囲の人々のイランに対する評判は最悪でした。

でも、それって、メディアに洗脳されてるだけ?

メディアが報道することを、そのまま信じこむ悪癖が日本人にはあるように思います。私も含めてですが・・

日本はアメリカの追従国。

であれば、アメリカにプロパガンダするような報道になってもおかしくはありません。

情報というものは、自分で分析できないといけませんね。

DPP_10133

DPP_10134

歩いてる人たち、本当に平和そのもの。

DPP_10135

イランの人たちに対する見方がかわったなあ。

DPP_10138

DPP_10139

では、たらたらとホテルに戻ります。このチャハール・バーグ通りを北に歩けば着くので簡単です。

しかし、今日はトータル5キロぐらいは歩いたのかな。ちょこっと、疲れました。

DPP_10143

お腹もすきましたが、今夜はホテルのレストランでイラン料理を食べる予定。

DPP_10145

マドラセイェ・チャハール・バーグです。見事に修復中です。

DPP_10147

エマームホセイン広場前。地下鉄の工事が急ピッチで行われていました。

DPP_10153

そして、ホテルに到着。

DPP_10158

部屋で一休みした後、夕食までのあいだ、ロビーでくつろぎます。

なぜなら、ここは、wifiが繋がるから。撮った写真をLINEで家族に送れます。

DPP_9677

イラン料理の初体験

この旅で、はじめてのイラン料理。

いつものように、シェフに「おすすめ」をお願いしました。

DPP_9679

これは、豆のスープでしょうか。ヨーグルト風の酸味がきいてます。

DPP_9680

メインディッシュはキャバーブでした。

ナンも、焼いたトマトもgood!! イラン、最高でーす(笑)

DPP_9683

シェフと握手して、部屋に戻り、バタンキューです。

長い一日だったからな・・・

00001063

就寝前に、ノンアルビールを1本。

酒飲みの私が、酒を飲まなくても平気なのが不思議・・・

なんか、ムダに感動してるからかも(#^.^#)

タイトルとURLをコピーしました