【イラン旅行記 #4】テヘランの世界遺産 ゴレスターン宮殿

 入り口は、ここでした。何回か、目の前を通りましたが、目立たなくてわからなかったです。

DPP_8630

豪華絢爛なゴレスターン宮殿

入場料900,000リアル(約3,100円)を払って、中に入ります。

この宮殿は、7つの建築物に分かれていて、それぞれ個別にチケットを買うこともできましたが、はるばるテヘランまで来て、ケチっても仕方ないし、まとめ買いです。

500,000リアル紙幣を2枚出します。こんな高額紙幣が、飛び交うマーケットって、ほんと不思議。

庭園内のマップをもらいました。

DPP_8740

時計回りに見ていきましょう。

DPP_8542

タフテ・マルマル

まずこれが、タフテ・マルマル。

DPP_8544

ペルシャ芸術の中でも最高峰とのことですが、中はどんな感じでしょうか。

DPP_8545

そして、中がこんな感じ。びっくりです。

DPP_8548

天井も・・・

DPP_8552

別名、鏡の宮殿と呼ばれるだけのことはありますね。たしかにこれは最高峰だ・・

DPP_8553

大理石の王座です。

DPP_8550

重そうだなあ・・(笑)

いやいや、しかし、いきなり度肝を抜かれました。この世界遺産、すごい。

鏡の王座の目の前には池。

DPP_8557

隣の建物に行ってみます。

DPP_8559

ゴレスターン宮殿が世界遺産に登録されたのは2013年。

DPP_8560

建てられたのも、最も古くて18世紀。そんなに大昔ではありません。

DPP_8562

しかし、このまばゆいまでのモザイク手法。目が眩むほどです。

DPP_8563

しかし、ところどころ、撮影禁止区域あり。知らずに撮って、軽く咎められました。
ごめんなさい

DPP_8565

宮殿の中央は庭園になっています。まだ春には早いようですが、木々に花が咲き乱れたら、どうなふうになるんでしょう。

この庭園はペルシャ式庭園。テヘランが首都になった直後、ガージャール朝の王宮として使われていたものだそうです。

DPP_8567

DPP_8568

これ、作るのに、どのくらいかかったんでしょうね。

タイルのモザイクが美しい・・

DPP_8571

DPP_8576

イランって、乾燥してる国とばかり思ってましたが、花がよく咲いてます。

DPP_8579

DPP_8581

シャムス・オル・エマーレ

ヨーロッパ風に建築したとされる、シャムス・オル・エマーレ。

DPP_8583

中は、やっぱり鏡尽くし。

DPP_8584

DPP_8585

掃除というか、手入れも大変だろうなあ・・

DPP_8586

DPP_8588

ノウルーズ直前ということで、激混みを心配してましたが、閑散としています。

イランの人たちにとっては、もはや食傷ぎみ? あるいは、街中にあらゆる芸術があるから、あらためて来なくても?

DPP_8590

アクス・ハーネ?? だったと思います。

いっぺんに、いくつもの建物を見て、頭が混乱・・

撮影禁止だったと思いますが、係のお兄さんに、お願いと頼むと、「ジャパン! OK!」。

話が分かる人だ!(^^)!

DPP_8591

ステンドグラスと鏡の調和は、もはや芸術の域を超えて、神ってます!

建築費は、いったいいくらかかったんでしょう?

DPP_8594

バードギール

ここは撮影可。イラン女性たちも、お互い撮りあっています。

DPP_8595

DPP_8596

ほんとにすごい・・

DPP_8597

まるで、氷のようです。

DPP_8598

DPP_8599

DPP_8600

DPP_8601

DPP_8602

DPP_8609

すっかり堪能して、庭園に出ました。この時点で15時くらいでした。

DPP_8603

みなさん、午後のチャイを楽しんでいます。気温がちょうどよく、外でのチャイが、とてもおいしそうに見えます。

DPP_8606

DPP_8610

ペルシャの芸術、いや歴史の強さを感じさせるに、十分な宮殿でした。

DPP_8612

DPP_8614

DPP_8615

では、ゴレスターン宮殿、さようなら。

DPP_8619

DPP_8623

DPP_8624

出口です。

DPP_8627

では、陽が沈むまで、バザールを散策し、イランの人たちの表情を観察させてもらいましょう。

タイトルとURLをコピーしました