カタール航空 ドーハ経由でテヘランへ【イラン旅行記 #1】

やっと、出発の日が来ましたよ!(^^)!

待ちに待ったイランへの弾丸旅行!

正味4日もない日程で、テヘラン、シラーズ、エスファハーンと回ろうというのだから、旅のベテランの方がみたら、あきれるほどの弾丸日程。

まずは、この弾丸旅行のスケジュールをおさらいしておきましょう。

イラン 3泊6日 弾丸旅行スケジュール

日付

午前

午後

宿泊地

3/15(水)

 

羽田23:50発

機内

3/16(木)

ドーハ6:00着

7:50発

テヘラン10:25着

テヘラン観光

テヘラン

3/17(金)

テヘラン ⇒ シラーズ

(飛行機)

シラーズ観光

シラーズ ⇒ イスファハーンへ

たぶん

夜行バス

3/18(土)

イスファハーン観光

イスファハーン観光

イスファハーン

3/19(日)

イスファハーン観光

イスファハーン ⇒ テヘラン(飛行機)

テヘラン22:40発

機内

3/20(月)

ドーハ0:15着

3:20発

成田19:00着

 

会社から休暇を2日もらった弾丸日程。それでも、一応イラン国内に3日半ほどいられます。

気になるのが、初日のテヘランのホテルと国内便の飛行機だけ、なんとか確保したものの、その他の予定は、それらしく書いてあるけど、ほぼ未定。

ポイントは、やはり最終日の3/19。

3/19はイスファハーンにいるわけですが、夕方のテヘラン行きの飛行機に乗り遅れると、予定通りに日本に帰って来れません(笑)

つまり、3/19の昼ごろまで、いかにいろんな所を見学し、多くを吸収できるかが、この弾丸旅行のカギとなります。

 

それにしても、この忙しいサラリーマン風情をものともせず、果敢にバケットリストを消化していくこの情熱! 自分を尊敬します(笑)

この情熱が明日への活力につながっているのは、紛れもない事実ですが、情熱だけではサラリーマンをやってられないのも事実。

スケジュールが破たんして、帰国予定日に帰国できなかったら、上司の信頼を失うのみ(+o+)

しかしながら、このリスクと背中合わせの感覚もまた、背水の陣というか、武者震いを誘発するというか、情熱をかきたてるんですよねえ。(勝手にやってろ、と言われそうですが・・)

イランの外務省危険度レベル

ところで、現役世代弾丸旅行者の私は、とっても許されるリスクはスケジュールだけだと思っています。

DPP_8373

(外務省:海外安全ホームページより 2017年3月現在)

ご覧のように、外務省が示すイランの危険度は1。

つまり、十分に注意をすれば、観光であれ、滞在が許されるケース。もちろん、自己責任ですが。

これが、レベル2にあがった瞬間から、「不急不要の渡航は止めてください」となるので、現役世代の人間として自粛すべきです。それが、社会人というものでしょう。

ま、固いことは終わりにして、あわただしい日程の中でも、しっかりとイランの人々の営む姿を、しっかりと目に焼き付けてきましょう。

カタール航空 フライトスケジュール

 航空会社便名フライト

乗継ぎ時間

往き

カタール航空

QR813

羽田23:50 ⇒ ドーハ6:00

1時間50分
QR482

ドーハ7:50 ⇒ テヘラン10:25

 

帰り

カタール航空

QR499

テヘラン22:40 ⇒ ドーハ0:15

3時間5分
QR806

ドーハ3:20 ⇒ 成田19:00

 

今回の便は、カタール航空。カタールのドーハで乗り継いで、テヘランまで約8,000キロの移動です。

DPP_8372

カタール航空の利用は初めてですが、なんかいい評判をいっぱい聞きますよね。すごく楽しみです。

では、いざ出発!

深夜の羽田空港でのひととき

またまた、いつものように直前まで立て込む業務に会議。

そして、上司に「お先に失礼します! 明日と明後日、冬休みを頂きます!」 

上司:(苦笑いしながら)「今度はどこ?」

私    :「中東の核保有国です(笑)」

周りで聞いてる同僚も、マジか~という顔しながら、目は笑ってます。

こんな、上司や同僚に恵まれた私は幸せ者です。

 

さて、羽田発が23:50と比較的遅いので、ゆっくり自宅で支度を整え、リムジンバスへ。

DPP_8374

なんと、バスの乗客は私だけ。貸切状態で羽田の国際線ターミナルへ向かいます。

いつ来ても、羽田空港は美しい。

DPP_8375

フライトを確認。我がカタール航空は5分の早発ですか。

JALとのコードシェア便なんですね。

DPP_8376

カタール航空 チェックイン

チェックインカウンターへ行くと、すごい雑踏。これ全部カタール航空? と思ったら、隣のエールフランスでした。

DPP_8377

カタール航空のチェックインカウンターはこんな感じ。濃い紫色のシックな色調です。

オンラインチェックを済ませておいたので、並ばずにチェックイン。ちょっとした優越感です。

カタール航空は初めての利用。アライアンスはワンワールドなので、JALカードをみせてマイレージを貯めます。

DPP_8433

オンラインチェックインで指定した通りの座席Get!

さて、イランまで、どんな空からの景色が楽しめるんでしょう。ま、ほとんど夜間ですけどね(笑)

ちなみに、日本とイランは時差が6.5時間なので、フライト時間はトータル約17時間。

ドーハでの乗り継ぎ1時間50分は、少々注意を要するかな。初めての空港だし。

チケット代は125,000円。中途半端な時間帯であれば、もっと安いのはいくらでもありますが、効率よく滞在しようとすると、どうしても値が張ります。

DPP_8435

な、なんと! ドーハは雨模様。信じられません。砂漠の国だと思ってたのに。

DPP_8436

羽田 ⇒ ドーハのフライト

搭乗開始です。

DPP_8378

機内は満席。日本人と外国人が半々ぐらいかな。

時は春休み。大学生っぽい、若い方が目立ちます。皆さんは、ドーハで乗り継いだあと、どこの国に行くのかな。イランは少数派でしょう。

DPP_8379

ドーハまで、シルクロードの上をひとっとび。

ほんと、500年ぐらい前の人が飛行機の存在を知ったら、腰を抜かすでしょう。

DPP_8380

カタール航空のおいしい機内食

機内食もおいしいカタール航空。私、茄子が苦手なのに、ペロリです

DPP_8383

イスラム教の国なのに、お酒はあるんですね。

そういえば、ターキッシュエアラインにもお酒はありました。

イランに入れば、間違いなく禁酒生活。今のうちに飲んでおきましょう。

DPP_8513

機内ではぐっすり・・・

休みの前の仕事を目いっぱい片づけてから旅立ってますから、考えてみれば当たり前。

気流もいいのか、機体はビクともせず・・・

そして、ホルムズ海峡のあたりで目を覚まします。

DPP_8386

昨夜は気がつきませんでしたが、窓には氷がびっしり!

ペルシャ湾やアラビア半島を眺めようと思ったのに、残念・・

DPP_8385

朝食もおいしく、カタール航空、最高!

DPP_8384

効率的なハマド国際空港のトランジット

早朝のハマド国際空港に到着しました。

DPP_8389

この空港の利用は、もちろん初めて。ドバイと並んで中東を代表するハブ空港なので、すごくデカいと聞いてます。

迷わないように、トランスファーのサインを見ながら歩きます。

DPP_8388

DPP_8390

シャトルに乗れ、とのことなので、乗り込みます。

DPP_8393

DPP_8392

まだ、トランスファーのサインを追いかけます。乗継時間が1時間50分しかないので、慎重に行動しています。

DPP_8396

ここで、はじめて、トランスファーと到着ゲート行きの客が分かれます。

DPP_8398

他の到着便の乗客たちと、保安検査場に並びます。やっぱり、乗り継ぎでも保安検査があるんだね。

DPP_8400

けっこうな行列。

一瞬、昨年のロサンゼルスでの悪夢がよぎりましたが、列はちゃんと進んでいます。スタッフが、積極的に誘導し、旅客をさばくのに最大限の努力をしていることが見てとれます。

まったく、どっかの国も、見習って欲しいもんだ(笑)

DPP_8401

機内には、あれほどいた日本人の影は、もうありません。

みんな、どこ行っちゃったんだろ?? 
乗り換えて別の国に行くにしても、ここは通らざるを得ないと思うのですが・・

DPP_8404

行列が長かったわりに、さして時間もかからず無事に検査場を通過し、テヘラン行きのゲートを探します。

さすが、ハブ空港。探すのも一苦労です。

DPP_8437

テヘラン行き482便、ありました。E22ゲート。

それにしても、いろんな方面に出ているもんですね。

DPP_8405

名物 テディベアと初対面

ゲートを確認して、ホッとしながら、メインロビーに降ります。

おっと、あの巨大な化け物は何でしょう?? クマさんです(笑)

DPP_8407

可愛くて、なんかいい雰囲気ですねぇ。

でも、ホコリで汚れたら掃除が大変そう・・

DPP_8409

ここハマド国際空港は、2014年にできたばかりの中東のハブ空港。

今回は時間もないけど、実は、今年の夏にも寄ることになっているので、そのときは、この巨大空港を目いっぱい楽しむとしますか。

DPP_8410

またシャトルに乗ります。前面部のデザインがカッコいい!

DPP_8414

そして、E22ゲートへ。

DPP_8419

ドーハ ⇒ テヘランのフライト

テヘラン行きのゲートに到着。見事に日本人はいません。

DPP_8420

テヘランの文字。気分が高まってきました。

DPP_8421

テヘラン行きも最新の設備。

DPP_8422

USB端子もあります。

DPP_8439

ドーハからテヘランまで、シラーズ、イスファハーンと訪れる予定の街の上を飛びます。

フライトスケジュールの都合とはいえ、私は明日の朝、テヘランからシラーズまで、また飛行機に乗るんだよね。ちょっぴり、馬鹿らしい気が(笑)

DPP_8441

いよいよ離陸。
着陸してくる飛行機とぶつからないよね。素人の発想です。

DPP_8445

離陸するときに、一瞬見えたペルシャ湾。

石油のイメージが強いペルシャ湾ですが、こんなに綺麗だったんですね。
海底までバッチリじゃないですか!

DPP_8448

ペルシャ湾の上空は、一面の雲でした。

DPP_8457

短いフライトですが、機内食が配られはじめました。

DPP_8424

ちょうど、イランの国土の上空に差し掛かったころ。

DPP_8459

これまた美味しい
ドーハ行きの朝食から3時間ぐらいしかたっていませんが、ペロリと平らげます。

DPP_8463

窓外に、イランの山の稜線が。

この雲の下にはイランの大地があります。いよいよイランに降り立つのかと思うと、ちょっと武者震いがしてきました。

あと、2時間ほどでテヘラン到着です。

DPP_8465

タイトルとURLをコピーしました