世界遺産ペルセポリスに吹くペルシャの風【イラン旅行記 #8】

ペルセポリスの入り口に到着したようです。

さて、見学に要する時間は最低でも1時間。美術に興味があれば2~3時間と「地球の歩き方」に書かれています。

現在11時。タクシーの運転手は、私に携帯電話の番号を渡し、「見学が終わったら呼びだしてくれ。」と言っていますが、私には電話の掛け方がわかりません。

少し思案し、12:30にこの場所に戻ってくるので迎えに来てくれ、と約束しました。
(やっぱり、親切な運転手だったみたいです(^.^))

DPP_9074

壮大な「中東の3P」ペルセポリス

おお、ペルセポリス・・

紀元前に栄えた、アケメネス朝ペルシャの首都です。

DPP_9078

200,000リアル(約700円)の入場料を払って、中に入ります。

DPP_9081

DPP_9082

いよいよ、ペルセポリスに入ります。

「中東の3P」遺跡の一つで、イラン最大のみどころの一つとされています。

ちなみに、「中東の3P」遺跡のもう二つは、「ぺトラ遺跡」とシリアの「パルミラ遺跡」だそうで、ぺトラ遺跡は、そんなことも知らずに、昨年訪れました。(相変わらず無知だ・・)

なにしろここは、紀元前6世紀、ダレイオス1世によって建設が開始されたという遥かなる話で、紀元前331年にアレクサンダー大王に滅ぼされるまで栄華を誇っていたとのことです。

DPP_9143

イランの遺跡や庭園などのチケットは、どれもこれも同じ絵柄、ていうか、全部ペルセポリス!

書いてある文字も同じ。

どれが、ペルセポリスのチケットだか、わからなくなりました(笑)

でも、たしか200,000リアルでした。

DPP_9356

一緒に暮れたパンフレットの絵柄の方が刺激的。

ペルセポリスの落日ですか。

DPP_9357

門を入ると、売店が並んでいます。

DPP_9144

遺跡に近づいていきます。なんか、壮大さがうかがえます。

DPP_9147

DPP_9148

DPP_9152

DPP_9150

大階段

この階段が唯一の出入り口とのこと。左右どちらも111段だそうで、段差が低いのは、馬でも容易に上り下りをできるようにするためだそうです。

DPP_9151

でも、階段の上には、磨耗を防ぐためか、木の板が張ってありました。

DPP_9153

DPP_9155

クセルクセス門

宮殿の入り口ともいえるクセルクセス門。

顔が人で体が天馬という人面有翼獣神像。頭の部分は、なんと、イスラム教徒に破壊されたとのこと。

偶像崇拝を禁ずる掟は、強いんですね。

DPP_9160

しかし、デカイ・・・

DPP_9161

2500年ほど前の姿は、どんなんだったんでしょう。

DPP_9163

クセルクセス門をくぐって振り返ります。

DPP_9165

今日はイランの休日。イラン人の観光客も多いのかな。

ノウルーズを観光に充てる人もいるんでしょうか。

DPP_9164

空飛ぶ双頭鷲像

クセルクセス門を抜けて少し歩くと左側に現れるのが、これ。空飛ぶ双頭鷲像。

今日、私が乗ってきたイラン航空のシンボルにも使われているとのことです。

DPP_9166

夏季には「音と光のショー」が行われるそうですが、そのときの観覧席かな。

DPP_9167

DPP_9168

解説がないとわからない像もたくさんあります。

DPP_9171

なんだか、もうどこをどう歩いているのかわからなくなりました。

DPP_9173

さらに高いところにあるアルタクセルクセス2世の王墓ですね。

DPP_9174

野獣の像が多いです。

DPP_9175

DPP_9176

壮大な時を感じ取れるように、ゆっくり歩きます。
暑くもなく、寒くもなく、ちょうどいいです。夏に来たら、炎天下になるんでしょうね。

DPP_9177

向こう側に見えるのが百柱の間。手前の整然とした基礎は兵舎だったとのこと。

DPP_9178

丘の上のアルタクセルクセス2世の王墓

アルタクセルクセス2世の王墓に向かって登りはじめます。

今回の旅は、これを想定してスニーカーを履いてきました。正解でした。

DPP_9180

結構きつい坂。

DPP_9182

登る途中で見下ろす、百柱の間。ほんとに百本あったのかな。

DPP_9183

ようやくたどり着きました。

DPP_9186

アルタクセルクセス2世の王墓。たしかに「王座かつぎ」になってます。
そういえば、「王座かつぎ」って、タイのワットポーでも見られたよな・・

DPP_9187

とにかくデカい。

見事に彫ったものです。

DPP_9191

2,500年経って、あまり風化していないというのもすごい。

DPP_9193

DPP_9194

丘の上から見下ろすペルセポリス

丘の高さは結構あります。

DPP_9195

DPP_9200

当たり前ですが、柵などないです。すべて自己責任。

日本だったら、絶対、転落防止対策を施すでしょう。

DPP_9197

DPP_9201

せっかくペルセポリスに来たので、記念撮影をしていた老夫婦に1枚撮ってもらいました。

日本人と知ると、「記念にしたいのであなたを撮らせてくれ。」

日本人は、ほんとに愛されてるようです。

DPP_9202

いろんな旅行記やブログにも、ペルセポリスの描写は「おそろしいくらい蒼い空」とか、「照り付ける強烈な太陽」なんて書かれていますが、今日のペルセポリスは、そのどちらもありません。

スモッグがかかったような空。Tシャツの上に1枚羽織る程度の適温。心地よい風。

ペルシャの乾いた風が、本当に気持ちいい(^-^)

DPP_9198

さて、気をつけながら降りましょう。

DPP_9203

DPP_9205

DPP_9206

広い遺跡をあてもなく散歩します。

ぺトラ遺跡と違って、周りが見渡せるので、迷子にはなりません。

DPP_9209

DPP_9211

DPP_9212

少し疲れて、休憩。

DPP_9218

必ずあるんですね、Praying Room。

DPP_9216

隣に座っていたイラン人が、「日本人よ、あそこも見てこい。」というので、行ってみます。

DPP_9214

さっきの王墓とは数百m離れてますが、やっぱりアルタクセルクセスの王墓なのかな。
マップには出ていません。

DPP_9219

DPP_9220

DPP_9221

DPP_9224

悠久の時、ほんと時間を忘れさせてくれます。

といいながら、しっかり時計はチェック(笑)  12:30の約束まであと30分。

タラタラ歩きながら戻るとしますか。

DPP_9225

DPP_9226

この、写真を撮りあいしていた少女二人に、記念に一緒に入って映ってくれと頼まれました。

イスラム教徒は、写真を嫌がるという先入観がありましたが、徐々に変わりつつあるのかな。

私なんぞでいいのなら、被写体になるぐらいお安い御用です。

DPP_9228

ふもとまで降りました。

なんとしたことか時間が足りなくなってしまった。

「地球の歩き方」によると、1時間ないし2、3時間とあったので、1時間半あればいいかなと思いましたが、2時間は必要だったようですね。

ペルセポリスは、まだまだ続きます。

タイトルとURLをコピーしました