テヘランの乗り継ぎに冷や汗? イスファハーンからドーハ経由で帰国【イラン旅行記 #18】

現在14時。これから、テヘラン、ドーハと経由して、日本に帰国です。

日本に着くのは明日の夜。そして翌朝から仕事です。これでいいんです。私はサラリーマンですから(笑)

タクシーで空港へ

ホテルで荷物を受取り、タクシーを呼んでもらいました。空港まで250,000リアル(約890円)。

DPP_10368

ついに、イランともお別れですね。

DPP_10375

走馬灯のように、脳裏によみがえるこの4日間。

DPP_10378

イスファハーン空港でのひととき

名残惜しいですが、もう空港です。

DPP_10379

これから、飛行機を2回乗り継いで、日本に帰ります。

DPP_10332

空港の警備は男女別。

DPP_10333

とうとう読めなかったペルシャ語。

DPP_10334

17:20のイラン航空テヘラン行きは、on time。とりあえずホッとします。

これに乗り遅れると、明日中に日本に帰れないことを意味します。

DPP_10335

時間があるので、ロビーを散歩。

DPP_10380

こんな異国な雰囲気に浸りながら、明日の夜は日本に帰っているって不思議だ。

DPP_10382

清潔なイランのトイレ。

今まで旅してて、一番汚かったのは中国かな(笑)

DPP_10383

レストラン。でも機内食も出るでしょうから、やめとこう。

DPP_10385

でも、のどが渇いたのでアイス。

DPP_10386

やっとチェックインがはじまりました。

DPP_10390

この便は、テヘラン行きの最終便。乗客の荷物も多くなりますね。

それに、明後日からノウルーズだし。

DPP_10391

窓際ゲット! 曇ってるから、イランの大地は見れないかな。

と、ここまでは、順調でした・・・

DPP_10336

テヘラン行き2時間の遅延 さて、どうなる?

なんと、いつまでたっても、テヘラン行きのボーディングがはじまりません。

DPP_10384

日本までのフライトスケジュール

航空会社便名フライト

乗継ぎ時間

イラン航空

IR237

イスファハーン17:20 ⇒ テヘラン18:25

4時間15分

カタール航空

QR499

テヘラン22:40 ⇒ ドーハ0:15

3時間05分
QR806

ドーハ3:20 ⇒ 成田19:00

 

これが、日本までのフライトスケジュール。

このスケジュールで、若干冒険なのが、テヘランでの乗り継ぎ。

イラン航空とカタール航空で、そもそもトランジットの扱いでないうえ、空港が違う。

イラン航空の発着は市街地に近いメフラーバード空港。カタール航空は郊外のエマームホメイニー空港。

でも、4時間以上あるんです。

空港間の移動に1時間を費やしても、トータル4時間強あれば大丈夫だろうという計算でした。

 

ところが、なんとしたことか、イラン航空が17時を過ぎても、まったく音沙汰なし。

さらに、18時を過ぎてもボーディングははじまらず・・・

遅延や欠航が多いイラン航空と聞いてましたが、直撃を食らうとは。

私の計算では、2時間以上遅れたら、テヘランで乗り継ぐことは不可能・・・

 

テヘランで、カタール航空に乗れなかったときの対応を真剣に考えはじめました。

そして、頭の片隅では、連休明けの火曜日、出勤できない言い訳を並べ立て・・・

旅の終わりに、なんとも惨めな焦燥感。しかし、これも旅です。

DPP_10338

焦燥感の中 イラン航空でテヘランへ

待望のイランまで来たんです。と、達観しはじめたころ。

他のイラン人たちも、「まだぁ~?」という顔をしはじめた19時過ぎ。

ようやくボーディングが開始されました。

DPP_10392

もう外は見えないし、こりゃ、窓際押さえたの失敗だ・・

すぐに降りれる前方部にするべきだった、が、時すでに遅し。

現在、19:20。うまくいけば20時にはテヘランに着ける。ギリギリ間に合うかな。

とにかく、一刻も早く、メフラーバード空港に着いてもらうことを願います。

DPP_10394

焦っていても腹はすく(笑)

イラン国内、最後の食事。おいしく平らげます。

DPP_10395

メフラーバード空港からエマームホメイニー空港へダッシュ!

飛行機は順調に飛んで、テヘランへ。

沢木耕太郎さんが言っていた通り、テヘランは光の海でした。

DPP_10449

早く降りてくれぇ~・・・   この時点で20:20。  

DPP_10396

駆け足で到着ロビーへ。

DPP_10398

背に腹はかえられず、空港タクシーを奮発。800,000リアル(約2,800円)、仕方ありません。

運転手に「プリーズ、ハリーアップ!」

若い運転手は、渋滞する高速道路を、他車をかき分け、巧みにクルマを走らせてくれます。(よく事故らないと感心。テヘランの渋滞はすごいよ。)

20:40頃、渋滞をぬけてようやく郊外へ。クルマが快走しはじめました。

どうやら間に合いそうです。よかった

DPP_10401

ギリギリ間に合ったカタール航空ドーハ行き

エマームホメイニー空港に到着。

メフラーバードが羽田なら、こちらは成田という感じの郊外空港。

ドーハ行き22:40は、当然チェックインがはじまっていますが、なんとか間に合いました!(^^)!

DPP_10402

カタール航空のカウンター。ほとんどの乗客はチェックイン済みの模様。

窓際を頼んでも、「フル」とつれない答え。

DPP_10403

EとかBとか、シートとシートの間の席だね。

これから10時間以上かけて帰国するのに泣きたくなりますが、仕方ない。

間に合ってくれたことに感謝すべきでしょう。

DPP_10409

チェックインを終え、ホッとする間もなく、大行列の保安検査。まだまだ息が抜けません。

ノウルーズ前のイラン。海外へ出国する人も多いのでしょうか。

大行列に荷物も多く、列は遅々として進みません。また、焦りはじめます。はあ、疲れる(笑)

現在21:30。あと10分でボーディング開始(ToT)/~~~

DPP_10404

30分以上かけて、ようやくイランを出国。22番ゲートへ全力疾走です。(ほんとに・・)

DPP_10405

22番ゲートに着くと、なんかカタール航空でないCAがいます。あれー、もう飛んじゃったのかな・・・

DPP_10455

でも、行き先表示ボードを見ると、間違いなくドーハ行き。

ちょうど、ボーディングが終わろうとする頃でした。

本当によかった。

ここで、本当に安心して気が抜けました(^_^)

DPP_10453

ドーハ行きの飛行機は30分ほど遅れて出発。(おいおい、まいっか)

4時間ほど前までドタバタしていたイスファハーンの上空を、一路ドーハへ。

DPP_10412

気持ちが焦りすぎてのどが渇いた・・   4日ぶりに飲むビールがうまい!

ていうか、もう私、ふつうにお酒ぬいても生活できるようになっちゃったみたい。

DPP_10413

旅の最後 ハマド国際空港での乗り継ぎ

少し気流が悪く、ぐらぐら揺れながら、ドーハに到着。

DPP_10415

DPP_10417

DPP_10458

ほんとにすごいフライトの数。

なんでも、このエリアで、ドバイとハブ空港の座を競っているとのこと。カッコいい!

DPP_10459

トレインで移動します。

DPP_10420

おお、巨大なクマ。またいたね。8月にもまた来るからさ。

DPP_10461

時刻は午前1:30。深夜とは思えない、人の往来。

DPP_10464

DPP_10462

ターミナルDに向かいます。

DPP_10463

カタール航空成田行き 帰国フライト

成田の文字を見て、無事に旅を終えることができた喜びと、旅が終わってしまった虚無感。

DPP_10465

午前3時過ぎに搭乗開始。なんか、サッカー選手の一団が乗ってました。

DPP_10424

雲はなく、外の景色見れるやん! 窓際をゲットできなかった悔しさが、今頃沸き上がります(笑)

DPP_10425

おいしいカタール航空の機内食を存分に味わって、目を閉じます。

今回の旅、ほんとに弾丸だったね・・・  イラン、また来たい・・・

DPP_10427

目を覚ますと、機は東シナ海の上。

DPP_10430

2回目の機内食が配られます。

DPP_10431

ほんとにおいしい機内食。

おや、またワサビたっぷりのソバが。ワサビ大好きの私は大歓迎ですが、そうじゃない人は・・

DPP_10432

長い距離を飛んだよね。

DPP_10438

そして、定刻19時。成田空港第2ターミナルに到着。

無事に帰国できたことに感謝(*^^)v

DPP_10441

税関のおじさんは、「カタールの他は、どちらに行かれました? イラン? へえ~!」

数日の滞在だったけど、素晴らしい国だったと思います。

私が日本人というだけで、声をかけてくれたイランの人たち。

せめて、もう少し英語だけでも話せれば、イラン人の気持ちをもっと吸収できたような気がしてもったいない。

今年は、英語の勉強でもはじめようかな、なんて気まぐれてみました。

明日は出勤! 旅だけでなく、仕事も頑張ろう!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました