イスファハーンのキリスト教徒(アルメニア正教)地区【イラン旅行記 #16】

今日は、イラン弾丸旅行、最後の日。

夕方の飛行機でテヘランに戻り、そのままカタール航空で日本に帰ります。ここまで、たった3日間の旅が、何倍にも感じられる不思議な気分です。

ところで、イスファハーンには、異教徒のエリアがあるそうです。

この場合の異教徒とはキリスト教徒。

イスファハーンには「ジョルファー地区」というのがあって、ここには、今でもアルメニア人が住み、アルメニア正教、すなわち、キリスト教を信仰しているとのこと。

翻って調べてみれば、アルメニアは、あのローマ帝国よりも早く、世界で最初にキリスト教を国教とした国らしい。

そんな敬虔なキリスト教徒(アルメニア教徒)が、イスラム教シーア派の国に居住エリアを持ち続けている。

興味を持った私は、イラン最後の日行ってみることにしました。

タクシーで「ジョルファー地区」へ

昨夜は夕食を食べたら、ベッドでぐっすり。2日ぶりのベッドだったので無理もない。

朝6時には目が覚め、7時からの朝食が待ち遠しかったです。

DPP_10166

朝食はバイキングでしたが、超単純。でも、パンやナンは焼き立てでうまい。

パンとチャイだけで、十分おいしいホテルの朝食です。

あんまり混んでないレストラン。ていうか、まだみんな眠ってるんだろうな。

DPP_10165

さて、「ジョルファー地区」というのは、橋を渡って、地図の左下の20とか21があるあたり。

ホテルから、歩いて行けない距離ではないですが、時間を有効に使いたいのでタクシーで行くことにします。

DPP_10299

朝食を食べ終わって、チェックアウトの時間(12時)を確認してから、タクシーで「ジョルファー地区」に向かいます。

日曜日の朝なのに、けっこうな渋滞。

DPP_10167

タクシーは、途中、いろんな人を乗せては降ろしを繰り返し、そのたびに、利用者は50,000リアル払って降りていきます。

実は、イランのタクシー、流しはこれが初めて。料金を交渉するの忘れました(笑)

降りるとき、何食わぬ顔をして50,000リアルを払って降りようとすると、猛烈な勢いで手を振り、100,000リアル(約357円)を請求してくる。

交渉すべきだったんでしょうが、100,000リアル払って降りました。ほんと疲れます

願わくば、私の行為が、他の旅行者の迷惑にならないように・・

DPP_10189

気を取り直して、「ジョルファー地区」に入ります。

DPP_10191

そんなに変わった感じはしません。

DPP_10193

アルメニア教会 ヴァーンク教会

歩いているうちに、教会が見えました。

DPP_10194

ヴァーンク教会でしょうか。

DPP_10197

DPP_10195

入り口です。ちょうど、今開いたって感じ。

DPP_10200

チケットも、イランのその他大勢の遺跡のチケットとは種類が違います。

DPP_10298

DPP_10201

屋根の上には十字架。ここは紛れもなくキリスト教の世界です。

しかし、ここは、ガチガチのイスラム教シーア派の国イラン。なにか信じられません。

DPP_10204

DPP_10203

朝から賑わっています。まあ日曜日だし。

DPP_10205

DPP_10206

外観は、イスラム教のモスクそっくり。色彩は違うけど。

DPP_10207

DPP_10208

しかし、このイスラム社会において、よく十字架が描けるものです。素人考えですが。

DPP_10211

DPP_10212

DPP_10213

DPP_10214

壁の色も模様も美しい。

DPP_10215

DPP_10216

中に入ると、これまたキリスト教一色。

DPP_10218

DPP_10219

DPP_10220

ふんだんに絵が描かれています。

えーと、偶像崇拝を禁止したのは、東ローマ帝国じゃなかったかな。

地理的に、近いアルメニアは、偶像崇拝が禁止されなかったのでしょうか。

DPP_10226

DPP_10227

入場者もいっぱいいます。

DPP_10228

DPP_10229

DPP_10230

DPP_10231

DPP_10234

外壁にも絵が。

DPP_10236

DPP_10238

博物館に入ってみました。

DPP_10242

DPP_10243

おおー、アララット山ですね。失礼ながら、一瞬、富士山かと思った。

DPP_10244

古い聖書。いつごろ書かれたものでしょう。

活版印刷機がでてきたのが宗教改革のころだから、意外と最近?

DPP_10245

博物館を出たとたんに、話しかけられます。これは、イラン人ではなく、アルメニア人なのかな。

私が「ジャパン!」と言うと、周り中の人が「oh~ japan!」と言ってるのが聞こえます。

黙ってると、中国人や韓国人に間違えられちゃいますね。

日本人も、もっとイランに来ましょうよ。マスコミの情報なんかに流されないで(笑)

DPP_10247

モスクのようなアルメニア教会。素敵です。

DPP_10248

花も綺麗に咲く協会。本当に、イスファハーンは美しい街です。

DPP_10250

DPP_10253

アルメニア人地区の散歩

教会の外に出ました。

DPP_10254

あてもなく歩きます。

DPP_10255

DPP_10257

ちょっと、怪しい空模様。雨でも落ちてくるかな。

DPP_10259

DPP_10260

DPP_10262

DPP_10265

遠くにモスクのような屋根を発見。

DPP_10267

よく見ると、やはりてっぺんに十字架が。

ここアルメニア人地区「ジョルファー地区」には、アルメニア教会が13もあるそうです。

DPP_10268

アルメニア人も、最も多いときで6万人が住んでいたと聞きます。

DPP_10275

DPP_10277

ジョルファー地区をあてもなく散策。

DPP_10280

気持ちいいものです。

DPP_10282

コーヒーでも飲みますか。

DPP_10286

オシャレな喫茶店がいくつかありますが、こちらを選択。

DPP_10287

中もオシャレです。

DPP_10288

モカをオーダー。
歩き回って、心地よく疲れた身体には、コーヒーが一番ですね。

DPP_10289

さて、ぼちぼち、ホテルに戻りましょう。

イランの旅も、楽しむ時間が残り少なくなってきました。

ナザール通りに立ち止まって、この地区で最も古いベツレヘム教会を眺めます。

DPP_10270

DPP_10272

ホテルへの帰りは歩きます。

チャハールバーグ通りは、またまた休日の賑わい。

DPP_10173

休日のイスファハーン。平和な光景です。

DPP_10175

この情景を見て、アメリカと敵対している国とは思えません。

DPP_10179

急ピッチで進められる地下鉄工事。

数年後に、またイランに来ることがあったら、どのくらい発展していることでしょう。

DPP_10183

ホテルの戻る途中、見かけたサクラ。

ていうか、桜なのかな。日本以外の国で咲くって、なんか意外。(私が知らないだけ・・)

DPP_10294

さて、旅も終盤です。

タイトルとURLをコピーしました