【イラン旅行記 #2】テヘラン空港到着 アライバルビザのゲット

あと、1時間ちょっとでテヘランです。少し、今回の旅を整理しておきましょう。

DPP_8457

イラン入国直前 頭の中の整理?

いつもと違うところから、頭の中を整理。

持ち物

  • ポケットWifiのレンタルなし:グローバルWifiで、イラン用のレンタルがなかったから。
  • 現金:ドルとユーロをいつもより少し多め。クレジットカードが全く使えないらしいから。

旅の行程

本日の宿泊:テヘラン旧市街の高級ホテル。到着日のホテルは、ビザ取得上予約しておいた方がよさそうだったから。(さがせば、もっと安いのはいくらでもあったと思う)

移動:2回乗る予定の飛行機は、イラン航空のをゲット済み。ただし、バスの予約はしていない(日本からはできない?? 不明)

イランの国情

入国にはビザが必要。しかし、まだ未取得。空港で、アライバルビザというのが取れるというのを信じて、手ぶらで来ました(笑)。(一応、日本のイラン大使館に電話し、パスポートに、アメリカ入国のスタンプが押してあるが大丈夫かと、問合せ。大丈夫とのこと。)

さらに、来週からはノウルーズという、イランの1年の始まり大型連休。

この、ノウルーズの前後は、イラン中の人々がいっせいにお祭りモードに入り、ホテルや交通機関が軒並み満員になるとのこと。「~歩き方」にくわしく、掲載されています。

ノウルーズの存在を知ったのは、往復の航空券を手配した後。

しかも、「~歩き方」にあんなふうに書かれては、私のような素人旅人は、焦らざるをえません。

イラン国内の航空券をあらかじめゲットしたのはそのため。

できれば、イスファハーンのホテルも予約しておきたかったけど、バスのチケットがうまく取れないとご破算になるので、運を天に任せました。

 

ひと通り、頭の中を整理し終わって、窓外を見やります。おおーッ! イランの大地が見えました。

DPP_8470

着陸態勢に入りました。

DPP_8471

テヘラン エマーム・ホメイニー空港に到着

到着したのはテヘランのエマーム・ホメイニー空港。

テヘラン郊外にある、日本でいえば成田のような国際空港です。

したがって、周囲には街がありません。

DPP_8472

いよいよ来ました。イランの首都テヘラン。

はやる気持ちを抑えながら、機を降ります。

DPP_8482

DPP_8484

出口へ。さて、ビザは、どういうふうに申請すればいいのでしょう。

DPP_8486

旅行保険への加入&アライバルビザの取得

イミグレーションに行く途中に、なんか行列がありました。

よく見ると、インシュランス。旅行保険ですね。

「地球の歩き方」にも、まず保険に入らされる、とあります。まずは、ここでよかったと安堵です。

DPP_8487

係のおじさんが、「何日だ」と表を指します。

一番短い「30日」を選ぶと、「16ドル」と言われます。ユーロだと14ユーロ。

ユーロって使ったことがなかったので、ユーロで払いました。

そして、その保険証券を持って、この窓口へ行きます。

すると、「60ユーロ」と書かれた紙片と、ビザ申請書を手渡されます。

DPP_8494

左側が保険証券。右側がビザ申請書です。

保険の件は知っていたので、今回は海外旅行保険入らないにしようかな、とも思いましたが、入っておいて正解です。

だって、証券の記載内容によると、病気・傷害の保険金は10,000ユーロ、約120万円です。

14ユーロの保険料じゃしょうがないですよね。これじゃ、万が一の時、助かりません(笑)

そして、右側の申請書。

案の定、今夜宿泊のホテルの住所と電話番号の欄がありました。予約しておいてよかった・・

父親の名前の記載欄があるのも驚きですが、遠く8,000キロ離れたテヘランで、息子に名前を使われているとは、夢にも思わないでしょう(^_-)-☆

DPP_8488

そして、紙片にかかれた「60ユーロ」を隣の銀行に払い込みました。

すると、手数料かなにかで3ユーロを追加要求。拒むことなどできないので、払います。

5ユーロ紙幣を出すと、払い込み証明書のようなものと、70,000リアルのお釣り(2ユーロ分?)をもらいました。

はじめて手にするイランの通貨。

DPP_8496

そして、払い込み証明書を提出して、気長に待ちます。

15人くらい外国人がいましたが、私の順番は、10番目ぐらいでしょう。

DPP_8476

なかなか呼ばれません。すでに空港到着から1時間経過。

同志たち?も、同じように気長に待ちます。

DPP_8506

ヒマなので、付近を散歩。おおッ!ペルシャ模様ですね。

DPP_8500

窓口のガラスが、カチャカチャとたたかれ、「ジャパン!」と呼ばれました。日本人は、ほかにはいません。私のことです。

無事に、イラン入国のビザGet! ちょっとした達成感です。

結局、保険代と合わせて、77ユーロでした。

DPP_8514

不思議なイミグレーション

すでに12時を回り、到着から1時間半が経過。

テヘランの観光は、今日しかありません。急ぎましょう。

人気のいなくなったイミグレーションへ。

もう、残っているのは、私と、中国人らしい2人組しかいません。

私がパスポートを差し出すと、イミグレの係官は、口笛を吹きながら、私のパスポートをもてあそびます。

いったい何の儀式なんだろう???

しかも、私を待たせ、中国人2人組は、あっさり入国させ、イミグレにいる旅行者は私一人になりました。

そのあと、「ヘイ!」と言って、5、6人の係官がダベっている別のカウンターに連れていかれます。

なんか、ペルシャ語でワイワイ言ってるようですが、さっぱりわかりません。まさか、アメリカ入国のスタンプが押されてるのが問題??

係官たちの表情は険悪なものではなかったので、不安はありませんでしたが、そのうちに、「ウエルカム!」と言って、握手を求められ、一人づつ握手して、パスポートが返されました。

DPP_8497

いったい、あれは何だったんだろ・・・とりあえず、無事に通過。同じ旅客機で来た乗客、もう誰もいません。

歓迎してくれたというのはわかりましたが、ちょっと大げさ?

DPP_8508

なにはともあれ、晴れて、イラン入国です。

イランで、海外渡航16カ国目

DPP_8511

イランの通貨 イラン・リアル

さっそく両替です。
400ドルを銀行窓口に出すと、なんと、1,300万リアル以上になって返ってきました。

1,300万リアル。50万リアル紙幣が26枚!

なんという、インフレなんでしょうか。

DPP_8516

いきなり、お金持ちになった気分ですが、あまりのケタ違い?に、慣れるのが大変・・

だいたい、10,000リアルが35円ぐらいという換算レートです。なので、100,000リアルは350円、500,000リアルは1,750円くらいという計算になります。

DPP_8515

とりあえず、ここまで順調にきました。

DPP_8479

タクシーでテヘラン市街へ

エアポートの外に出た瞬間に、「タクシー! タクシー!」と声を掛けられます。

まあ、そうなるでしょう。

いくら? と聞くと、「セブンティー サウザン トマン」という答え。

セブンティ サウザンは70,000ということなんでしょうが、トマンとは何でしょう?

「私はトマンは持っていない。リアルなら持っている。」と言うと、「OK! OK!」と言いながら、私のメモ帳に0を一つ足し、700,000にしました。

なるほど、「地球の歩き方」にも、日常生活では、トマンを用いることが多い。1トマン=10リアル、とあります。

 

今回、イランの旅をするにあたって、用意したのが、このアプリ。

世界各国の通貨を、瞬時に換算してくれる、すぐれものです。Wifiなど、持ってきていませんが、オフラインでも最新レートではありませんが動くところがグッド!

DPP_8633

これによると、100,000リアルが約354円。ということは、700,000リアルは2,500円弱。

ここ、エマーム・ホメイニー空港は、テヘラン市街まで50キロは離れているし、「地球の歩き方」による相場もそんなもの。と、勝手に納得して、タクシーに乗り込みました。(値切らなくちゃ、いけなかったのかな??)

あらためて、運転手の風貌を見ると、初老で優しそうな顔の運転手でした。

DPP_8525

はじめてみるイランの大地。

DPP_8524

イスラム教シーア派の国、イランの旅がいよいよはじまりました。

DPP_8522

タイトルとURLをコピーしました