ノウルーズ前夜の賑わい テヘランのバザール【イラン旅行記 #5】

蛇足ですが、テヘランという地名は、イラン・イラク戦争で知りました。

私が中学生の時に勃発した戦争。

何故記憶に焼き付いているかというと、報道される規模の国際戦争の存在を、たぶん、生まれてはじめてテレビを通じて見たからだろうと思います。

テヘランの日系特派員からの連日の報道を、「戦争って、結局終わってないじゃん」と、私はそういう風にとらえて眺めていました。

何しろ、小学校の授業では、「日本が戦争に負けて、戦争は終結した。もう、戦争は起きない。」なんて教えられ、私はそれを、地球規模に拡大解釈していたんですから(笑)

バザール前の平和な光景

そういう感慨のあるテヘランという街ですが、訪れてみると、平和な光景が広がっています。

ここは、ゴレスターン宮殿の出入り口をすぐ出た公園です。

DPP_8631

テヘランのバザールの近くでもあります。

DPP_8632

では、バザールの方に向かってみます。

DPP_8684

DPP_8686

水がふんだんに使われていて、自然の豊かさを感じさせますね。

あんまり、雨は降らないんだろうとは思いますが。

DPP_8687

雑踏をさけて、休憩するイラン女性。

DPP_8690

ここは、バザールの手前、パーンズダヘ・ホルダード通り。文字通りの雑踏です。

DPP_8745

私も路上の岩に腰かけて、しばらく、道行く人たちを眺めます。

DPP_8749

街路樹が色づくと新緑になるのでしょうか。

DPP_8751

中東の国に来て、こうやって道行く人を眺める。

ずっと、やりたかったことが願いかなって、感無量(笑)

DPP_8755

中央の芝生の上では、団欒を楽しむイラン人たち。

DPP_8758

DPP_8760

何をするでもなく、通りを眺めている東洋人は珍しいんでしょう。

いろんなイラン人が話しかけてきますが、だいたい「コウリャン? チャイナ?」と聞いてきて、日本人と知ると、「オー、ジャパン!」と笑顔で握手を求められたりします。

握手を求められるのも、1回や2回じゃありません。

親日国家とは聞いてましたが、これほどまでとは(^-^)

DPP_8763

英語のわかるイラン人と少し会話すると、やっぱりこの雑踏はノウルーズ。

宴の準備をするために、食材などを買い込んでいるとのこと。なるほど・・・

その人に、「中国語と日本語は同じなのか?」と質問を受け、「ベリーディファレント」と答えると、「文字がすごく似てるじゃないか。」と言います。

中東の人が、漢字を見ると、そう思うんですね。

DPP_8776

バザールに入る前に、人の流れに乗って、大通りの方へ歩いてみます。

DPP_8791

DPP_8793

イスラムの世界では、女性は一人では外出できないという、あやふやな予備知識がありましたが、なんかふつうに外出し、買い物もしています。

DPP_8799

DPP_8805

モニリーイェ広場の人の洪水

ここは、地下をメトロ1が走るストリート。

大渋滞する道路同士が交差する、交通の要衝モニリーイェ広場ですが、なんと信号がありません。

DPP_8810

信号がないから、みんな無手勝流に交差点になだれ込んできます。

この迫力、すさまじい(笑)

中国やタイもすさまじかったですが、私が今まで渡航した国の中では、すさまじさはトップレベルです。

DPP_8817

信号がないので、人々は、自己責任で渡らなくてはなりません。

DPP_8820

渋滞してますから、クルマは動いたり止まったり。

しかし、その間隙をついて走るバイクが怖い。スピード落としませんから(*_*)

DPP_8821

交差点にはバスも侵入してきます。それも、ドア開けっぱなしで・・

DPP_8824

そして、勝手に乗り込みます。

DPP_8827

DPP_8828

当然横断歩道なんてありませんから、向こう側に行くのも一苦労。

DPP_8808

すごい光景だ、これは。

DPP_8830

この縦横無尽なさまは、なんと形容すればいいでしょう。

DPP_8951

しばらく、ガードレールに腰かけて、見学。見てるだけで、時を忘れる楽しさです。

DPP_8954

また、バザールに戻ってみましょう。

DPP_8837

私も、だいぶこの雑踏に慣れてきました。

DPP_8840

DPP_8844

公衆電話があります。懐かしい。

DPP_8848

雑踏に漂う香辛料の香り

香辛料やさんも、いっぱい並んでいます。

DPP_8850

DPP_8853

なんて書いてあるのか、全く読めません。

数字は、おそらく、32,000でしょうか。でもトマンなのかリアルなのか、販売単位もわかりません。

DPP_8858

そんなにキツイ香りはしません。
香辛料というより、木の実ですね。つまんだら、おいしそうです。

DPP_8881

DPP_8883

DPP_8884

私が、歩けてるのが不思議なほどの雑踏です。しかも、アジア系の顔は、まったく見あたりません。このアウェイ感がたまらないです。

DPP_8885

DPP_8886

さらに奥へ進みます。

DPP_8863

中東最大規模 テヘランのバザール

あそこが、広大なバザールの入り口の一つ。どんな様子なのか、ちょっと入ってみましょう。

DPP_8769

入ってみてびっくり。デパートみたくなってるじゃないですか。

DPP_8780

食料だけじゃなく、衣料、貴金属、子供のおもちゃなどまで、何でもありのようです。

DPP_8784

一番右のサインは、お祈りする部屋ってことですね。

DPP_8785

とにかく、人の流れがすごいので、いったん外に出ます。いやあ、すさまじい熱気だ。

DPP_8786

人をかき分けて、なんとか外へ。

DPP_8790

これ、買い物するのが大変なほどの混雑です。

DPP_8864

ほんとすごい人の数。夕方になるにつれ、どんどん増えてきました。

DPP_8869

馬車も現れました。

DPP_8875

サブゼ広場だそうです。

DPP_8887

DPP_8891

違う入り口から、もう一度バザールの中に入ってみます。

DPP_8899

かつて見たことのない雑踏

この人の数。もうびっくらです!(^^)!

DPP_8900

文字通り、人の洪水。スリ警戒モード全開(笑)

DPP_8902

久保田早紀「異邦人」の歌詞に、「市場へ行く人の波に身体を預け・・」というシーンがあったのを思い出しました。

まさに、そんな感じです。自分の意思と関係なく、身体が動いていきます。

DPP_8906

中心部付近まで来て、ようやく人ごみからは解放。

区画によって、お店屋さんのジャンルが違うんでしょうね。

今日だけでは、とても全部は見きれません。

DPP_8910

DPP_8913

貴金属から生活雑貨まで、なんでもござい。

DPP_8917

DPP_8918

これが、テヘランのバザールなんですね。

DPP_8920

DPP_8921

時刻も18時を過ぎてきました。

DPP_8922

タラタラと、ホテルに帰りますか。

DPP_8924

遠くには、雪をかぶった山。

DPP_8957

エマームホメイニー広場まで、戻ってきました。

日は落ちましたが、そんなに寒くありません。15度以上はあるでしょう。

テヘランがこんな感じであれば、今回の旅、冬物のセーターは必要なかったかな。

DPP_8970

細い路地をのぞきながら、ホテルへ戻っていくと、電気屋さん街がありました。

DPP_8927

なんか、プレステ4を盛大に売っています。

ノウルーズ商戦ってやつでしょうか。でも、イラン国民、どんなソフトをやるんだろう?

DPP_8942

すごいな、VR対応のソフトですか。

DPP_8943

ドネルサンドの夕食

さて、腹ごしらえ。

考えてみれば、朝の機内食から、何も食べませんでした。(機内食が2食分でたからね)

通り沿いのファーストフード屋に入り、おすすめを注文。

DPP_8932

ドネルサンドでしょうか。こりゃ、まじにおいしい!

DPP_8935

ケチャップやマスターをかけながら食べると最高です。

値段を忘れちゃいましたが、100,000リアル(354円)紙幣を出して、お釣りをもらいました。

ボリュームもたっぷりです。すっかり、お腹いっぱいになりました。

DPP_8937

満腹して、ホテルへ戻ります。

DPP_8945

刺激の強かったテヘラン散策に、身体が震えたままです(笑)

しかし、明日は7:20のフライトでシラーズへ飛びます。5時には起きないと。

名残惜しいですが、今日は、もう寝ましょう。

テヘランとは、たった半日でお別れですが、何日もいたような感覚です。

無事だった本日に感謝!

タイトルとURLをコピーしました