ラオス弾丸一人旅 3泊5日の旅のまとめ

アジアの神秘な国ラオス。かつては、バックパッカーが長逗留するような国(今でもそうかもしれません)だったようですが、そんなラオスをたった3泊5日でブーメランのように行って帰って来ました。

ラオスといえば、なんとなくベールに包まれた国というイメージがあったのですが、実際に行ってみると、とても開かれた、旅行者にとってはまったく居心地のいい国でした。

そんな3泊5日弾丸紀行をまとめてみましたので、同方面への旅を企画されている方がいらっしゃいましたら、ぜひ参考にしてみてください。

ラオス 弾丸旅行 全行程

今回の旅の全行程がこちらです。時系列にリンクを貼ってありますので、読みたいところからどうぞ。

日付

午前

午後
1/10(木)

 

羽田 ⇒ バンコク ⇒ ビエンチャン

バンコク経由でビエンチャンへ

1/11(金)

ビエンチャンの町

ラオスの首都ビエンチャン

ビエンチャン観光

夕暮れのビエンチャン

1/12(土)

ルアンパバーンへ

プロペラ機でルアンパバーンへ

プーシーからの風景

ルアンパバーン観光

ルアンパバーン散策

夜のルアンパバーン

1/13(日)

ルアンパバーン観光

早起きの托鉢

メコン川遊覧

ルアンパバーン観光

パークウー洞窟

メコン川の落陽

1/14(月)

ルアンパバーン ⇒ バンコク

バンコクのラウンジ&帰国フライト

羽田空港着

1月の3連休に会社からもらった休暇を1日追加して、行ってきた日程。

会社の同僚が20年近く前にラオスを旅行したことがあり、その頃は旅行者に門戸が開かれてまもなかったこともあり、タイからの移動ですごく時間を食ったらしい。

私が、3泊5日でラオスに行って来ると告げると、目を丸くして驚き、そんなにお手軽に行けちゃうようになったんだ・・」と遠くを見る目になってました。

私自身も、3連休を利用して、「ちょっとラオスに行って来る」とばかりに旅ができるようになるとは思わなかったです。

ラオス往復のフライトスケジュール

 航空会社便名フライト乗継ぎ時間
往き

ANA

NH849

羽田0:10 ⇒ バンコク5:15

4時間30分

バンコクエアウェイズ

PG943

バンコク9:45 ⇒ ビエンチャン11:00

 
帰り

ラオス国営航空

QV633

ルアンパバーン7:40 ⇒ バンコク9:40

5時間35分

ANA

NH878

バンコク15:15 ⇒ 羽田23:00

 

ANA便を中心にチケットをゲット。

バンコクでの乗継時間が長すぎるのがもったいないですが、バンコクはプライオリティパスで入れるラウンジが、たくさんあります。

ラウンジをはしごしていれば、疲れないし、楽しみの一つにもなります。

旅費・ホテル代など

さて、旅費はいくらでしょうか。計算してみました。(2019年1月のレートで計算)

用途

利用区間など

費用

飛行機

(ANAなど)

羽田 ⇒ バンコク ⇒ ビエンチャン

ルアンパバーン ⇒ バンコク ⇒ 羽田

68,380円

飛行機

(ラオス国営航空)

ビエンチャン ⇔ ルアンパバーン9,600円
ホテル

ビエンチャン:VKSホテル

4,100円
ホテル

ルアンパバーン:ホテルリバーロッジ1(2泊)

6,900円

しめて、合計88,980円です。ホテル代が安いので、まあまあのところまで押さえられました。

食費代や現地交通費代を除いた基本的な部分で10万円を切れば、私としては大成功です。

この旅費で、マイルも4,302マイル獲得。機内食も出てますから、2019年最初の旅としては、うまくいったのではないでしょうか。

気候など

1月のラオス、気温はちょうどよかったです。ルアンパバーンは、とにかく歩き回りましたが、川から吹いてくる風が心地よく、汗だらだらにはならなかったです。

ただし朝晩は多少冷え込みます。最後の日に、トゥクトゥクの荷台で空港まで送ってもらったときは、風がもろに私の身体に当たり、Tシャツ1枚では震え上がりました。

食事など

屋台オンリーで満足、という人にはラオスは天国じゃないでしょうか。ビエンチャンもルアンパバーンも、夕方になると露店が盛大に広がります。値段も安いです。

一方で、世界中から旅行者が集まるルアンパバーンは、欧米料理を扱うレストランがたくさん並び、ふつうの食事で毎日過ごすこともできます。もちろん、お酒なんて、どこでも飲み放題(お金は払いますよ)。

イメージ的には、ベトナム・フエの旧市街や、カンボジアのシェムリアップに近いかな。街中がほぼ歩行者天国になっていて、物理的にクルマが入ってこれない分だけ、ルアンパバーンのほうが、落ち着いてレストラン街を歩けました。

治安など

ビエンチャンもルアンパバーンも、まったく危ない印象を受けませんでした。ていうか、どこを見回しても、欧米の観光客ばかりで、ほんとにアジアにいるのかって気分になることも。

現地の人々の表情も柔らかく、治安の良さは肌で感じられましたね。

かつては、ラオスの治安の悪さは折り紙つきで、実際、パスポートを盗まれたなどと書かれているブログなども拝見しましたが、観光客が流入するようになって、街が潤い、人々の生活水準も上がっているのかな。

ほんとに、日本の地方都市の町長さんがルアンパバーンの現状を見たら悔しがる、そのくらい町全体が観光客で賑やかに盛り上がってましたね。

まとめ

3泊5日では多くを語ることなどできませんが、いちおうビエンチャンの町も歩いたし、ルアンパバーンには2日いたので、「ラオスに行ってきた」レベルの旅にはなったのかなと思います。

もちろん、また訪れたいですが、今度はタイやベトナムから、陸路でアプローチしたいですね。

回りを国に囲まれた内陸国ラオスに、空路だけで旅したので、なんか領空侵犯でもしてしまったかのような、妙な罪悪感がありますので(笑)

タイトルとURLをコピーしました