【ラオス】2日目(その4) 夜のルアンパバーン

さて、ベッドに寝っ転がって、プチ休憩。
ルアンパバーンの夕暮れの風景を見るために、また出かけます。

00013648

開放的なロビーでくつろいでたら、バスのチケット表が目に入りました。

すごいね。中国の昆明やベトナムのハノイ行きのバスがあるんだ。

しかも、スリーピングバスで24時間! そういう旅もしてみたい・・・

00013650

ルアンパバーン 夕暮れ の散歩

ホテル前は、すでに夕暮れの気配。

00013653

00013654

向こう岸の自宅に帰るんでしょうか。

00013652

例の交差点のほうに向かいます。

00013655

露店もいきいきと、ますます賑やかになってきています。

00013657

シーサワンウォン通りに向う交差点。

00013658

 

歩行者天国 夜のシーサワンウォン通り

ここから先は、歩行者天国です、この時間。

00013659

でも、バイクは入っていいんだ?

00013660

フランス植民地だったからですか。おいしそうなフランスパン。

00013661

フランス風のスイーツ。

00013662

ワッフルって、漢字でこう書くのか。

00013664

さて、どこで夕食を食べようかな。お酒も飲みたい。

00013665

いっぱいお店が出てますが、夕食は、ふつうのお店で食べたいな。

00013667

どこまでも続く露店。

00013666

これ、シーサワンウォン通りの終点まで続いてるんだろうね。

00013669

00013670

明日の夜は、この辺を散策して、お土産を仕入れることにしましょう。

00013671

 

ロードサイドで味わうピザに赤ワイン

客引きのお姉さんが、とても可愛くけな気だったので、この店でディナーとしゃれこみます。

00013672

ロード沿いのテーブルにつきました。
夜になると、ぐっと気温の下がるルアンパバーン。でも、20度を切るくらい?

暑がりの私は、半袖でちょうどいいくらいです。

00013674

まずは、ワインを。意外に高く、1杯30,000キープ(378円)。
ビールは安いんだけどね。

00013675

通りを歩いていく、幼い姉妹。

00013676

連夜のピザです(笑)
酒が飲める店って、ヨーロピアンレストランだからな~

でも、生地の厚い、とてもおいしいピザでした。

00013679

ワインを3杯ほどおかわりし、いい気分で、夜のルアンパバーンの町を歩きます。
治安を、あまり気にせず歩ける夜の町は楽しいです。

00013681

中華料理屋さん。

00013682

ヨーロピアンスタイルのレストランは、欧米人でいっぱい。

00013683

両替屋の前でたむろする僧侶。

00013684

メコン川に沿うマントゥーラート通りに出ました。

00013685

すっかり日の落ちたメコン川。

00013686

メコン川沿いのバイキングレストラン。

00013687

00013688

地元客も利用して、毎日盛況だと書いてありましたが、そのようです。

00013689

屋台も賑わってます。

00013694

明日は、このメコン川を船でさかのぼりますよ。

00013691

さて、ホテルに戻りますか。

00013690

明日は、8時発のツアーで、パークウー洞窟へ行く予定です。

00013692

でも、その前に、早起きして、托鉢を見るつもり。

いったい、托鉢とはなんであるのか、私も、その方面の知識がないんですが、ルアンパバーンの托鉢はラオスでも最大規模だとか。

興味本位ですが、やっぱり見たいので、スマホの目覚ましを朝5時半にセットして就寝です。

なんだかんだいって、ずっと歩き回っていたので、体は疲労困憊。爆睡です(^^)v

タイトルとURLをコピーしました