【ラオス】1日目(その2) ビエンチャンの古寺めぐり

ラオスは、長らくフランスの植民地下におかれてきた国である。

そして、現在、いまだ一党独裁政治の社会主義国である。

私の中では、アジアの中でも、ミャンマーなどとともに、ベールに包まれた秘密の国という印象が強い。

紀行作家の蔵前氏や下川氏は、何度も入国したいと願っていたけど、20年ほど前までは入ることもできなかった。

ラオスを旅された方のブログを拝見すると、パスポートなどを強奪された記録も1つや2つではない。

 

それが、いまやラオスは、ASEANで、もっとも成長著しい国の一つと位置づけられ、首都ビエンチャンは「熱く」そして「ゆるい」町とされている。(らしい・・・「地球の歩き方」にも、そう書かれている)

 

そのビエンチャンを、これから歩く。

私にとっては、ちょっとした達成感です(笑)

チェックイン時刻までの2時間ばかり、付近の寺院を見学するつもりで、メインストリートを歩きはじめました。

00013234

いきなり、日本食レストランが現れるのも意外・・・

ナンプ広場周辺の散歩

酒類を、あまりにも自由に飲める環境も意外。

00013233

家が売りに出されている。
きっと、単位が違うんだな。だって、6,400,000キープは、8万円くらいです。

(ひょっとしたら、800万円くらいでこのクラスの家が買えてしまったり・・)

00013244

セーター ティーラート通りを東に向って歩いています。
地図によると、ホワイトハウス(迎賓館)。

00013245

そして、これが、セーター ティーラート通りとラーンサーン通りが交差する交差点。
この近くに、ワット・ホーパケオと、ワット・シーサケートという2つの寺院があるので、それを見てきましょう。

00013246

ラーンサーン通りの方を見やると、はるか遠くに凱旋門が・・・
あれは、ラオス版凱旋門とも言われているパトゥーサイ。

ビエンチャンのシンボルともいえる門なので、後で行くつもりです。

パトゥーサイと僧侶の組み合わせが、どこかカッコいい。

00013247

 

ワット・ホーパケオ

10,000キープ(126円)の入場料を払って入ります。

00013252

ちなみに、12時から13時は休み。
なので、先に食事をして、時間調整した次第です。

00013251

現在の建物は、第二次世界大戦中に修復されたもの。

00013250

ルーツをさかのぼれば、建立は1563年と古く、エメラルド仏を安置させるために建てられたらしい。

00013253

18世紀。シャム王国との戦いで、建物は崩壊。
エメラルド仏も、そのとき持ち出されたそうだが、なんとこの仏、作られたのは紀元前のインド!

その後、スリランカ、アンコールワット、アユタヤなどを転々として、ここに祭られたそうです。

これ、距離にしたらすごいよ・・・  飛行機もない時代にどうやって・・・

00013254

00013255

当然のことながら、今は、その仏像はありません。仏教寺院なので、裸足であがります。
そして、内部は撮影禁止。

00013256

気温は30度以上あるのに、なにか爽やかで、のどかなビエンチャンの午後。

00013257

仏様も安らかな顔。

00013259

00013260

静寂に浸っていると、ガヤガヤと参拝客が押し寄せてきました。
中国人とラオス人、混載の団体。

00013262

おいおい、なんとお行儀の悪い(笑)
ちゃんと揃えて、こちら側を向けてるの、私のスニーカーだけじゃないですか。

00013263

屋根のラインが独特ですね。

00013265

00013266

00013267

 

ワット・シーサケート

さて、お次は、ワット・ホーパケオの向かいのワット・シーサケート。

00013249

こちらも、入場料10,000キープと表示してありますが、係員がいない。

00013268

しばらく待ってましたが、来る気配なし。
他の観光客は、ずけずけ入っていくので、私もそれに習います。

00013270

と、思ったら、本堂の入り口にスタッフがいました。
3年前に発行された古い「地球の歩き方」には5,000キープとあるので、倍の値上げですね。

3年間のインフレ率倍、ってとこでしょうか。

00013271

さっきのワット・ホーパケオと同じく、ビエンチャン最古級の寺院。

00013273

本堂の周囲を囲むように、同じく三角屋根の回廊。

00013272

こちらは、19世紀のホー族の反乱で、破壊し尽くされてしまったらしい。
でも、当時の原形のまま、再建されたとのこと。

1551年に建てられてから、同じ建物だよといわれても信じてしまうくらい、柱などには年季が入っています。

ちなみに、内部には、美しいレリーフがありましたが、やはり撮影禁止。
常駐しているスタッフに聞いても、ダメでした(笑)

00013274

回廊の中を歩いてみましょう。

00013275

回廊の下には、仏像がズラリ。

00013276

これは壮観です。

00013278

並んでいる仏像の数は、2,052体。

00013277

この小さな穴の数は、3,420個。

00013280

こりゃ、マニアだったら、たまらんだろうね。
でも、私も、こういうの眺めるの好きです。

00013279

ラオス人?
あれ~、肩出していいのかな・・・

まあ、そんなに暑くはないけど、私も、我慢してタンクトップの上にジャケットを羽織ってるのに。

00013281

寺院に蛇はつきものですね。

00013282

00013283

さて、外に出ます。
もう、チェックインしてもいい時間ですが、せっかくここまで歩いてきたので、タラート・サオに寄ってみましょう。

00013284

 

タラート・サオ

タラート・サオとは、このサインどおり、ショッピングモールです。

00013285

私は、モールよりも、その脇に広がっている露店のほうに興味があるんだけど。

00013287

果物屋さん。

00013289

雑貨屋さん。

00013290

カレンダーの美しいモデル。

00013291

ATMがあったので、追加のキープを引き出そうとしたけど、なぜかVISAもダイナースもつながらない。

00013292

そろそろ、ホテルに戻って、少し休憩しましょう。
パトゥーサイには、後で行きます。

00013293

まねき猫。

まわりをキョロキョロしながら、そして一眼レフを肩から提げて歩いていますが、実は気持ちは自衛状態。

このあたりで、通りを走ってきたバイクにひったくられた、というブログ記事も目にしています。

00013294

地図によると、タート・ダム。

00013296

00013297

ナンプ広場まで戻ってきました。ホテルはすぐです。

00013298

00013299

 

今夜の宿泊 VKSホテル

ホテルに戻ると、愛想のいい兄さんが、3階まで荷物を運んでくれました。エレベータはありません。
綺麗な部屋です。

00013300

00013301

1週間前に、モスクワでロストバゲージにあった、背負い&キャリー兼用の我がバッグ。

宅急便で届いたのはいいけれど、泥水がはねたようなあとがいっぱい付着してました。

たぶん、モスクワ空港の、あの吹雪と融雪剤の中を運ばれたからだよなぁ。

あとで、クリーニングしておかないと、と思いつつ、今回はそのまま使ったんですが、なんと、その汚れが完全に消えてる??

ひょっとして、バンコクでの積み替えの際、あるいは羽田で載せるときに、スタッフが気を利かして掃除してくれたとか。

だとしたら、そのサービス精神、素晴らしいです。ANAさん、ありがとう。

00013393

ミニバーには、飲み物がなかったので、ロビーへ。

00013303

バーが併設されているので、簡単にハイネケンが手に入りました。

これで、レンタサイクルの可能性はなくなりました(笑)

パトゥーサイやタート・ルアンまでは3キロぐらいありますが、歩いていかなくては。

しかし、ハイネケン1本10,000キープ(126円)です。感動です(^^)v

00013304

 

タイトルとURLをコピーしました