【ラオス】1日目(その1) ラオス弾丸旅行 ラオスの首都ビエンチャンへ

カナリア諸島から帰って、1週間、またまた出かけます。今度はラオス。

私は、三連休があったら、有給休暇を1日くっつけて旅に出ます。日本にはいません(^^)v

4日間あれば、移動を夜間にできるアジアであれば、ほぼ丸3日、現地にいられる。

1回あたりの旅費は、航空券、ホテル、現地での交通費、食費、お土産代、その他、もろもろすべてトータルしても、高くても10万円前後。たいていは、10万円でお釣りがきます。(今回は、若干オーバー・・)

私が学生の頃は考えられないことで、円高と、航空会社が競争に放り込まれたことなど、様々な要因による恩恵でしょうが、時間のない現役世代のサラリーマンが気軽に海外を歩ける、本当にいい時代になったと思います。

 

さて、年末は、積年の思いであったカナリア諸島へ行くことができて、満足感で放心状態。

遠いところへ行くのは、本当に好き。

だからといって、近いところが嫌いだなんてとんでもない。

旅とは、日常からの脱却。
カッコつけて言えば、エキゾチックな気分に浸れれば、それで十分に旅だし、それは距離感に比例するとは限らない。

北朝鮮なんか、いい例でしょう。
(とはいうものの、写真なんか撮ってて拘束されるのも嫌なので、北朝鮮行きは、もうしばらく遠慮しておきます笑)

ラオス弾丸旅行の日程

日付午前午後宿泊地
1/10(木) 羽田0:10(24:10)発機内
1/11(金)ビエンチャン11:00着ビエンチャン観光ビエンチャン
1/12(土)ビエンチャン9:10発
ルアンパバーン10:00着
ルアンパバーン観光ルアンパバーン
1/13(日)ルアンパバーン観光ルアンパバーン観光ルアンパバーン
1/14(月)ルアンパバーン7:40発羽田23:00着 

相変わらずの弾丸ですが、こうでもしないと、サラリーマンが週末にラオスなんて行くことはできません。

ラオス弾丸旅行 フライトスケジュール

 航空会社便名フライト乗継ぎ時間
往きANANH849羽田0:10 ⇒ バンコク5:154時間30分
バンコクエアウェイズPG943バンコク9:45 ⇒ ビエンチャン11:00 
帰りラオス国営航空QV633ルアンパバーン7:40 ⇒ バンコク9:405時間35分
ANANH878バンコク15:15 ⇒ 羽田23:00 

ANA便を中心にチケットをゲット。チケット代は55,000円。税金その他込みで74,830円でした。

バンコクでの乗り継ぎ時間が長いようですが、バンコクのスワンナプーム国際空港は、それこそラウンジがあふれているので、それを利用するのも、また楽しみです。

 

ルート地図はこんな感じです。

raosumap

ところで、ルアンパバーンというのは、ビエンチャンから直線距離で300kmほど北にある、ラオスの古都。

 

欧米の観光客に非常に人気の高い、イギリスの観光雑誌では「満足度の高い観光地」で1位に選ばれたほど。

そんな町に、丸2日いられるんです。私は、この弾丸日程で十分満足です。

では、アジアの秘境ラオスに3泊4日弾丸で行ってまいります!

ANA機でバンコク・スワンナプーム空港へ

いつ来ても美しい、羽田空港。

00013498

航空券代は、55,000円。
予約クラスはSですが、ANAダイナースクラブ・プレミアムカードホルダーの私は、ボーナスマイルが50%分加算されて、往復で4,302マイルたまります。

このマイルを、特典ビジネスに回せば、仮に5倍の価値として21,510円。
マイルの価値はあなどれません。

 

いちおう、グランドスタッフの女性に、「荷物はダイレクトに運んでくれますか?」と聞くと、「もちろんです。」との答え。

バンコク⇒ビエンチャン間は、バンコク・エアウェイズとのコードシェア便です。

1週間前に、ロスト・バゲージに遭遇したばかり。まあ、ANAさんなら大丈夫でしょう。

そして、「ゲートは109です。隣のゲートから、同じバンコク行きがありますので、気をつけてくださいね。」とのアドバイス。

00013183

機内食は朝食でしょうから、お夜食をつめこんでおきます。

炭水化物の摂り過ぎ・・・、でも、実は本日、仕事が忙しすぎて、ランチ抜きでした。

なので、朝7時以来15時間ぶりの食事。おいしかったです。

00013184

定刻に出発しそうです。

00013185

バンコク・スワンナプームは、11月にもカンボジアに行く際に利用したばかり。

00013187

定刻にフライトです。

00013188

 

ANA 機内安全ビデオ&和食ブレックファスト

うわさには聞いてましたが、機内安全ビデオの歌舞伎版。

00013189

00013191

ANAさんも、なかなかやりますな。

00013192

さて、お腹はいっぱいなので、赤ワインだけいただいて、ノイズキャンセリングで就寝です。

00013186

ぐっすり眠って、朝ごはんは和食にしました。おいしい鮭そぼろでした。

00013202

 

スワンナプーム国際空港 MIRACLE LOUNGEで一休み

この空港の利用は、何度目だろう。懐かしい景色。

00013203

でも、今日は、早朝にもかかわらず、なぜか人が多い。
中国人の団体が集中したかな。

00013204

何回も利用してるけど、このWESTとEASTは、いつも迷います。
バンコクエアウェイズはEASTですね。

00013193

乗り継ぎ時間が4時間以上もあります。

バンコク・スワンナプーム国際空港は、その点、プライオリティ・パスが使えるMIRACLE LOUNGEが、それこそ石を蹴ればあたるくらい?、充実してるので、便利です。

保安検査場を出てすぐのところにある、このラウンジは、使うの初めてかな。

00013194

利用時間は、2時間までとのこと。

00013195

私のほかは、誰もいません。

00013197

朝ごはん食べたばっかりだけど、こんなの見たら、また食べたくなっちゃうじゃないですか(笑)

00013205

お皿に軽くよそって、いただきます。
そのあとは、椅子をくっつけて二度寝。

00013196

目を覚ますと2時間が経過していました。

ビエンチャン行きのゲートが発表されていてD1。
では、その近くのCゲートに近い、いつも使ってるラウンジに移動です。

まだフライトまで1時間半もあるからね。

00013209

ビエンチャンに着いたあと、自転車に乗るかもしれないから、酒類はさけないと・・・

00013206

ま、コーヒーでも飲んで、目を覚ましましょう。

と、wifiに繋いだ瞬間に、上司からLINEで業務命令が飛んできましたw(゚o゚)w オオー!

その10分後に、私が休暇中であることを知り、命令取り消しのLINEが(笑)

LINEって、便利だよな。東京と4500キロも離れてるのに。
ていうか、完全に目が覚めました。

00013208

 

バンコク・エアウエィズ PG943便でビエンチャンへ

機内とラウンジで、たっぷり睡眠とって、すっかり元気回復。

00013199

ラオスの首都ビエンチャン行きです。
カタール航空ともコードシェアしてるんだ。アライアンスが違う航空会社でコードシェアって、どういうことなんだろう?

00013198

乗客は、ほとんどタイ人かラオス人でしょうか。

00013210

私の隣は空席です。

00013211

おお、1週間前に、マドリードまでお世話になったアエロフロート航空。

00013201

配られたラオスのイミグレーションカード。

00013219

タイ航空の機体を横目に、フライト開始。

00013220

スワンナプーム国際空港の上空に舞い上がります。

00013222

乗客が少ないので、すぐに配られる機内食。
いつも思うけど、このナイフ本物。防犯上大丈夫なのかな??

00013223

メコン川を飛び越えて、ラオスの領空へ。
メコン川は、タイとラオスの国境。すなわち、ビエンチャンは国境の街です。

したがって、タイ側の国境の街ノンカイまで来れば、ビエンチャンまでは目と鼻の先。簡単に入国できるそうです。
陸路で国境を越えるのは、味がありますよね。

しかし、バンコクからノンカイまでは、鉄道で12時間、バスでも9時間ほどかかるので、3泊4日弾丸の身としては、そこで、贅沢に時間は使えません。

なので、今回は、オーソドックスに、空路でビエンチャンにアプローチです。

00013224

ビエンチャンの街を見下ろします。

00013225

 

ビエンチャン・ワットタイ国際空港に到着

ビエンチャン・ワットタイ国際空港に到着。
ドメスティックターミナルが見えます。国内線と国際線、共用なのかな。

00013226

ここまで運んできてくれたバンコク・エアウエィズ機。
荷物の運び出しが行われていますが、私の荷物大丈夫?

ロストバゲージ恐怖症になってしまった(笑)

00013212

いよいよ、ラオス入国です。
長らく鎖国体制を敷いてきた国に入国するのは、ちょっと緊張しますね。

ところで、ラオスは、観光で15日以内の滞在ならビザ不要と聞いています。

 

イミグレーションホールに入ると、外国人で長蛇の列と、すいている列の2種類があります。

外国人は、こっちかな?と、行列を待つ覚悟で並ぶと、空港スタッフが、「ハウメニイ?」

滞在日数のことだと思って、「4Days」と答えると、こっちだ、とガラガラのカウンターに案内してくれました。

あの長蛇の列は、15日以上滞在する人たちなんですね。
なんか、うらやましい・・・

ちなみに、警官が多く、この場面は写真に撮っていません(笑)

00013213

帰りの航空券も見せずに、スタンプをポンと押してくれました。
めでたくラオス入国。海外渡航国、29カ国目となりました(^^)v

00013403

 

ラオスの通貨 キープに両替

まずは、両替。

ラオスの通貨はキープ(KIP)。
ATMでキャッシングしようとしたら、なぜか出てこない。

仕方なく、持ってきたドルを100ドルほど渡したら、80万キープ以上になって戻ってきました。

ラオスの通貨はキープ。
1,000キープが12.6円。1万キープが126円というところですか。

さて、ラオスの物価はいかに・・・

00013499

ゼロの桁が多い紙幣は、緊張します。計算違いしないかと(笑)

00013302

 

空港タクシーでビエンチャン市内へ

市内までタクシーで行く場合、空港でタクシーチケットを買います。

今夜泊まるホテル「VKSホテル」は、立地を考え町の中心。60,000キープ(約760円)です。

タクシー代は、ちょっと高いな・・・

00013216

でも、愛想のよい兄さんが、私の荷物を引っ張っていきます。

荷物はロストすることなく、しっかりビエンチャンまで着いてきてくれました(当たり前だ)。

00013214

日本とラオス、友好のしるし。

00013215

空港から市街までは、タクシーで10分程度。
助手席に彼女(と思われる)を乗っけてる兄さんでした。

00013218

ロードサイドに掲げられた看板。

00013217

目指す、VKSホテルに到着。
チェックインは14時からということで、荷物を預けて、さっそく街歩きです。

00013227

ちなみに気温は30度以上。
でも、空気が乾燥しているせいか、そんなに暑くは感じません。

1月のラオスは乾季です。

00013500

物価を確認するためにも、とりあえずランチと行きますか。
えーと、15,000キープは190円くらい。なるほど、なるほど・・・

00013228

まず、メイン通りのセーター ティラート通りへ。

00013229

トゥクトゥクもバイクも。元気よく走っています。

00013230

やっぱり、スマホはファーウエイの勢力圏なんだろうね。

00013231

オシャレなカフェと、歩いていく僧侶。

00013232

これが、繁華街の中心ナンプ広場ですか。

00013235

食事する店がいっぱいあります。とりあえず、どこでもいいや。

00013237

アメリカナイズというか、欧米風の店がいっぱいです。
カンボジアのシェムリアップのよう。

00013238

00013239

ふつうに、お酒が飲めます。こりゃいい。
しかも、たしか、10,000キープだったような。126円!

00013240

チャーハンをオーダーしました。

00013241

肉と野菜がまんべんなく入った、おいしいチャーハンです。

00013242

さて、腹ごしらえのあとは、ホテルチェックインまでの2時間ほど、ビエンチャンの街歩きです。

タイトルとURLをコピーしました