ビエンチャン到着 ナンプ広場でランチ【ラオス旅行記 #3】

いよいよ、ラオス入国です。

長らく鎖国体制を敷いてきた国に入国するのは、ちょっと緊張しますね。

ところで、ラオスは、観光で15日以内の滞在ならビザ不要と聞いています。

イミグレーションホールに入ると、外国人で長蛇の列と、すいている列の2種類があります。

外国人は、こっちかな?と、行列を待つ覚悟で並ぶと、空港スタッフが、「ハウメニイ?」

滞在日数のことだと思って、「4Days」と答えると、こっちだ、とガラガラのカウンターに案内してくれました。

あの長蛇の列は、15日以上滞在する人たちなんですね。

なんか、うらやましい・・・

ちなみに、警官が多く、この場面は写真に撮っていません(笑)

00013213

帰りの航空券も見せずに、スタンプをポンと押してくれました。

めでたくラオス入国。

海外渡航国、29カ国目となりました(^^)v

00013403

ラオスの通貨 キープに両替

まずは、両替。

ラオスの通貨はキープ(KIP)。

ATMでキャッシングしようとしたら、なぜか出てこない。

仕方なく、持ってきたドルを100ドルほど渡したら、80万キープ以上になって戻ってきました。

ラオスの通貨はキープ。

1,000キープが12.6円。1万キープが126円というところですか。

さて、ラオスの物価はいかに・・・

00013499

ゼロの桁が多い紙幣は、緊張します。計算違いしないかと(笑)

00013302

空港タクシーでビエンチャン市内へ

市内までタクシーで行く場合、空港でタクシーチケットを買います。

今夜泊まるホテル「VKSホテル」は、立地を考え町の中心。60,000キープ(約760円)です。

タクシー代は、ちょっと高いな・・・

00013216

でも、愛想のよい兄さんが、私の荷物を引っ張っていきます。

荷物はロストすることなく、しっかりビエンチャンまで着いてきてくれました(当たり前だ)。

00013214

日本とラオス、友好のしるし。

00013215

空港から市街までは、タクシーで10分程度。

助手席に彼女(と思われる)を乗っけてる兄さんでした。

00013218

ロードサイドに掲げられた看板。

00013217

目指す、VKSホテルに到着。

チェックインは14時からということで、荷物を預けて、さっそく街歩きです。

00013227

ちなみに気温は30度以上。

でも、空気が乾燥しているせいか、そんなに暑くは感じません。

1月のラオスは乾季です。

00013500

物価を確認するためにも、とりあえずランチと行きますか。

えーと、15,000キープは190円くらい。なるほど、なるほど・・・

00013228

まず、メイン通りのセーター ティラート通りへ。

00013229

トゥクトゥクもバイクも。元気よく走っています。

00013230

やっぱり、スマホはファーウエイの勢力圏なんだろうね。

00013231

オシャレなカフェと、歩いていく僧侶。

00013232

ナンプ広場付近のカフェでランチ

これが、繁華街の中心ナンプ広場ですか。

00013235

食事する店がいっぱいあります。

とりあえず、どこでもいいや。

00013237

アメリカナイズというか、欧米風の店がいっぱいです。

カンボジアのシェムリアップのよう。

00013238

00013239

ふつうに、お酒が飲めます。こりゃいい。

しかも、たしか、10,000キープだったような。126円!

00013240

チャーハンをオーダーしました。

00013241

肉と野菜がまんべんなく入った、おいしいチャーハンです。

00013242

さて、腹ごしらえのあとは、ホテルチェックインまでの2時間ほど、ビエンチャンの街歩きです。

タイトルとURLをコピーしました