ルアンパバーン到着 ワット・マイの散策【ラオス旅行記 #8】

さて、ビエンチャンから、バスなら10時間かかるところを、飛行機で50分でルアンパバーンにやってきました。

まずは、タクシーで、今夜のホテルに向かいます。

ここでもビエンチャンと同じように、タクシーチケットを買うシステムです。

ぼったくりがないので、このシステムは本当に助かる。

タクシー運転手に、今日から2泊する「ホテル リバーロッジ」の名前を告げると、「1? 2?」と聞かれ、1と答えると、50,000キープでした。

2があるなんて、知らなかった・・

タクシーでルアンパバーン旧市街へ

00013392

タクシーチケット。

00013422

ルアンパバーンの旧市街に向けて走ります。

同乗者は欧米人ばかり。

00013425

ロータリーが多いのは、やっぱりフランス植民地だったから?

つい10日ほど前のカナリア諸島を思い出します。

00013426

メコン川沿い ホテル・リバーロッジ1にチェックイン

そして、宿泊地「ホテル・リバーロッジ1」に到着。同乗者は、もっと大きなホテルで降りてました。

00013427

空港と同様、こじんまりとしてていいじゃないですか。

00013433

まだ10時過ぎですが、チェックインさせてもらっちゃいました。

ルアンパバーンで過ごす2日間も、いつも通り大してなにも決めずに来ちゃいましたが、パークウー洞窟だけは半日使って遠征したいと考えてました。

そこで、「パークウー洞窟へのツアーは予約できる?」と聞くと、あわてて時計を見るので、「ノーノー!トゥモーロー!」と言うと、「OK! 8 am」。

これで、明日の予定は決まりました。今日は、町を歩くだけ歩きましょう。

 

部屋も清潔で綺麗なホテル。

これで、2泊で7,000円なら文句ありません。ガウンまであるし。

00013428

ホテル周辺の散歩

さっそく、ホテル周辺の散歩。

00013429

名前の通り、ほんとにメコン川沿いのホテル。

00013430

川沿いにテラスのあるレストラン。

00013431

可愛い子供。

00013432

ヤマタノオロチみたいだな。

00013434

クルマで移動する家族。こういう使い方が当たり前?

00013435

焼き鳥屋の前で止まって、荷台から飛び降ります。

00013436

00013438

そういえば、朝食がパン1個とマンゴウだけだったので、お腹すいてきたな。

00013440

これは花屋さん?

00013441

トゥクトゥクと僧侶。

00013442

ここは、ホテルのあるインタソム通りとシーサワンウォン通りが交差するロータリー。

角にインフォメーションセンターもあります。

00013443

旧市街の中心という感じかな。

00013444

ここは、スイーツ?

00013445

さすが、町全体が世界遺産のルアンパバーン。

石を蹴ればあたるくらい、ATMがあります。

00013446

00013452

お昼ごはんは毎度のチャーハン

かなりお腹もすいてきたので、手近な店に入りました。

00013447

これは、ラオス料理なのかな。

00013448

壁に貼られていたカレンダーと女優。

00013449

またチャーハンです。でもこれが、熱々でおいしいんだ(^^)v

00013450

おいしいチャーハンを食べながら、地図を見て、今日の歩くルートを練ります。
旅してて、もっとも楽しい瞬間。

00013451

さて、腹ごしらえしたところで、シーサワンウォン通りを歩きます。

ここは、まさに、ルアンパバーンの目抜き通り。

00013453

気温は24度。暑くもなく、寒くもなく。

00013501

ワット・マイ         

まず最初に現れたのは、ワット・マイ。

00013454

入場料10,000キープ払って入ります。

00013456

ルアンパバーンで最も美しい寺院の一つとのこと。

00013458

好みの問題だろうけど、私は、ビエンチャンで見たワット・ホーパケオのような、ゆるいカーブの屋根のほうがいいかな・・・

00013462

境内をたむろする観光客。

00013459

無邪気に遊ぶ子供たち。仏像の前でふざけてても怒られないんだね。

平和な光景です。

00013460

00013461

本堂の中に入ってみます。見事な柱。

00013466

この壁画は、仏教の輪廻を表しているらしい。

00013467

00013468

タイトルとURLをコピーしました