【ラオス旅行記 #17】ルアンパバーンの足マッサージ 安さが魅力です!

いやあ、ルアンパバーン滞在最後に、素晴らしいものを見せてもらいました。

薄暮に霞むストリートを、町に向って帰ります。

夕暮れのチャオファーグム通り

00013911

バザールはまだ活気づく時間じゃないみたいだけど、山のシルエットが綺麗だ。

00013912

夕暮れのチャオファーグム通りをのんびり歩いて、ルアンパバーン旧市街に戻ります。

なんか、アジアを旅してるって気分だなあ。

00013913

ホテルまでは2キロ弱でしょうか。お腹もすいたし、お酒も飲みたい。

00013915

シーサワンウォン通りの交差点まで来たときは、ほぼ日が暮れました。

このまま、食事、酒、マッサージ、買い物と、こなしちゃいましょう。

00013916

ルアンパバーン 伝統のマッサージ

いきなり、ラオス焼酎が目に入りましたが、申し訳ない、これは遠慮しておきます(笑)

00013918

露店では、キーホルダーなんかも売っています。お土産にいいですね。

00013919

ところで、ルアンパバーンの町を歩きはじめたときから、どこかでマッサージを受けたいと思っていました。

通り沿いのそこら中にあるだけでなく、なんたって安いですから。

たとえば、足マッサージは1時間で50,000キープ(630円)です。

全身やっても、2,000円程度じゃないでしょうか。

今日も歩き回って足が疲れています。

シーサワンウォン通りに面した、一軒のマッサージ屋さんに入りました。

00013922

ちなみに、場所はここです。

お店の名前は、Lotus de Lao Spa & Massage。

ジーパンだったのが失敗。なかなかめくりにくい。

施術してくれるのは誰かなぁ・・・と思ってると、美しいラオス人女性が目の前に現れます。

マジですか・・・(^_^)

00013920

こんな美しい女性に足マッサージしてもらえるなんて感激です(^^)v

左足から丹念にもんでくれましたが、けっこう痛い・・・ほんとに痛い・・

女性なのに、すごい指の力です。

00013934

1時間の施術が終わる頃には、歩き回った疲れが微妙に回復した気分。

私は、このお姉さんにチップを奮発しました。

夜のルアンパバーン ピザ&ワイン

マッサージを終えて、そのまま、向かいのレストランに入りました。

00013923

また洋食屋さんだけど、まあいいでしょ。

00013924

今夜はグラスではなく、デキャンタで。

00013925

楽しかった、ルアンパバーンの2日間に乾杯です。

00013926

また、ピザですか(笑える)

00013927

でも、酒を飲みながら、というか、酒がメインになるときは、おつまみ的なメインディッシュがいいんだよね。

ピザなら、ちびりちびり食べられるじゃないですか。

デキャンタ、もう1本追加です。ああ、おいしい・・・

00013928

露店で買ったキーホルダー

マッサージもしてもらって、おいしい食事にワイン。

幸せな気分でホテルに帰ります。

00013929

夜空には半月が。

00013930

もう、夜の10時近く。露店も仕舞われかけてます。

00013933

夕方、めぼしをつけておいたキーホルダー屋の前にいくと、まだお兄さんが店を開いていて、私のことを覚えていました。

これと、これと、これと・・・6個オーダーすると、本来はばら売りでないのに、ケースに移し替えてくれています。親切なお兄さんでした。

「ハウオールド?」と聞くと、22歳。

ついでに、私の年齢を尋ねると、25歳!!!

おお、びっくり!

外国では、かなり若く見られますが、年齢を半分も若く見積もられたのははじめてです(^^)v

00013921

お土産に仕入れた6つのキーホルダー。こういうのは、本当に思い出になるんです。

全部で、50,000キープだったように覚えています。

00013992

さて、明日は帰国ですね。早起きしないと。

楽しかった、ルアンパバーンの2日間でした。

タイトルとURLをコピーしました