ビエンチャンからルアンパバーンへ ラオス国営航空プロペラ機の旅【ラオス旅行記 #7】

今日は、今回の弾丸紀行の楽しみ、ルアンパバーンへ向かいます。

フライトは9:10。

7時にタクシーを予約し、フロントに降りると、朝食が7時半からなので、パンとマンゴウをいただきました。

親切なホテル。フロントの兄さんもナイスガイでした。

00013394

でも、ビエンチャンを半日で去るのは惜しいな・・・

早朝のワッタイ国際空港へ

ロビーに、アジア系の日本人女性がいるな、と思ったら、話しかけてきたので日本人とわかりました。

私が、飛行機でルアンパバーンへ行くと言うと、驚きの表情。

欲をいえば、私だって、バスで行きたいけど、時間がないんだよね。

ビエンチャンとルアンパバーンの間は、直線距離だと300キロぐらいですが、山道を縫って走るため、バスでの所要時間は10時間。

飛行機なら50分。現役世代弾丸旅行者の身としては、飛行機を選択せざるを得ません。

 

タクシーはバン。専用かなと思ったら、あちこちホテルを回って、中国人を何人も乗せていきました。

00013395

7時というのは、ちょうどビエンチャンの日の出時刻。

発展の熱を感じる光景です。

00013398

そして空港へ。

00013399

三角屋根の美しい、ワッタイ国際空港。

ドメスティックターミナルも併設です。

00013401

ワッタイ国際空港のひととき

フライトは9:10。2時間近くも前に来てしまいましたが、これは仕方ない。

不測の事態を考慮して、早めに行動しなければならないのは、弾丸紀行の悲しい掟です。

00013400

でも、チェックインは、すぐにやってくれました。融通が利きます。

00013387

こういう、ボーディングパスらしいパスは好きです。

00013402

そして、ボーディングを待ちます。

国内線とはいえ一国の首都の空港なのに、何もない、シンプルなウエイティングルーム。

00013404

ラオス国営航空のプロペラ機で50分 ルアンパバーンへ

搭乗がはじまりました。

00013405

期待していましたが、プロペラ機です。

00013406

いやあ、カッコいいな。
プロペラ機は、ミャンマー以来かな。

00013407

機内は狭く、2×2。

00013389

物理学的にどういう説明になるんだろう?
このプロペラだけで、この機体が舞い上がるなんて。不思議だ。

00013409

前方に乗客はなし。CAが、機内安全を身振りで伝えます。

00013410

離陸。すごいプロペラの回転。これが止まったら、落ちるんだよね(笑)

00013413

メコン川と、タイ国境。

00013414

メコン川に沿う形で北へ飛びます。

00013416

蛇行するメコン川。

00013417

配られた飲み物はミネラルウオーターでした。

00013418

50分の飛行ですが、途中山岳地帯を越えます。

00013419

これがあるので、バスだと10時間かかるらしい。

00013420

そして、着陸態勢に入り、雲の下に突っ込むと、再び視界に入るメコン川。

00013421

ルアンパバーン国際空港に到着

ルアンパバーン国際空港に到着。

00013390

これまた、可愛い空港の建物。

00013391

こじんまりとした空港で、建物に入ると、すぐにターンテーブルがありました。

荷物もすぐに出てきます。

タイトルとURLをコピーしました