【カンボジア】1日目(その6) バイヨン 安らかな巨顔と対面

すっかり時間を食ってしまいました。
レンタル屋さんがアドバイスしてくれた、アンコール・ワットの最適見学時刻15時半はとっくに過ぎています。

とにかく、今度は間違えないようにバイヨンへ。

00011148

ようやくたどり着けた「バイヨン」

今度は観光客もいっぱいいるし、間違いなくバイヨンでしょう。
念のため、チケット確認の係員に聞くと、大丈夫、ここがバイヨンでした。

00011149

バイヨンの象徴は宇宙観。

00011150

たしかに、先端の尖った構造は、私の今まで見た遺跡の中では、インドネシアのロロ・ジョングランに似てるかな。

00011151

でも、私の中では、バイヨンといえば、観世音菩薩の顔と、レリーフで敷き詰められた回廊。
そして、私が訪れたとき、中の回廊めぐりは、観光客が多すぎて入場制限がかかっていました。

バイヨンの回廊には屋根がないため、涼しい時間、つまり朝方か夕方に観光客が集中するということで、ちょうど、その時間に当たってしまったのかもしれません。

00011155

観世音菩薩様の顔と対面

中に入れず、外側からズームレンズをいっぱいに伸ばして、観世音菩薩の顔を捉えます。

00011152

しかし、よく積み上げたものです。

00011154

幸せそうに目を閉じてますね。

00011157

観世音菩薩の顔が見れたことで、ほっと一安心。

転がってる岩の上に腰掛けて、休憩。さっき買ったミネラルウオーターで、水分補給。

00011156

うん、遺跡は、あわただしく回るのではなく、こうやって、のんびり座って眺めるものなのかもしれない。

中の回廊のレリーフは見れませんが、なんか達観してきました。

00011158

とはいえ、外側のレリーフだって見事。

00011159

ひょっとして違うかもしれませんが、クメール軍の行進かな。
違うな・・・座ってるもん

00011160

これは、何だろう?
わかりませんが、当時の様子を反映したレリーフを眺めるのは、ほんとに面白い。

00011161

00011162

名残惜しいですが、日が暮れてきてしまいました。
急がないと、アンコール・ワットを見る時間がなくなってしまう。

00011164

では、バイヨンにお別れ。
バイヨン、ほとんど見れませんでしたが、アンコール遺跡はまた来る機会もあるでしょう。

そのときの再会を楽しみにします。

00011165

門から出ます。

00011166

実は、この門は裏側。私は、裏側から入って外面だけ見て、また裏側から出たことになります。

00011167

相変わらず、あきれるほどの弾丸行動ですが、時間がないんだから仕方ありませんね。

でも、バプーオンで迷子になって、タイムロスがなかったら、もう30分くらいは時間稼げたかな。

00011169

でも、地図一つでの単独行動、ほんと仕方ない。
夕日をあびるバイヨンにお別れです。

タイトルとURLをコピーしました