【カンボジア】3日目(その2) 平和なプノンペン 超弾丸3時間の名所めぐり

さて、運転手さん、即席のプノンペンガイド、よろしくお願いしますよ。

3時間でプノンペンの見どころを可能な限りまわって、最後は空港へ。

一生懸命英語を並べ立てて説明しましたが、すぐに理解してくれました。おなじような行動する人いるのかな・・

プノンペン バイクタクシー 弾丸トリップスタート

今私は、トンレサップ川というプノンペンを流れる川の一つの近くにいます。バスターミナルがそこにあるので。

したがって、この超弾丸観光は、リバーサイド沿いになるかな。 

若い運転手は、はりきってバイクタクシーを飛ばすので、体に当たる風が気持ちいいです。

00011616

ワット・プノン

まず、連れて行ってもらったのは、ワット・プノン。
プノンペンの名前の由来にもなっている、歴史あるお寺です。

カンボジアでは、蛇の精霊ナーガはどこにでもいます。

00011617

ほんと立派なものです。

00011621

本堂の中では、住民のお祈り。

00011619

本道から、下界を見下ろします。

00011620

ワット・ウナロム

さて、次の目的地へ。
途中、ナイトマーケットの入り口を通過。

00011623

そして、ワット・ウナロムです。

00011624

ワット・ウナロムの目の前は、海岸通りならぬ河岸通り。

00011625

中に入ると、いきなり黄金の屋根。

00011626

門もまた立派。

00011627

欧米の観光客は、どこにもいますね。

00011628

おお、すごい。

00011629

ミャンマーの寺院を思い出しますね。
どこからどこまでが、本物の黄金なんだろう。

00011631

あれは国旗なのかな。

00011633

これが本堂ですね。

00011634

中では、みなさん、真剣にお祈りしていました。

00011636

本堂から、トンレサップ川を見下ろします。

00011637

いきなり鐘が鳴ってびっくり。5時の鐘でしょうか。

00011638

さて、次の目的地へ。
夕方のラッシュがはじまりかけてます。

00011641

王宮&庶民の憩いの広場

さて、王宮です。

00011643

王宮前の広場は、憩いの時間を楽しむカンボジア人でいっぱい。

00011642

夕暮れ時の、つかのまの安らぎってところでしょうか。

00011645

ここは、もちろん王宮というだけあって、国王の公務と居住の場。
日本でいえば、皇居のようなもの。

00011646

カンボジアの父。シハヌーク前国王。2012年に、お亡くなりになっています。

この方がいなかったら、カンボジアの独立はなかったとも言われています。
カンボジア人の精神的支柱です。

00011651

王宮の正面に掲げられたこの肖像は?
シハヌーク国王の若かりし頃? でも1953-2018となっているし、なんだろう?

00011647

それらの事情をすべて知っているカンボジア人の賑わい。

00011648

平和そうな光景にほっとします。

1975年には、ポルポトが全住民をプノンペンから追い出しました。

それから43年。内情はわかりませんが、少なくとも平和に見えるこの光景は、住民たちのエネルギーが作り出したものでしょう。

00011649

夜はライトアップされて、河岸から見るととても幻想的だと、昨日のガイドさんが言ってました。

00011650

待っていてくれた、バイクタクシーの運転手。
子供が2人いるといって、写真を見せてくれました。

00011652

トンレサップ川の遊歩道

さて、次はどこかな?

00011653

高層ビルも建っています。

00011654

ロータリーを回って。

00011655

橋を渡って、トンレサップ川の中洲に渡ります。

00011656

河岸の遊歩道。
川から吹いてくる風で涼しい。みんなも同じ考えと見えて、そよ風で涼んでいます。

プノンペンは、夕方といっても蒸し暑い。

00011657

ここは、ちょうどトンレサップ川とメコン川が交わりあう場所。
たぶんだけど、水源は違うはず。すると、いろんな魚がいるのかな。

00011658

みなさん、気持ちよさそうに夕涼み。

00011660

憩いの場所であり、アスレチックの場所でもあるようです。

00011661

渡し舟に乗り込むバイク軍団。

00011662

また、本土に戻ります。
これは、カジノもあるといわれているナーガ・ワールド・ホテル? かな?

00011666

ラッシュは、ますます激しく。もうすぐ18時です。

00011668

シハヌーク前国王像ですね。

00011672

カンボジア人に慕われているというのがよくわかります。

00011673

夕陽をいっぱいに浴びるビル。

00011670

独立記念塔

ロータリーの中央にある、独立記念塔。

00011674

もう日も沈みかけ、交通渋滞も激しくなってきました。
空港には20時ごろに着ければいいと思ってますが、どうしますか。

00011675

プノンペン市民の平和そうな表情

運転手に、プノンペンの人たちの生活が見たい、と告げました。
これは、なにかの博物館。

00011676

そのまわりに、路上市場が広がってました。

00011677

プノンペンの人々の生活。

00011678

けっこう楽しそうなテレビも流れてました。

00011680

見事な夕焼け。

00011682

パブストリート。

00011683

マーケットだそうです。

00011686

みんな同じ服を着てます。

00011685

お花も売っています。

00011684

近代的ビルとマーケット。

00011687

26歳の運転手の的確なガイド&運転で、わずか3時間だけど、プノンペンの街の様子をチラリと知ることができました。

アンコールワットも含めて、超弾丸と言ってもいいほどの大忙しのカンボジア一人旅ももう終演。

運転手に、礼を言って、空港に向かってもらいます。

タイトルとURLをコピーしました