【カンボジア】3日目(その3) プノンペン空港の優雅なラウンジ ~ さようならカンボジア王国

プノンペンの弾丸見学を終えて、空港に向かいます。

たった3時間弱だったけど、プノンペンの街の表情を見れてよかった。

バイクタクシーでプノンペン国際空港へ

00011690

少なくとも、そこには、貧困など感じさせない熱気と、安定した表情がありました。

00011691

プノンペンの市街から、約30分で、プノンペン国際空港に到着。

00011692

空港の入り口も活気に満ちています。

バイクタクシーの兄さんに、チップを弾みました。ありがとう。

00011700

プノンペン国際空港でのひととき

ところで、現在19時半。チェックインまで、1時間くらい時間があります。

お腹もすいたし、食事でもしようと思いましたが、チケットの未保有者が立ち入れるゾーンには、レストランの類がありません。

00011701

それで、空港に併設している隣のビルに行きました。
吉野家など、グローバルチェーンが軒を並べています。

00011693

とりあえず、鳥肉丼(これしかなかった)で腹ごしらえ。

00011694

全然足りず、隣のバーでサンドイッチをつまみながら、生ビールで、今回の旅が無事に終わりそうなことに乾杯。

00011695

ようやくチェックインがはじまって、チケットをゲット。

00011703

プノンペン国際空港の優雅なプラザ・プレミアム・ラウンジ

保安検査場を過ぎると、私はまっすぐプライオリティパスが使える、プラザ・プレミアム・ラウンジに向かいました。

0011674

このラウンジは、とても綺麗だと聞いていたので。

00011696

たしかに落ち着いた雰囲気で、ゆっくりくつろげます。

シャワーも浴びてすっきりです。
暑かったうえに、バイクタクシーで、ホコリやばい煙が身体にしみこんでましたから。

00011697

こんなに充実してるんだったら、さっき、あんなに夕食をほおばるんじゃなかった(笑)
酒の種類もたくさんあります。

プライオリティ・パスで入れるラウンジとしては、私の経験上トップクラスです。

00011699

プラザ・プレミアム・ラウンジは、9番ゲートのすぐ近くにありました。
なので、ボーディングまでゆったり。今日も、移動多かったし、少し疲れたな。

00011702

フライトです。プノンペンから成田まで4,472キロ。

00011704

楽しかったカンボジア弾丸旅行にさようなら。

カンボジア、いい国でした。

アンコール・ワットも中途半端な見学だったし、シェムリアップ、あるいはプノンペンのナイトマーケットにも、次は立ち寄りたい。

会った人々も、みんな親切でした。

いつかまた、必ず来ます。さようなら、カンボジア王国。

0011675

ANA機の夕食。おいしくいただきます。

今日は、味噌汁の日らしく、味噌汁が出ましたそんな日があるんだね。

しかし、味噌汁が運ばれてきたのは、食べ終わってから20分も経ってからでした(笑)

00011706

疲れていたので、機内ではぐっすり。

どこかの国を旅してる夢を見ました。

2018年も、弾丸旅行に明け暮れましたね。

今年最後の旅ではないけど、感覚的には、今年最後。

インドも初めて行ったし、ミャンマー、メキシコ、キューバ、ギリシアも初めて。

弾丸旅行の繰り返しだけど、それぞれに思い出があります。

00011707

そして、夜明けとともに成田に到着。

今回の旅の無事に感謝。

そして、2018年の旅の無事に感謝です。

※最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました