【カンボジア】2日目(その1) タイとの国境線上の世界遺産 プリア・ヴィヘアへ

5時半に起床。
昨日の強行軍の疲れが残っている身体ですが、今日は楽しみな日程。

ツアーに参加して、タイ国境近くのプリア・ヴィヘアをはじめとして、ベン・メリア、コー・ケーといった郊外の遺跡を回ってきます。

特にプリア・ヴィヘアは、2008年に世界遺産として登録された山岳寺院で、山頂から見下ろす景色は雄大。「地球の歩き方」の写真を見て、いっぺんに行きたくなりました。

タイとの国境で、長年紛争が絶えなかった緊迫したエリアというのも楽しみ。
(もちろん、ここでいう「楽しみ」とは、そういった緊張関係にあるエリアに、安全にアプローチできるという意味です。)

とにかく、ピックアップ時間は6:20。ホテルの朝食は6時から。

それで、5時半に起床。6時のオープンと同時に、オムレツをオーダーです。

旅先での朝食は、なんておいしいんだろう(^^)v

00011288

シェムリアップ郊外のオプショナルツアー出発

ところで、このツアーのお値段は128ドル。

250キロも離れたプリア・ヴィヘアを往復し、他に2箇所の遺跡にも立ち寄り、ランチと夕食がついて、ガイドもいることを考えると、安いと思いますね。

私は、インターネットで前もって申し込みたかったので、オプショナルツアーのWEBサイトで有名な「ベルトラ」で申し込みましたが、ホテルや観光案内所でもツアーは組んでくれるようです。

その場合、もう少し安くなるとは思いますね。

地図

ちなみに、明日は帰国になりますが、バスでプノンペンに行って、プノンペンから帰国する予定です。

食べ終わって、身支度して、もう一杯コーヒー飲んで、ロビーで待っていると、6時20分きっかりに、ワゴン車が迎えに来ました。

なんと、日本語が話せるガイドさんでした。

00011289

それよりも驚いたのは、本日のこのツアー参加者、全員日本人だということ。

その参加者を、ホテルを回って拾っていきます。

00011290

参加者の中で、1人旅は私だけ。
妙な疎外感がありますが、慣れてます。

00011291

シェムリアップ郊外 快適なドライブ

ワゴン車は、シェムリアップの町を郊外に向けて走ります。

ガイドさんから、本日の行程の説明がありました。

まず、プリア・ヴィヘアに向います、とのこと。

シェムリアップから、約250キロ。4時間ぐらい、と言ってますが、高速道路でもないのに、そんなに早く着くかな・・・

00011292

アンコール遺跡の近くでしょうか。池に映りこむ「逆さ樹木」。
今日も、いい天気のようです。

00011293

00011300

本当に、このあたりは、遺跡が発見されるまで、ジャングルの中だったんですね。
密林を切り開いて道路を通したという感じそのままの街道です。

00011301

スラ・スラン。昨日、最初に遺跡にアプローチした沐浴池。

00011303

郊外に出るまでにも、こんな遺跡が並びます。
ていねいなガイドさん。そのたびに、日本語で説明。

00011306

シェムリアップから、1時間ばかり。郊外のある町に入ったようです。

00011310

名前はわかりませんが、ちゃんとした町のよう。

00011311

ここで10分間のトイレ休憩。

00011313

これが、今回のツアーのワゴン車。メルセデスですね。

00011314

私は、朝トイレを済ませてきましたので、町の風景を眺めます。

00011315

朝早いですが、活気があります。今日は、カンボジアの祝日。

00011316

祝日なのに、農作業かな。

00011319

休憩を終えて出発。
交差点が、ロータリーのカタチが多いのは、フランス植民地の名残でしょうか。

00011320

いよいよ、本格的に郊外に出ました。
ガイドさんも、ツアー参加者も居眠り。私だけが、ウォークマンを聴きながら、外の景色を眺めています。

00011321

プリア・ヴィヘアへの中継ポイントに到着

そして11時過ぎ。シェムリアップから、きっちり4時間かけて、プリア・ヴィヘアへ登る中継ポイントに到着。

ガイドさん曰く、ここで4WDに乗り換えるとのこと。

ここから先は、道が険しくて、四駆でないと、登れないらしい。

00011322

それにしても、すごい人の数。とても、辺境の地という感じがしません。

これも、ガイドさん曰く、プリア・ヴィヘアが、世界遺産に登録されて、カンボジア国内でも知名度が上がり、一躍人気スポットになったこと。それに、本日はカンボジアの祝日で、早起きして来ている家族連れが多い、などと説明してくれました。

たしかに、中国人、というより、現地のカンボジア人のほうが圧倒的に多い。

00011330

4WDに乗り換えるとはいっても、我々ツアー客は、こんな乗りかたしないよな、とこのときは思ってました。

00011325

お、修行僧たち。これは、修行かな、祝日だから観光かな。

00011328

みんな、明るく楽しそう。

00011329

いろんな世代のカンボジア人がいます。

00011324

4WDのピストン輸送です。ここから、20分ほどで登りきるらしい。

順番待ちで、与えられたナンバーが呼ばれると、そのクルマに乗れ、ということのようです。

00011333

そのナンバーを、マイクを使って読み上げてる兄さん。

00011331

日差しも強く、麦わら帽子が売れてるようです。

00011332

4WDの荷台に乗ってプリア・ヴィヘア登頂

ようやく順番が来て、乗り込みました。

しかし、まさか我々ツアー客も荷台とは、びっくり。

ちなみに、この方が、日本語を自由自在に操るガイドさんです。

00011334

このガイドさんに、「4WDは、全部トヨタ車ですね。」と聞くと、この激しいピストン輸送に耐えられるのはトヨタ車しかない。ほかのメーカーの車は、3往復程度で壊れるとのこと。

ほんとかどうかは知りませんが(多少、誇張が入ってるでしょうけど・・)、トヨタの人が聞いたら喜びそうな言葉でした。

00011336

荷台の後部に、雄大な景色が広がります。

でも、急は急だけど、道はきれいじゃん。
こんなんで、クルマ壊れるの? なんて、思ってたら、この後、確かにすごい悪路。

走行ラインを慎重に選ばないと、横転してもおかしくない凹凸道でした。

00011337

プリア・ヴィヘア 入り口の駐車場に到着

その悪路を登りきり、プリア・ヴィヘアの第一塔門に通じる駐車場に到着。

00011339

まずは、第一塔門目指して、歩き出します。

00011341

こんな風になってるんですね。
第一塔門は地図の左側。そして、左側がタイとの国境です。

00011342

この世界遺産のルーツもなにも知らずに、ただ景色がいいというだけで来てしまいましたが、標高が高いだけあって、爽やかです。標高は500mを超えています。

00011343

現地住民の方たち。
近年、急に観光客が増えて、とまどってるって感じでしょうか。

00011344

現地の子供たち。

00011347

左手には、タイの大地が広がります。

00011346

そして、あれが国境警備ポイント。

00011348

緊迫していた時代がすぐそこにあったかのように、こちら側(カンボジア側)にも、警官がたっぷりいます。

実際、タイ国籍の人は入れないそう。

でも、そんなこと関係ないとばかりののんびりとした現地の家族たち。

00011349

第一塔門

第一塔門に到着。
ここの標高は、約575mとのこと。

00011350

日差しは強いですが、爽やかな風が吹き抜けます。
あちらは、タイ国境からの参道。

00011352

これが、ナーガの欄干でしょうか。蛇です。

00011354

遺跡にたたずむ少年。

00011358

けっこう風化が激しいのかな、とガイドさんに質問すると、それもあるけど、大戦直後にタイその他の国に破壊されたのを修復してたりするらしい。

00011359

たしかに、あちこちで修復しています。

00011360

それにしても、高原にいる気分。爽やかな空気。

00011364

カンボジアの国旗と、世界遺産の旗と、あともうひとつ、せっかくガイドさんに教わったのに忘れました(笑)

00011362

参道も平らなようで、けっこう急?

00011366

参道を寺院のほうに向かいます。

00011369

参道にいた犬。

00011371

振り返れば、こんな素晴らしい景色。

00011372

このあたりから、ツアー参加者の方から、「写真が趣味なの?」と声をかけられます。
そうです。下手の横好きなんです。

00011373

国境警備の人?それとも遺跡警備?

00011374

第二塔門

第二塔門を上がります。

00011379

これまた修復中の第二塔門。

00011382

ガイドさんが、石を苦労して持ち込んできた歴史話をしてくれます。

00011384

あの穴は何?とたずねると、運ぶときに空けた穴らしい。
棒を引っ掛けて、運んだということですね。

00011385

第二塔門を振り返ります。

00011388

門の上部には、見事なレリーフ。

乳海攪拌のレリーフとのこと。

00011389

しかし、うまく継ぎ合わせたものですね。

IMG_1038

さて、あと500mも登れば、プリア・ヴィヘア寺院の頂上です。

タイトルとURLをコピーしました