【カンボジア】1日目(その5) アンコール・トム 迷子になりながら弾丸見学

さて、時間がありません。
城壁都市、アンコール・トムに向って、Eバイクを発進。

このEバイク。ついさっき、フルに充電したばかりなのに、メーター表示はもう49Vとかなんだよね。

フルで52V、45Vになったら3キロしか走れないと聞かされているから、ちょっと不安。

丁寧なアクセルワークで、燃費を気にしながらアンコールトムへ通じる街道を走ります。

00011085

「勝利の門」から城壁都市アンコール・トムに侵入

街道沿いには、店が連なり、飲料水のほか、民族衣装のようなものも売られています。

00011082

ここにいたるまでも、よく声をかけられ、「1ドル! 買ってよ~」と懇願されますが、いくら安くたって、荷物がかさばっちゃうじゃん。

アンコール・トムに向う途中、右に見えたのは、地図によるとタ・ケウかな。

00011083

登れるんだね。

00011084

反対側の左に見えるのは何だろう?
それにしても、ほんとに樹木が立派。

00011088

さらに西に走ると、アンコール・トムに入る門が見えてきました。

00011089

勝利の門

これは、城壁の東に当たる門で「勝利の門」と呼ばれています。

今までの道のり、Eバイクでも、それなりに時間がかかりました。
自転車だと、相応の覚悟が必要とみました。

00011090

門の上部には顔が描かれ、なんとも威厳のある門です。

しかし、門の幅はクルマ一台分。渋滞といかないまでも、譲り合って、通過するのにけっこう時間がかかります。

00011092

「勝利の門」をくぐって、アンコール・トムの中に入りました。
振り返ると、こちら側にも顔の模様が。

00011093

そして、またしばらく、こんな感じの林道を走ります。
走ってる間は、風が当たって気持ちいい。

00011095

時速30キロくらいで安全運転&バッテリー消費を抑えていると、後ろからどんどん抜かれます。

00011096

アンコール・トムの中心に近づくと、また数々の遺跡が顔を出します。

00011097

そして「象のテラス」に突き当たります。
もちろん、「象のテラス」が何たるかをわかっているわけではありませんが、「勝利の門」をひたすら西に進むと、突き当たると地図に書いてあるので。

00011098

時刻は15時過ぎ。当初の予定よりだいぶ遅れていますが、さすがに脱水症状です。
水とコーラでもいただきますか。

00011099

変わった模様のコカコーラ。

00011100

さて、休憩もほどほどに見学に向かいます。

身体を奮い立たせて、完全に、体育会のノリです(笑)

でも、ほんとに、炎天下での遺跡めぐりはスポーツといってもいいぐらいだと思いますよ。

発汗量と体力の消耗はハンパありません。炎天下といっても、33度くらいなんだけどね。

Eバイクは、コーラをいただいたおばさんに頼んで置かせてもらいました。

00011101

ライ王のテラス

まず目に飛ぶ込むのが「ライ王のテラス」。(だと思う)
地図だけを見て行動してるので、合っているかどうか定かではないのがつらいところ。

00011102

裏側に階段があったので、登ってみます。

00011104

00011105

こんなふうになってるんだ。

00011106

ハスの花の像

これは、カタチからして「ハスの花の像」かな?(確証なし・・・笑える・・)

00011107

このおじさんも、一生懸命地図を見てますよ。
ほんと、案内板とかないから、どれがどの遺跡なんだか判別がつきません。

事前に予習してこなかったツケがまわってきました。

00011109

時間もないし、このへんから、まあ、今回は気ままに歩いて、「バイヨン」と「アンコール・ワット」だけ見れればいいじゃん。

どだい、半日でアンコール遺跡のすべてを網羅するなんて無理なんだし・・・  って、気分になってきました。

00011110

あれは、「勝利の門」へ続く道。これは、間違いない。

00011112

王宮の塔門

ということは、これを右に行けば王宮かな。とすれば、これは王宮の塔門。

00011114

散策してるだけでも十分楽しい。

00011115

迷子にならないように気をつけながら、東へ。

00011117

ピミアナカス(空中楼閣)

東に歩いて突き当たったところにあるのが「ピミアナカス」。

00011118

「空中楼閣」という異名があるそう。
逆光なので、さらにそんな感じに見えます。

00011119

「バプーオン」と「バイヨン」を間違える間抜けぶり??

さて、そろそろアンコール・トムのメインイベント「バイヨン」に向おうと、このときは思いました。

00011120

今いる、「象のテラス」の少し南にあることぐらいの予備知識で、歩いていきます。

00011121

すると、出くわしたのが、この石橋。

00011122

後で知ったところによると、これは、遺跡「バプーオン」へ通じる空中参道。長さ200mに及ぶそう。

00011123

この立派な空中参道に驚き、てっきり、あの向こうに見える「バプーオン」を「バイヨン」と勘違いして、歩み寄っていきます。

00011124

念のため、参道を歩く観光客に、「バイヨン?」と聞くと「バプーオン」と答えているのに、「バイヨン」と勘違いし、地図を見ても、「Baphuon」というスペルをバイヨンと勘違いした間抜けぶり。

00011125

バプーオン

すっかり、目の前の「バプーオン」を「バイヨン」と勘違いして歩き出します。

00011126

でも、このスケール、勘違いに値します(笑える)

00011127

中に入り、バイヨン名物の大きな顔の観世音菩薩像をさがします。

00011128

太陽は西に傾くも、日差しは強いまま。

00011129

南側に回りこんでも、「大きな顔」がない。

00011131

「大きな顔」が見当たらなくて、少し変だな、とも思いましたが、見事なレリーフがあるので、この時点で、まだバイヨンと信じきっています。

00011132

だって、これ見事じゃないですか。エジプトのルクソールを思い出すよなあ。

00011133

これも見事。
気になるのは、これ当時の衣装のまま?
だとすると、かなり過激な衣装だったということに。

00011134

階段をあがって、一段上に。

00011135

さらに上があります。

00011136

回廊づたいに「大きな顔」を探しますが、ありません。(当たり前・・・)

00011138

仕方なく、もう一段上に。急な階段、へとへとです。お年寄りにはきついだろうな。

00011139

バイヨンと信じて、バプーオンの頂上に到着。

00011140

さっき歩いてきた空中参道がくっきり見えます。

00011141

頂上まで来ても「大きな顔」がない。

ここで、ようやく、ここがバイヨンでなかったことに気づき、頂上にいた警官に、「ウエア イズ ビッグフェイス?」と聞くと、バイヨンなら、ずっと向こうだぞ、との答え。

いやあ、間抜けだったな・・・

00011142

高さ30mを必死に駆け上がって、足がガクガク。
少し休んでから、下に下ります。

00011144

当たり前ですが、下る階段も急。ほんと、気をつけないと。

00011145

たまに、打ち付けた板がぐらぐらしてるから、かなり怖いです。

00011146

登ったバプーオンを、裏側から眺めます。
バイヨンではなかったけど、バプーオンもアンコール・トムの中では規模の大きい遺跡の一つ。

かつては、バイヨンよりも、高さは勝っていたらしい。

しかし、それにしても、久しぶりの大間抜け。遺跡を間違えるとは。

「バイヨン」に急ぎましょう。日が暮れてしまう・・・

00011147

タイトルとURLをコピーしました