大阪・新今宮の安宿「ホテルサンプラザ」はカオス&エキゾチックだった話

もっとも大阪らしい場所とされる新世界。

今夜の寝床は、やはり新世界にしようとホテルを物色していると、思いがけずも格安なホテルが見つかったのでそのままポチりました。

新今宮駅隣接の格安ホテル「ホテルサンプラザ」

「串カツだるま」で、めいっぱい美味しい串カツをご馳走になった私は、背中の荷物をおろすためにホテルへ向かいます。

ホテルは、新今宮駅隣接の「ホテルサンプラザ」。

見た感じは、どこにでもあるシティホテル。

大阪に関して、なんの知識もない私は、「新世界に近い」&「格安」という2点だけで即決しました。

たしかに安い。いまどき、この値段で泊まれるホテルなんて、なかなかお目にかかれません。

私が払ったお金は2,400円。

楽天トラベルを経由した分少し高くなってますが、それでもたった100円の差。

今回の旅、この格安ホテルがどんなホテルであるのか見定めることが、実は最大の楽しみでありました。

新今宮駅付近の西成区が治安が悪いエリアとされたのは過去の話?

ところで、前述のように、大阪のことを何も知らずにこのホテルを予約しましたが、あとで調べてみると、新今宮駅の南側には、大阪の人なら知らない人はいないくらい治安の悪い西成区があります。

「ホテルサンプラザ」は、そのエリアに隣接しているとも言えますね(^^)

なぜ、このエリアが治安が悪いと言われるかというと、「あいりん地区」という日雇い労働者が多く集まるエリアや、日本最大級の遊郭と呼ばれた飛田遊郭があったというイメージからだそうです。

事実、ホームレスや浮浪者が多く、夜や、日中でも女性の一人歩きなどとんでもないとされていた時代もあったようです。

 

冷やかしで、そんなエリアに足を踏み入れるつもりはまったくありませんが、今回思いがけずも新今宮のホテルを予約したので、気にはなっていました。

ここは、新世界から歩いてきて、大阪環状線のガードをくぐったところにある阪堺線の踏切。

この左手に該当するエリアが、やはり今でもホームレスが多くいる場所のようです。

私は、このあとあべのハルカスや道頓堀を散歩して、夜に帰ってきたのですが、ローソンの壁際には何人もの浮浪者が寝てました。

そして、警察官が何人も巡回してました。

新世界が世界的にも有名な観光地となったことで、バックパッカーなどが集まるような街となり、治安もかなり改善されたようですが、油断はできないようです。

よくみれば、「ホテルサンプラザ」の隣には、生活保護の窓口が。

そして、ホテルの向かいには、路上生活者の根城が並んでいました。

この先には「あいりん職安」があります。

でも、ちょっと歩いた感じでは、わざわざそんなエリアにズカズカと入っていかない限り安全。

大通りは、外国人も多数歩いていて、コロナ前の賑わいを取り戻そうという活気を感じます。

というわけで、ふつうに観光する分には、まったく安全な町

私はそう判断しました。

3畳分の快適空間「ホテルサンプラザ」

さて、能書きを言ってないで、チェックインしましょう(^^)

「和室」とあったので、どんな感じかと期待してドアを開けるとこの通り。

畳3畳くらいでしょうか。一人なら、まったく問題ありません。

ざわめく雑踏を歩くのも好き。一人でこもるのも好き。

という私にとっては、超快適な空間。少なくともカプセルホテルよりは居心地がいい。

当然、部屋にトイレやシャワーはありません。

どんな具合かと様子を見に行くと、私の部屋がある6階のシャワーは男女共用。

台湾の安ホテルを思い出しますが、女性は不安かな・・

と思ったら、別のフロアに女性専用のシャワールームもありました。

こちらは清潔な洗面台。

シャワールームの奥をのぞくと、新今宮駅のホーム。

なんか、香港にいるみたいだぞ(^^)

6階には、なんと女性用トイレしかありませんでした。5階に降りて用をたします。

このホテルの売りは、屋上の大浴場。

撮影禁止だったので、こちらはホテルのHPの写真です。

出典:「ホテルサンプラザ公式HP」より

【公式HP 最安値】ホテルサンプラザ 大阪

 

さて、お約束のバスタオルを忘れたので、大浴場でさっぱりしたあと、素っ裸で身体を乾かします。

きちんと効くエアコンがあるから、ほんとに快適。長屋に居ついた気分です(^^)

外国人バックパッカーに愛される「ホテルサンプラザ」

ところで、私の部屋の両隣は、両方とも黒人が宿泊客でした。

そして、ロビーにたむろする客も外国人ばかり。

これは早朝に撮りましたが、夜は外国人で埋まってました。

海外は、いち早くアフターコロナになっている。

というより、このカオスな感覚、久しぶりに味わった気がします。

ほんとに、香港やバンコクなんかのホテルにいる気分。

夜は静かにするもの、というのは日本だけの文化なのだろうか。

たしかに、両隣の黒人は、夜中まで騒ぎまくっていた(^^)

でも、そんなカオスな空間が楽しかったりもします。

電車の音だってガタンガタンするし、全然気になりません。

ほんとに、エキゾチックで異国を旅している錯覚を味わえる(^^)/

どうしても騒音が嫌だ、という人には「耳栓」の貸し出しもあるみたいだし。

私にとって快適空間の「ホテルサンプラザ」。

外国人バックパッカー御用達のホテルだったんですね。

大阪の街を歩いて帰ってきて、風呂に入って、酒を飲みながらyoutubeでも見る。

長屋に居ついた気分で最高ですわww

1泊2400円なら、4泊したって1万円でおつりがくる。

長期宿泊割引なんてのもあるみたいだし、大阪の街歩きは、ここを拠点にして本格的にやってみようかな、などと想像がはしる「ホテルサンプラザ」の一夜でした。

今回の2022年11月 京都&大阪週末旅の全行程はこちらです。

タイトルとURLをコピーしました