宗教

インド(2018.2)

【インド】3日目(その1) マニカルニカー・ガートの永遠の炎

ここバラナシで、四六時中、絶え間なく、炎と煙が上がっている場所があるそうです。 それが、火葬場のあるマニカルニカー・ガート(Manikarnika Ghat)。 おとといの夜、例の「詐欺師」に、「なぜ、24時間営業?してるのか?...
アゼルバイジャン(2017.11)

【アゼルバイジャン】2日目(その3) 拝火教寺院 アテシュギャーフ

アゼルバイジャンに来てから、初めての地下鉄メトロに乗って、拝火教寺院を目指します。 駅の入り口には、爆発物探知機、それに数人の警官もいて、物々しい雰囲気。 私も、カメラバッグの中とか調べられましたが、形式チェックではなく、徹底的...
エジプト(2017.8)

【エジプト】2日目(その2) 事故るバス!? ~ イスラム地区・シタデルへ

歩き回って、さすがに足がガクガク。それに、滝のような汗。 水を1本購入。水分を補給です。 昨日のオールドカイロでは4ポンドで、ホテル近くの雑貨屋では2ポンド。 そして、この店では10ポンド(60円)。それでも十分安いんで、まあいいんですが...
エジプト(2017.8)

【エジプト】1日目(その3) サルビーヤ通り ~ カイロ・イスラム地区 2つのガーマ

モスクの日陰で休憩した私は、オールドカイロを後にし、イスラム地区のシタデル方面、その途中にある、ガーマ・アフマド・イブン・トゥルーン・モスクに向かいます。 距離にして3~4キロ。冬ならば歩けない距離ではないですが、ジリジリ照り付ける真...
エジプト(2017.8)

【エジプト】1日目(その2) 厳戒態勢のオールドカイロ散策

さて、なんとか、エジプトの旅がはじまりました。 このバス、どこに向かってるのかわかりませんが、いやあ、この孤独感たまりませんね。しびれます。 バスは、ダイレクトに市街に向かわずに、あちこち寄って、乗客を拾っていきます。 そして、あ...
イラン(2017.3)

【イラン】4日目(前編) イスファハーンの異教徒地区

今日は、イラン弾丸旅行、最後の日。 夕方の飛行機でテヘランに戻り、そのままカタール航空で日本に帰ります。 昨夜は夕食を食べたら、ベッドでぐっすり。 なので、朝6時には目が覚め、7時からの朝食が待ち遠しかったです。 朝...
イラン(2017.3)

【イラン】3日目(前編) イスファハーンは世界の半分

かつて、「イスファハーンは世界の半分」と称されました。 しかし、その歴史は意外にも浅く、1597年にアッバース1世がイスファハーンを首都と定めたことによるらしいです。 「世界の半分」と称えたのは、ヨーロッパの商人たち、すなわち異...
イラン(2017.3)

【イラン】2日目(後編) シラーズの街

5時間ぶりに舞い戻ってきた、シラーズの街。 街に入る手前にあるコーラン門。旅人を見守ってくれているとのこと。 ターミナルに着くと、運転手はチップを要求。 5時間で、ペルセポリスから、ナグシェ・ロスタム、ナグシェ・ラジャブと...
イラン(2017.3)

【イラン】1日目(後編) ノウルーズ前夜のテヘランの街

蛇足ですが、テヘランという地名は、イラン・イラク戦争で知りました。 私が中学生の時に勃発した戦争。 何故記憶に焼き付いているかというと、報道される規模の国際戦争の存在を、たぶん、生まれてはじめてテレビを通じて見たからだろうと思う。 テヘ...
バケットリスト

イランという国(その2)

イランへの弾丸旅行。 出発の日が刻々と近づいていますが、もう一度、イランという国をおさらいしておきましょう。 まず、宗教上の観点から。 イランは、国名の正式名称「イラン・イスラーム共和国」が示すように、イスラム教の国。 そして、イスラ...
バケットリスト

イランという国

アメリカ合衆国の、ジョージ・W・ブッシュ大統領が、悪の枢軸と呼んだ国があります。 北朝鮮・イラク・イランの3ヵ国です。 そのうち、日本国民が、ふつうに行くことができる国は、イランだけです。 イラン。行ってみたい国の上位にランクする、バ...
イスラエル(2016.9)

【イスラエル】4日目(その1) エルサレムにお別れ

今日は、エルサレムを発つ日です。 すごく、名残りおしい・・・  こんな気分は久しぶりだな。 チェックアウトのお昼の時間まで、めいっぱい、この情景を目に焼き付けましょう。 ヤッフォ門を出ると、パープルに色づく空。 ...
イスラエル(2016.9)

【イスラエル】3日目(その1) マサダ要塞へ

死海って、すごい名前の海ですよね。 私は、中学のとき、地理の時間で初めて知りましたが、戦争ばっかりやってるエリアなので、そんな名前がついたんだとばかり、大変失礼なことを思ってました。 正しくは、塩分があまりにも濃すぎて、生物が生...
イスラエル(2016.9)

【イスラエル】2日目(その3) 聖誕協会の散策 そして、軟禁され恐喝・・

とにかく、無事にベツレヘムの町に戻って着ました。 本日最後のイベント、生誕教会の中に入ります。 ここは、文字通り、イエスが生まれた聖地です。
イスラエル(2016.9)

【イスラエル】2日目(その2) パレスチナ「カナンの地」をドライブ  ヘロデオン ~ エリコ

もちろん、言ってることが怪しく思えてきたのは後になっての事ですが、車に乗ってすぐは、うまい話になったと勝手に喜んでドライブです。 富士山のような形をした、小高い丘が見えてきました。ヘロデオンです。
イスラエル(2016.9)

【イスラエル】2日目(その1) 早朝の聖墳墓協会 ~ヴィア・ドドローサの散歩~ ⇒ パレスチナ ベツレヘムへ

今の時期、イスラエル全域で、夜明けはほぼ6時半頃。これから、毎朝6時起床です。 早起きして、目いっぱい時間を有効に使うことにします。 今日の予定は、早朝の旧市街を散策した後、パレスチナ自治区のベツレヘムへ行くこと。 これは...
イスラエル(2016.9)

【イスラエル】1日目(その3) シオンの丘 ~ オリーブ山から眺める岩のドーム

ホテルに戻って、シャワーを浴びて、また散策に出かけます。 城壁づたいに歩いて、オリーブ山を目指します。 ここが城壁の入り口ですね。
イスラエル(2016.9)

【イスラエル】1日目(その2) エルサレム旧市街の散策

さて、カメラを提げて、街を散策しに行きましょう。 これは、ホテルの玄関前です。 エルサレム旧市街は、このように城壁で囲まれています。 私は、地図上の左側(つまり西側)のヤッフォ門にいます。そして、ずっと東へ歩いていくと、嘆きの...
バケットリスト

イスラエルという国

9月下旬に予定しているイスラエルへの旅。 「何故、イスラエルに行くのか。」、については後述しますが、航空機もホテルも押さえて、旅への準備を着々と進めてます。 ちなみに、いつもは往復の航空券以外は予約せずに出発する私も、イスラエルという国情...
トルコ(2015.10)

【トルコ】4日目(後編) イスタンブール観光(アジア側ほか)~帰国

旅をこよなく愛する私としては、本来、イスタンブールはアジア側から訪れるべきもの。 せっかく、イスタンブールまで来て、一歩も足を踏み入れずに帰るのはもったいない。 というわけで、海峡を渡って、アジアサイドへGOです。 対岸のユスキュダルまで、...
タイトルとURLをコピーしました