レンタサイクル

カンボジア(2018.11)

【カンボジア】1日目(その4) 夕暮れのアンコール・ワット ~ 夜のシェムリアップ 

さて、駆け足でせわしないアンコール遺跡弾丸紀行ですが、日没まであと1時間とちょっと。 最後の見学は、本命のアンコール・ワット。 Eバイクを止めてある、象のテラスのほうまでいったん戻ります。 ほんと、失敗したよな・・・ ...
カンボジア(2018.11)

【カンボジア】1日目(その3) アンコール・トム 迷子になりながら弾丸見学

さて、時間がありません。 城壁都市、アンコール・トムに向って、Eバイクを発進。 このEバイク。ついさっき、フルに充電したばかりなのに、メーター表示はもう49Vとか何だよね。 フルで52V、45Vになったら3キロしか走れないと聞かされてい...
カンボジア(2018.11)

【カンボジア】1日目(その2) Eバイクで巡るアンコールの遺跡

さて、あらためて地図を見ます。 アンコール遺跡の代表建築物はアンコールワットなんでしょうが、その北側にもアンコール・トムという遺跡の町があり、それ以外にも無数の遺跡が点在しているのがアンコール遺跡。 当然、1日いや半日で見ること...
ミャンマー(2018.5)

【ミャンマー】2日目(その3) バガンのサンセット&サンライズ

シュエサンドー・パヤーはすぐに見つかりました。 しかし、彼女が言っていた通り、登頂は禁止。 物々しく、鉄パイプで、階段が塞がれています。 たしかに、この階段は危ないかも。 急だし、幅はないし、かなり高い。 落下して死亡事故が起きたとい...
ミャンマー(2018.5)

【ミャンマー】2日目(その2) Eバイクで巡るバガンの寺院

さて、昼寝をして、さらに体力回復。 私は、スペインのシエスタという習慣をうらやましいと思う人間。 実際、30分から1時間の昼寝って、ほんとにアタマすっきりします。 では、昼下がりのバガンの町に出向きましょう。
ミャンマー(2018.5)

【ミャンマー】2日目(その1) プロペラ機で向うバガンの町

さて、3時半起きです。 弾丸旅行に早起きはつきもの。今日は、これから仏塔群のひしめくバガンに向います。 毛布をかぶって、冷房ギンギンのフロントで眠っていたボーイを、申し訳なくも起こしてチェックアウト。 予約していたタクシー...
インドネシア(2017.9)

【インドネシア】1日目(その2) 平和の象徴 プランバナン寺院

羽田の搭乗から、シンガポールのラウンジで休憩を経て、ジョグジャまで、まったりとした時間が流れてましたが、いきなり静から動。 空港の敷地内を出ると、とたんに、すごい喧騒とともに、クルマとバイクが無秩序に行き交う世界へ。 この空港は...
ベトナム(2017.5)

【ベトナム】4日目(前編) 自転車で巡るフエの遺跡

昨夜は、疲れていたうえ、酒もあおり、22時にはバタンキュー・・・ そして、夜明けとともに起床。ほんと規則正しい生活だ。 蔵前仁一さんの著書に「ホテルアジアの眠れない夜」というのがありましたが、このホテルアジアは、ぐっすり眠れまし...
ベトナム(2017.5)

【ベトナム】3日目(後編) 自転車で巡る古都フエ

ベトナムの古都フエにやって来ました。幸いにも、雨はあがっています。 駅にはちゃんと「Railway Station」と書かれていますが、ダナンでは「レイルウエイ! レイルウエイ!」といっても、タクシーの運転手になかなか伝わりませんでした。...
タイ(2017.1)

【タイ・バンコク】2日目(後編) 自転車で巡るアユタヤの遺跡

ときどき自転車を止めて、周りの風景を味わいます。 こういう、地に足を付けた旅って、まさに旅してるって実感がわきます。 熱帯のタイですが、幸か不幸か曇り空。むちゃくちゃ暑いということはありません。 平坦なアユタヤの街。自転車であびるそよ風が...
タイ(2017.1)

【タイ・バンコク】2日目(前編) 列車で向かうアユタヤの街

5時起床。夜明けには程遠いバンコクの街を、クルンテープ駅まで、テクテク歩きます。 クルンテープ駅は、ファラムポーン駅ともいうそうですが、いずれにしろ、タイ国鉄の中央駅にあたります。 治安の比較的安定したタイとはいえ、夜の一人歩きが危険なの...
イスラエル(2016.9)

【イスラエル】7日目(その2) 地中海沿岸の街 テルアビブ

ターミナルの中を歩き回って、やっと、鉄道の入り口&チケット売り場を見つけました。 よかった、シャバットに入りつつあるも、まだ動いてるようです。 並んでいるのは外国人ばかり。チケットを買うのにみんな戸惑っています。 すると、黒人...
タイトルとURLをコピーしました