レンタサイクルでめぐる萩の町&【すし処 豊月】でお寿司のランチ

さて、レンタカーを返して、これから約24時間滞在する萩の町を自転車で観光します。

レンタサイクルは、東萩の駅前にあることを、事前に確認しておきました。

こちらが山陰本線東萩駅。

レンタサイクルでまわる萩の町

レンタサイクル屋のおじさんは、とても気さくで親切な方でした。

「どこから来られた?」「千葉県です(^^)」

「萩へようこそ! 一番調子のいい電動アシストを用意するよ!」

乗りやすそうな自転車に、萩のマップまでつけてくれました。ありがとうございます。

ちなみに、お店の名前は「スマイル貸自転車」です。

上のマップを見てもわかるように、阿武川という2級河川が二手に分かれ、島のようになっているのが萩の町です。

端から端までいっても3㎞くらい。

萩はとても小さい町で、自転車でまわるにちょうどよい大きさです。

JRの山陰本線は、この「デルタ」には上陸しないので、東萩の駅前から自転車をこぐ観光客は、すぐに橋を渡ることになります。

萩橋の上から東、つまり山側を眺めてる図。

西側を見やれば、萩城跡のある標高143mの指月山(しづきさん)。手が届きそうな近さです。

いわゆる阿武川デルタの上に立っている私。

ところで、この旅の直後、阿武町で4,600万円もの誤送金が発覚。

大騒ぎになりましたが、阿武町の顧問弁護士は素晴らしい対応。

またたくまに、ほぼ全額を取り戻しましたね。

こういうのをgood Jobといいます(^^)

私が川のほとりを歩いているときは、そんな事件が起きていることなど、みじんも知らず。

川に囲まれているということは、町全体が城の役割を果たしているとも言えそうですね。

萩が城下町として発展したのもわかる気がします。

高級旅館「萩の宿 常茂恵」にバッグを預ける

さて、実は、今夜の宿は奮発しました。高級旅館「萩の宿 常茂恵」です。

先週の佐渡では節約しましたからね。たまの自分へのご褒美です。

荷物を預かってもらうと、萩の町で使えるクーポン券を2,000円分いただきました。

それで、ちょうど昼食時だし、少し豪華目のランチという気分に。

繁華街とおぼしき方向に自転車をこぎます。

ここが町の中心なのかな。アーケード街です。

「すし処 豊月」でランチをご馳走になる

クーポン券が使える店で、手近なお店を探すと「すし処 豊月」というお店がありました。

入ったのが13時過ぎ。13時半には閉まるそうで、なんとか駆け込めた、そんな感じです。

私の帽子と飾られた紙絵。

目の前にガラスケースがあるお寿司屋さんは久しぶり。

ランチセットをオーダーすると、目の前でにぎって、カウンターに並べてくれます。

いやあ、回ってないお寿司も久しぶりです。

ちなみに、お寿司は私の大好物でもあります(^^)

寿司ネタもワカメも、日本海でとれたものでしょうか。

ひとつ食べてみると、これがまた美味しい。

こんなに美味しいなら、上寿司でもよかったかも。クーポン券あるわけだし。

色つやがよくて、いっきに食べてしまうのがもったいない。

マグロなんか、光ってますよ。

私はワサビ多め派なので、追加でもらいました。

これ、ほんとに美味しい。

昨夜の新山口駅前の「入道」に続いて、今回の旅、食べ物は大当たりです(^^)

たぶん人気店なんでしょう。記名されたボトルもおいてありました。

では、ご馳走で満腹になったところで、本格的に萩の観光と参りますか。

今回の山口週末旅の全行程はこちらです。

タイトルとURLをコピーしました