【レンタサイクル&Eバイク】海外の街を観光するための注意点をまとめました

みなさんは、外国でレンタサイクルやEバイクに乗ったことがありますか?

一度体験するとわかりますが、これの気持ちよさは計り知れません。

徒歩での街歩きも楽しいですが、自転車やEバイクといった文明の利器を手にすることによって、飛躍的に行動範囲が広がるところがなんともいえません。

ところで、海外でレンタサイクルやEバイクを借りて楽しむためには、トラブルには細心のご注意を。

バックパッカーなどで超ベテランの方なら釈迦に説法ですが、私のような弾丸トラベラーや、一人旅初心者の方などには、相応の注意点があります。

今回は、その注意点を紹介しますので、外国に行った際には、積極的にレンタサイクルを使って、異国の風を浴びましょう。

借りるお店の選び方

まずは、どこで借りるか、ですね。

これは、ズバリ、ホテルで借りるか、ホテルで紹介を受けた店で借りましょう。

いくつもお店を回って、なるべく安店をさがすのも面白いかもしれませんが、実際はそんなに違いません。

どうせ、長く借りても1日じゃないですか(笑)

紹介してもらった安心の店で借りてしまったほうが、時間の節約にもなるし、結果的にぼられない定価で借りられます。

「レンタサイクル? ついてこいよ!」などという輩は120%信用がおけません(笑)

借りる際のチェック

料金の確認

時間当たりなのか、1日あたりなのか。ついでに最終返却時間の確認もしましょう。

紙に数字で書いてもらうのも有効です。

各装備のチェック

これは、うのみにせず、必ず自分で確認しましょう。

具体的には、

  • 鍵のかけ方
  • タイヤの空気圧
  • ブレーキのチェック
  • ライト

Eバイクであれば、さらに

  • ウインカー
  • チャージ方法

などですね。上記は最重要ポイントです。

鍵のかけ方がわからない、チャージの方法がわからない。

郊外でこれに気がつくと、泣きたくなりますよ(笑)

乗り捨ては可能なのか?

一方通行の旅でもない限り、あまり関係ないとは思いますが、疲れてしまって帰りはタクシーに頼り たいなんてことも起きるかもしれません。

乗り捨て可能ポイントなども聞いておきましょう。

マップをもらおう

良心的なお店なら、たいていマップを無料でくれます。

ここに、チャージポイントと、返却ポイントを書き込んでもらいましょう。

mapsme に登録しておくのもいいですね。

アプリmapsmeについては、こちら。

あと、グーグルマップや mapsme に頼ろうとするなら、スマホのバッテリーの確認も忘れずに。

Eバイクの場合バッテリーの稼動距離なども聞いておく

借りるときに、

  • エネルギーは満タンか
  • 満タンのエネルギーで何キロ走れるのか
  • チャージポイントはどこなのか
  • ライトをつけると、どのくらい消費するのか

以上は、必ず確認しておきましょう。

交通事情について

交通ルールを確認しておきましょう。

右側通行なのか、歩行者優先なのか、ロータリーではどのように合流するのか、など。

これは「地球の歩き方」などで、うのみにせず、お店で聞いたほうがいいです。

時間帯によって、一方通行になったりとか、実際ありますから。

現地の交通の流れに乗るのが大事

日本でもそうですが、ただゆっくり走ることが安全運転とは限りません。

クルマ優先社会で、横断歩道で歩行者のために止まったら、追突されるかもしれません。

交通というのは、流れに合わせるのが大事なのです。

無人レンタルの場合の注意点

先進国なんかだと、クレジットカードを登録して、オールセルフのレンタサイクルを見かけます。

私はイスラエルのテルアビブで利用しましたが、利用方法は簡単な英語が理解できれば、難しくはないです。

注意点も、お店で借りる時と同じですが、無人レンタル特有の注意があります。

返却方法の確認&返却完了の確認

セルフで自分で返すわけですから、返したつもりが返されてなかったというのが、最悪なんです。

ずっと、クレジットに課金されちゃいますよ。

返却完了に自信がなかったら、周囲の親切そうな方に、みてもらいましょう。

ツーリング中の注意点

では、さっそく、くり出しましょう。

冒頭でも述べましたが、異国の大地を自転車やバイクで走る気分は爽快そのものです。

ツーリング中の注意点は、ズバリ2点。

荷物はたすき掛けにしてフロントのかごに

そして、間違ってもそのバッグの中にパスポートなど貴重品を いれてはいけません。

異国の地を走っているということを、きちんと意識しましょうね。

常に安全運転を

これは、さっきも述べましたが、ゆっくり走ればいいというものではないんです。

すなわち、自転車やEバイクで走るときも、エスケープゾーンを常に意識して走るということです。

なにかあったときは、ここに逃げ込もう、みたいな。

逆に、エスケープゾーンのない橋の上などは、流れに乗って、一気に走り終えるように心がけるべきです。

ついうっかり、お酒飲んじゃダメですよw

気持ちいいから、ついアルコールを考えちゃいますが、絶対ダメですよw

のどが渇いたら、ソフトドリンクで。

まとめ

海外でレンタサイクルやE バイクに乗る時の注意点について紹介しました。

まとめると、

  • お店選びはホテルなどに紹介してもらう
  • ブレーキ、タイヤ、ライト、ウインカー、鍵のかけ方チェック
  • Eバイクならチャージ方法、チャージポイントの確認
  • 地図があるならもらう
  • 交通事情をヒヤリングする
  • ツーリング中の荷物に注意
  • 常に安全運転で
  • 無人レンタルなら、しっかりと返却を

以上になります。

外国の道を自転車で走るのは、とてもいい思い出になります。

注意点を抑えたうえで、異国の風を浴びて思いっきり楽しんでしまいましょう。

タイトルとURLをコピーしました