美瑛駅からサイクリング【ぜるぶの丘】でラベンダーを鑑賞 ~ 富良野線の旅

さて、7月上旬という絶好の季節にやって来た北海道。

本日の予定は、宗谷本線で稚内へ出て宿泊するつもりですが、今いる場所は旭川空港。

旭川空港は、旭川市街のかなり南に位置し、すなわちラベンダーなどのお花畑で有名な美瑛や富良野に近いんです。

ただいま9:40。

宗谷本線の列車は13:35発の列車を予定しているので、約4時間あります。

ランチの時間を考慮しても、どこか一か所の花園を回れるかなとあたりをつけたのが「ぜるぶの丘」。

レンタカーを借りるほどの時間でもないし、バスで行ける場所として選びました。

レンタカーであれば、旭川空港から15分ほどの距離。

バスで行く場合、路線バスであれば、近くにバス停がありますが、JR富良野線の美瑛駅を通るバスがあったので、まず美瑛(びえい)駅に行き、そこからレンタサイクルでアプローチすることにしました。

公共交通機関を利用する場合、美瑛駅はこのあたりのファームの拠点。

したがって、駅にレンタサイクルがあります。

「ふらのバス」で旭川空港から美瑛駅へ

富良野プリンスホテル行きの「ふらのバス」の出発時間は10:10。

チケットを自販機で買いました。380円です。

空気の爽やかなバス停でバスを待ちます。

気温は26度とのことですが、体感温度は20度くらい。ほんとに涼しい。

空港にもレンタサイクルがあったようです。

バスが来ました。念のため運転手さんに「ぜるぶの丘」に行きたい旨を告げると、「ああ、止まらないんですよねえ。すいません。」とのこと。

大丈夫です。美瑛駅から「ぜるぶの丘」まで、2㎞くらいですから。

曇り空だけが少々気がかりな、北海道の旅がはじまりました。

バスは20分ほどで美瑛駅に到着です。

レンタサイクルで走る北海道の大地

美瑛駅を発車していくバス。

その向こうに見えるのは、レンタサイクル屋さんです。

それにしても、まわりに誰もいないし、ここは本当に美瑛駅?

レンタサイクルを1時間だけ借りました。背中の荷物も預かってもらいます。

そして、あらためて、駅前を眺めます。

富良野あたりでは、やはりレンタカーでの行動が主流で、レンタサイクルの出番はないのかな。

そのくらい、土曜日というのに閑散としています。

自転車だけでなく、道路まで借り切ったようなサイクリング。

松山千春のsing a songを口ずさんでしまった(^^)

国道まで出れば、さすがにクルマがけっこうなスピードで行き交ってます。

北海道でも、自転車は車道を走るんだよね?

隣を走り去るクルマの速度にビビりながら、約2㎞。

「ぜるぶの丘」に到着。アシスト付きの自転車は、ほんとにラクだ。

「かぜ」「かおる」「あそぶ」の「ぜるぶの丘」

さて、自転車でやって来た「ぜるぶの丘」。ここでの滞在時間は30分くらい。

「ぜるぶの丘」って、エルムという樹の関係かな、と思っていたら、「かぜ」「かおる」「あそぶ」の文字をひとつづつとってつけた名前とのこと。

「あそぶ」というのは「バギーカート」で園内を回れるそうです。

さて、入園料は無料ですが、協力金を募ってます。

私はもちろん払いましたが、ほとんどの人が払ってなかったのはなぜ?

園内に足をいれると、おお、さすがに雄大できれいです。

ラベンダーは、数年前に家族で「ファーム富田」に来たことがありましたが、それより見頃期に近いようです。

私は、花にはうといんですが、北海道で好きな花があります。ルピナスです。

これ、ルピナスだと思うんだけど違うかな。

なぜ、この花に惹かれるかというと、花園のみならず、普通の場所にも普通に咲いているからなんです。

いや、ひょっとしたら違うかもしれないんですが、少なくとも今までの北海道の旅で、駅などを散策してると、ホームの裏手とかに無造作に咲いてる姿に何度も出会いました。

この何気ない飾らなさが好きなんだよな。

 

しかし、「ぜるぶの丘」の主役は、やはりラベンダーです。

美しいし、香りも素晴らしい。

農園自体は、そんなに大きくありません。

バギーカートには乗りませんでしたが、30分もあれば十分鑑賞できると思います。

今回の北海道旅は、離島4島がテーマなんですが、前哨戦として十分な充実度でした。

軽食やアイスクリームもありますよ。

土曜日の「ぜるぶの丘」、ほどよい賑わいでした。

しかし、自転車でやって来たのは私だけでした(^^)

そして、クルマに気をつけながら帰ります。

クルマは、間違いなく7~80キロ出してるので、ほんとにコワイ。

「青い池」なんていう観光スポットもあるみたいですね。

美瑛駅に戻ってきました。自転車を返して時計を見ると11:30。

予定通り、11:48の富良野線で旭川へ出ます。

そして宗谷本線で稚内へ。今夜の宿泊地は稚内です。

美瑛 ⇒ 旭川 富良野線の旅

眺めてるだけであきない独創的な富良野線美瑛駅の駅舎。しかし、無人駅なんでしょうか。

ホームに向かうために、無人の跨線橋を渡ります。

跨線橋から見えた、かわいい一両のディーゼルカー。

こちらが駅舎だったんだ。

建て直したのでしょうか。石造りの立派な駅舎です。

だだっ広い駅前広場。

旭川まで640円です。

富良野線には、小学生のころに乗ったことがあります。

それ以来40年ぶりの再会(^^)

でも、記憶に残ってる景観はないなあ。

土曜日だからなのかな。乗客も現れずに出発です。

なんていうのかな。

ローカル線には違いないんだろうけど、大自然の中を走る場合、一言でローカル線とは言えない、北海道の鉄道には、そんな雰囲気があります。

タイトルとURLをコピーしました