天売島のマグロ丼&感動の焼尻島の島影【天売・焼尻一人旅 #5】

さて、焼尻島についで天売島にやって来ました。

天売島の語源は、アイヌ語の「テウレ」からきていて、「魚の背」という意味らしいです。

面積は5.47㎢と、焼尻島の5.21㎢とほぼかわらず、日本の島の大きさランキング100にも入ってません。

しかし、焼尻島の標高94mに対し、天売島は184m。

このあたりが、「魚の背」でしょうか。

人口は、令和2年で259人というデータがあります。

夏のバカンス期に、立て続けにフェリーが接岸すれば、一時的に島の人口を観光客が上回る、そんな計算になります。

焼尻島には、わずか2時間半の滞在でしたが、ここ天売島では民宿に泊まる予定です。

高速船から下船したのは私を含めて6人ほど。警察の方が出迎えてくれました。

霧に包まれながらも日が差し、妙に白っぽい天売島。

「めし処 漁師の店 海友丸」のマグロ丼

とりあえず、まずはランチです。

なんといっても、今朝の5時半におにぎりを食べただけです。

焼尻島では、自転車で登り坂を行ったり来たりしましたから、お腹空いてます。

ウニ丼がめちゃくちゃ高いということを学習しましたので、マグロ丼にします(^^)

それでも、2,300円。

でも、これは2,300円の価値があります。

おそらく、いや間違いなく、今朝水揚げしたマグロでしょう。

口の中に入れれば、とけるような舌触りのマグロに大満足。

タコや、

昆布?もついてました。

天売島で唯一(かな?)の食堂「海友丸」。ごちそうさまでした。

レンタサイクルで走り出す天売島

では、腹ごしらえの後は、足の調達です。

食堂の隣にあったレンタサイクル屋さん。

ここで、ちょっと悩みました。下の地図の「民宿 栄丸」が今夜の宿。

ひょっとしたら、自転車を貸してくれるかもしれません。

そうすれば、返すときに、わざわざ港まで戻ってくる必要がない。

そう思い、電話をかけてみると、自転車は1台あるけどアシスト付きではないとのこと。

私の体力では無理なので、謝辞して電話を切りました。

焼尻島でも体験済みの坂だらけの島の道。

天売島は、さらに勾配がきついとマップには記されています。

アシスト付きでないと、自転車での天売島一周は無理。

値段は忘れましたが、17時までの4時間ほどレンタルして、天売島のサイクリング開始です。

見えた!焼尻島!

サドルをこぎ出すと、霧を背景に停泊している「さんらいなぁ2」。

焼尻島に続いて、霧と付き合うことになる天売島か・・・

自転車をこぎだしたときの、私の心境はそんな感じ(^^)

面積はかわらないですが、天売島は焼尻島より、少しレジャー設備が多そうです。

道道548号線を南へ。

今夜の宿「民宿栄丸」へ向かってます。背中の荷物を置かせてもらうつもり。

途中にあった厳島神社。

自転車だと「民宿栄丸」は、港から数分。

海鮮バーベキューが自慢の民宿。

webで予約すると「どうぞ!お待ちしています!」と愛想のよい返事を頂けました。

さて、荷物を置かせてもらって、何気なく海岸の崖の上に出てみると・・

霧が晴れました。焼尻島です(^^)

焼尻島の島影とともに、美しい海も輝きだしました。

焼尻島の島影は、天売島から見るとクジラのようです。

霧が晴れてよかった。30m先も見えなかった霧がウソのようです。

それにしても、なんという美しい海。表現のしようがない。

「魚の背」天売島の森の中をサイクリング 

旅してると、いいことあるなあ・・

完全にあきらめていた視界が、一気に晴れました。

北海道の離島めぐりは、やはり天気が命。神様に感謝です。

レンタサイクル屋さんでもらったマップによると、夏の間は一方通行で、自転車を含め時計回りにしか通れないらしい。

また集落は島の東寄りに集まり、西側は海を眺める展望台くらいしかないようだ。

 

霧が晴れ、強くなってきた日差しの下、自転車を西に向かってこぎます。

こちらは、天売島の高校。

小学校のほうが立派です。

島で唯一の郵便局。

考えてみれば、今夜の宿の支払いはまだ。お金をおろしておきました。

ちょっと、森に分け入ってみます。

「天売島プロジェクト」というのがあるらしい。

森林浴でもしてるような感覚。

未舗装の林間コースにも、天売島の鳥の名前がついてました。

このあたりが天売島の「魚の背」?

さっき眺めた焼尻島が。

焼尻島を眺めながらしばらくたたずんでましたが、神様が霧を取り払ってくれた時間はほんの少しかもしれない。

また、白いカーテンに覆われてしまったら、目も当てられない。

そう考えると、霧が晴れてる間に、一刻も早く、島を一周してしまうのが得策と判断。

こんな森の中でウロウロしないで海岸通りに出ましょう。

タイトルとURLをコピーしました